プロフィール

アルファポリスとなろうから来ました。 ビギナー、試行錯誤中なので優しくしてくださいまし。 こちらにはちょいちょい直して、読みやすくしています。 応援ポイント足りません。皆様ほんとうにありがとうございます。

ブックマーク

一覧

  • 2021年1月28日更新

    イケメンメンタリストことメンタリスト見習いのモブ、ユースケは無限迷宮攻略に参加して一発当てようと思いたつ。 早速冒険者ギルドに審査を受けに行くとそこには一人の女勇者がおり、高飛車な言動をくり返していた。 彼はメンタリズムで彼女の抱える秘密をしてしまい、共犯関係が始まる。 11月30日改題しました。

  • 第1部・第2部 完結! まとめ読みに♪

    ♡326,200

    〇5,020

    異世界ファンタジー・連載中・104話・249,210字 邑弥 澪

    2021年1月28日更新

    各章完結! お好きな章からお読みください(*´∀`)♪ 【第一部:はじまりの詩(うた)】 「〈龍の盃〉――聖杯の伝説を知っているか?」 北国の少年ノエルは、雪積もる荒野で戦士と出会った。 重大な決意を胸に秘めたその男は「最強の魔導師」を探して旅をしてきたとノエルに語る。 四人の仲間とともに、最強の少年魔導師が世界を救う旅に出る。 「最果ての地」の先で、少年は一つの真理に至る。 【第二部:魔王の手紙】 エルフの白魔導師ヴァイスの元に舞い込んだのは、「伝説の魔王」の復活を知らせる故郷からの一通の手紙だった。 世界を救った五人の仲間が、新たな冒険を繰り広げる。 空中都市や世界樹のあるジャングルを抜け、ついに追い詰めた魔王の正体とは?! 【第三部:色紡ぐ音】 善き魔女ブランシェが取り出したのは、人を飲み込む【呪いの絵】だった。 「絵の中に入り、中の人を助け出すのじゃ」 「絵の中に入るって、どうやって?!」 『色と音』が織り成す不思議な世界で五人を待ち受けるものとは?! 個性豊かな五人が、剣と魔法の世界を舞台に色鮮やかな物語を紡ぎ出す。王道の冒険ファンタジー! <キーワード> ●第1部:剣と魔法/魔導術/創世と救世の伝説/神話/龍の盃/精霊/冒険図鑑 ●第2部:魔王/手紙/飛空艇/空中都市/人魚/獣人/世界樹/ドワーフ/ドラゴン/魔女/悲恋/童話 ●第3部:色と音/天使と悪魔/仲間との絆/親子の絆/女主人公 ※「幕間」の物語はサラッと読み飛ばしても大丈夫! ※ブクマや応援、感想、励みになります! ありがとうございます!m(_ _)m✨

  • 四季折々に揺蕩いて

    ♡823,014

    〇20,507

    現代/青春ドラマ・連載中・66話・335,256字 兎禾

    2021年1月28日更新

    その出会いは偶然で、だけど必然で、だから運命的な出会い。 これから始まる私の物語の最初の一ページ。 ……その一行目。 彼女との出会いが私にとって大きな意味を持つ。 なんて、今の私は知る由もないのだけれど──。 私達を繋いだのは一枚の折り紙。 それは時を越え届けられた想いの形でした。 折り紙を通して織りなす少女達の群像劇。 彼女達が最後に見るその形とは……? 和の心と作法とその由来。 あたりまえだけど、知らないものがここにはあります。 四季織のいろは。 変わらない形を、あなたに── この作品は毎週月曜日と木曜日に更新致します。 コメントだけでも気軽に頂けると嬉しいです!!

  • 超能力系女子がてきとーに過ごします

    ♡666,050

    〇2,652

    現代/その他ファンタジー・連載中・271話・470,856字 すすき

    2021年1月28日更新

    超能力を使える系の女の子達が超能力を使ったり使わなかったりしながらのんびり暮らしています。 あんまり重たくないすっきり爽やか系のお話を目指したいと思います。 200話以降は目次の 次へ から読めるそうです

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡726,500

    〇5,570

    異世界ファンタジー・連載中・154話・717,803字 普門院 ひかる

    2021年1月28日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2021/1/14、1/22、1/27 部門別日間ランキング1位)