プロフィール

百合と怪獣が好き

ブックマーク

一覧

  • まばたき怪談

    まばたきをする前に読み終えられるかも。

    2,563,699

    12,222


    2022年7月7日更新

    まばたきをしないうちに読み終えられるかも。そんな短すぎるホラー小説をまとめました。どうぞ、お気軽に御覧ください。 ラスト一行の恐怖。ラスト一行の地獄。ラスト一行で明かされる凄惨な事実。 一話140字以内なので、別名「ツイッター・ホラー」。ショートショートよりも短い『まばたき怪談』を公開します。

    読了目安時間:4時間40分

    この作品を読む

  • 心霊刑事 楓

    アヴァターラ編スタート❣️😲

    2,714,578

    85,777


    2022年7月6日更新

    怪奇事件捜査課刑事高見澤と義眼の霊感少女楓の妖魔戦記。第一部最低賃金バイト編、第二部フリーランサー編、第三部幼獣ハンター編完結済み。戦国絵巻編ノベプラオンリーで連載中。人獣、妖怪、妖魔が入り乱れ混乱の極みの人間社会をタフな高見澤と霊感少女楓のコンビは救えるのか?幼女巫女、不知光の巫女、占い師、宿鼠等不思議なキャラ満載。総合月間第一位、現代ファンタジー部門日間週間月間第一位、年間第二位等のレコード。高見澤と楓はどこまでも戦う!

    読了目安時間:22時間31分

    この作品を読む

  • 寒山またズレ草 ~エッセイとは名ばかりのむだ話

    ぐっだぐだのよもやま話です。たまに真面目

    856,781

    1,135


    2022年7月5日更新

    昔つらつらと書き連ねていたものをエッセイと称してダダ漏れにしてみました。 古い話なのでネタが時代遅れだったり季節がズレまくったりしてますが、生ぬるーい目で見守ってやってくださると作者は喜びます(待)。 さあて御用とお急ぎでない方は寄った寄った! (でもくだらない話ばっかですすみません) ※昔話はもうネタ切れになっちゃったので最近のは全部新作です(^^;

    読了目安時間:16時間3分

    この作品を読む

  • アデリーン・ザ・アブソリュートゼロ ❄️2nd anniversary❄️

    ❄️✨皆様のおかげでなんと2周年❄️✨

    249,000

    3,957


    2022年7月7日更新

    十数年前、某国の研究機関に地球外の知的生命体から友好の証として細胞サンプルがもたらされた。 そのサンプルを用いたDNA改造実験によって1人の女の子が産声を上げた。 彼女は瞬く間に成長し、研究員の1人【浦和紅一郎】やその友人【クラリティアナ】夫婦のもとで【アデリーン】と名付けられ、彼らの娘として深い愛情を受け、すくすくと育っていた。 ――しかし、彼女が15歳ほどまで成長したある日、紅一郎は邪悪な野望に狂った秘密犯罪結社【ヘリックス】の総裁・【ギルモア】が送り込んだ刺客によって裏切り者として処刑されてしまう。 深い悲しみとともに紅一郎の遺志を受け継いだアデリーンは、クラリティアナ夫婦の協力を得てヒーローへと変身し、ヘリックスとの戦いに挑むのだった。 ※不定期更新です。小説家になろうとカクヨムでも連載中。 ※おわび※ 自分でも思うところがあったのでジャンルを現代ファンタジーからSFに変更しました。今まで応援してくださった皆様、大変申し訳ございませんでした。今後とも【アデリーン・ザ・アブソリュートゼロ】をよろしくお願いいたします。 (2020/4/21)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:24時間21分

    この作品を読む

  • 賢者が恋した賢者の恋

    コミカル+シリアス+恋愛?×群像劇‼️

    1,075,956

    5,567


    2022年7月7日更新

    【作品紹介】 これは、物語を考えないまま書き始めた物語。 最初は、ファンタジー世界を舞台にした短編のラブコメを書くつもりだった。しかし、そうはならなかった。 ラブコメが何たるかを知らず、そもそも、小説すら読んだことのない私が、小説など書けるはずもなかった。 しかし、書き進めるうちに、物語が浮かんできた。 このキャラクターは、どうしてこうなったのか? 彼らの過去には、何があったのか────? それらの疑問が積み重なり、繋がり合い、物語は構築されていった。 ラブコメを書くつもりだったので、当然恋が始まる。思いついたのは【絶大な力を秘めた女性が賢者に一目惚れをする】というものだった。 最初に思いついたヒロインはラシディアといった。 賢いが少し天然の可愛らしい魔女とした。 次に思いついたのが、ジュメイラという戦士だった。ラシディアとは対照的で、グラマラスで快活、しっかりした感じの女性だった。 あまり深く考える事もなく、ヒロインはラシディアとし、ジュメイラはその義理の姉とした。 次に、ラシディアが誰に、どういった経緯で恋に落ちるかを考えた。 今思えば、恋に落ちるまでも重要な物語であるはずなのだが、何しろ私は小説初心者。短絡的に【一目惚れ】という安直な方法を選んだ。 賢者との出会いはこうだ。 ヒロインたちが街へ来て、偶然出会って一目惚れ────。何とも捻りのない流れだ。よくこんな設定で話を続けようと思ったものだ。 しかし、当時の私にはそれ以上の発想は一切浮かばなかった。 ヒロインたちは街へとやって来た。なんの為に? そうだ。街へ行く理由が必要だった。 そこで咄嗟に考えた。それが、【めちゃ強い魔物を倒さないと手に入らない素材で作った特別な魔法薬を売りに行く】というものだった。 そして、その魔法薬の噂を聞きつけた賢者がやってきて出会う──。そうだ、それにしよう。 その程度の考えで物語は進められた。 しかし、私は思った。──ラシディアたちって、何故そんな力を持っているのだろう、と。 二章を書き終える頃、ようやくその答えが分かった。 太古の昔より続く忌しき宿業──。彼らには壮絶な過去があり、過酷な未来が待ち受けていた。 それを描く為、第三章から主人公たちの過去へと遡り、この物語は始まる────

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:17時間41分

    この作品を読む