プロフィール

尊敬する作家は夏目漱石先生、貴志祐介先生と三島由紀夫先生。 三人称小説を書いています。 TwitterID:@KAI_BUNTEI

ブックマーク

一覧

  • ヴァンパイア オブ デッド Vampire of dead

    多数サイトに投稿しております。宜しくです

    5,800

    325


    2021年6月11日更新

    ある日、世界各国の大都市にてZゾンビが発生し、北米でも東海岸中心に被害が拡大しつつあった。 発生から1週間経った頃、アメリカ東海岸の北端の州、メイン州ポートランドにて、湧き出るゾンビに悪戦苦闘しながら生存方法を模索するエリア最大の避難所があった。その近隣の一つの小さな避難所から数十名の女子供が拉致される事件が発生、そして拉致犯の吸血鬼達はポートランド避難所を襲う。 奪われた家族を取り戻そうとする3人の若い男女がゾンビと盗賊と吸血鬼が跋扈する世界を旅をしながら様々な事件、人、敵と遭遇する……………… ためになる?ガチで実在する情報とニヤリとするネタを多数散りばめてあり、作者に聞くと「あれは……」と返してくるか天然ボケかますかのどちらかです。それもこの作品のネタの1つであります。 設定と会話のノリと豆知識、ストーリー展開を楽しんでいただければ幸いで御座います。 ☆小説家になろうさん、カクヨムさん、ツギクルさん、アルファポリスさん、pixivさんにも掲載中です☆

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間25分

    この作品を読む

  • モノクロームアトラクト~白黒世界で彼らは踊る~

    人間vs魍魎、近未来都市が舞台の和風FT

    88,772

    230


    2021年5月22日更新

    西暦二〇五〇年。未来型先進都市『天城』には、魍魎という名の異形が出現するようになっていた。 二〇年前に天城を襲った、<滅>と呼ばれる超常的現象。 それを引き起こしたとされる、一五年前に行方不明となった刀の行方。 南区に現れた「しゃべる鬼」―― 不思議な少女・あとりの出現に、第七課の人間、成敗師たちの日常がゆっくりと崩壊していく。 近未来系和風アクション・ローファンタジー。 ※毎月・第4水曜に更新 各話3,000文字~4,500文字程度でお送りします ※イラスト&キャラ原案担当・續様 ※小説家になろうでも公開中(挿絵あり) ※イラスト、文の無断転載・転用厳禁

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間10分

    この作品を読む

  • 表パーティにはいられません!~裏から支える邪竜討伐記~

    ゆるりと楽しむほのぼの追放異世界もの!

    74,400

    250


    2021年3月8日更新

    人と魔物が争いを繰り広げた時代はもはや遠い昔。平和そのものの小さな村に生まれたエディは、争いという言葉とは縁もなく、故郷に生まれ、故郷に骨を埋めると思っていた。 しかし、親友アルバンが勇者とやらの力に目覚めた途端、一気に状況は変化する。突然邪竜を倒すという使命に燃える親友が心配になったエディは、何かと理由をつけて冒険の旅についていく。時には荷物持ち、時には炊事担当、時には戦闘での囮……そして、最終的に待っていたエディへの待遇は「パーティからの追放」だった。 だが、エディは諦めない。たとえ表にはいられなくなっても、どのみち三日に一回は勇者から連絡が来るし、やるべきことは次から次へと舞い込んでくる。やがて、勇者を裏から支え続けた少年は、表では見えなかった真実と対峙することになるのだ。 人間と魔物が手を取り合う平和な世界は、表と裏の勇者に託された! 追放されてもパーティと仲良しな、ほのぼの異世界ファンタジー。ゆるりと連載中!

    読了目安時間:2時間55分

    この作品を読む

  • 自費出版・電子書籍を出してみた話

    Kindleはじめました。

    9,400

    0


    2021年1月19日更新

    巷にはたくさんの電子書籍サイトがあります。 その中のいくつかに、自分の作品を出してみました。 体験談や印税率やら書きます。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • あと少しで異世界に転生できそうなんだけど転生できない

    転生できない転生もの。

    25,900

    0


    2020年12月22日更新

    何かしらの理由で死んだ「私」は奇妙な羽の生えた「天使」に、異世界へ転生させてもらえると約束された。記憶はそのまま転生できるそうだが、そもそも自分が何故死んだのかも思い出せないし、自分の知識が異世界で通用するかもさっぱり分からないので、ちょっと作戦会議を開いてみることに決める。 私がたどり着いたこの変わった空間には、時々私と同じように命を落とした人間がやってくる。私が作戦会議をしている最中に、彼らはどんどん異世界に転生しているようだが、私も同じように転生……え? できないの?

    読了目安時間:44分

    この作品を読む