• この、愛のない世界で

    ♡6,500

    〇10

    SF・連載中・21話 天寧霧佳

    2019年10月15日更新

    全てを人工授精による出生で管理された世界。 人々は互いに関心を持つこともなく、希薄な社会を形成していた。 ある日、体内にブラックホール粒子を含有した怪物、「死星獣(しせいじゅう)」が出現。 通常兵器では歯が立たない脅威に、人類はみるみるうちに数を減らしていった。 人類の出した結論は、死星獣に唯一損傷を与えることができる「生体」エネルギー。 それを生産するクローンを大量生産すること。 「バーリェ(弾丸)」と呼ばれるクローン達は、心的な作用でエネルギーを発する。 絆(きずな)は、クローンに擬似的に愛情を与えるトレーナーの一人だ。 その結果が、道具として処理されて消える、クローンの命だったとしても。 ――基本、毎日更新です。

  • この世の総ての、不幸詐欺師達に贈る

    ♡2,300

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・4話 天寧霧佳

    2019年10月11日更新

    世界は崩壊した。 敗北した文明は踏みにじられ、蹂躙され、「ヒト」は絶滅寸前に追い込まれていた。 希少な生き物として、魔族による人間狩りが横行していた。 抵抗する人間達の「聖なる力」をものともせず、彼らを虐殺する存在が魔族に飼われていた。 その姿は、人間達の希望である「天使シュルディア」そのものだった。 大魔女ユルドスルドは、弟子の村が焼き討ちに遭ったことで魔族と戦うことを決める。 彼女は魔族が飼っている天使の力を手に入れようと画策するのだった。 ――不定期更新です。コメントなどいただければ励みになります。

前へ

次へ