プロフィール

継続して何かを成し遂げることが大の苦手なので始めてみました。文章力、語彙力共にレベル上げ中です。

ブックマーク

一覧

  • 少し偉そうな感想文

    気になった作品を紹介しています。

    2,041,460

    4,300


    2021年4月14日更新

    ノベルアップ+で読んだ、自分視点で気になった作品の感想を書き連ねます。 基本的に完結した作品のみを紹介していきたいと思いますので、それはご了承願います。 更新は不定期で、三か月ごとに長期休載しますので。

    読了目安時間:8時間37分

    この作品を読む

  • 闇の鳳蝶(アゲハ)

    化け物の傀儡ニーチェのお話です

    516,445

    3,970


    2021年4月11日更新

    ~命など取るに足らなぬ~ ~救いは精神が欲する~ この世には、闇の生き物がいる。 誰にも知られず大都市の片隅の暗闇に身を潜め、捕食対象である人間を知るために、或いは人間を『喰らう』ためにこの闇の生き物は傀儡を飼っていた。 傀儡は人間。 名はニーチェ。 闇の生き物が唯一、食欲が湧かない人間。 ニーチェの体には悪魔憑きが憑りついていた。 悪魔憑きとは、人に取り憑く魂の事。 そして不思議な事に、或いは奇跡的にニーチェと悪魔憑きは仲睦まじく共存していた。 「私たちは一心同体よ」 互いにそう言い合う仲であった。 或る日、闇夜も跳ね返す喧騒たる繁華街でニーチェはエクソシストと遭遇してしまう。 仲の良い悪魔憑きを除霊されまいとしてニーチェはエクソシストに立ち向かう。 激闘の末、エクソシストを倒し知ったのは、神への信仰の復活を目論む殺戮計画だった。 計画を阻止しようと決心し、ニーチェは悪魔憑きと共に動き出す。 しかし、ニーチェの前に立ちはだかる超人化した自称悪魔たち。 そして、現れる謎の老婆。 老婆の口から悪魔憑きが知る者の声が聞こえてきた時。 ニーチェに取り憑く悪魔憑きが老婆にさらわれた。 ――助けて! ニーチェ! 助けて!―― さらわれた悪魔憑きを取り返すために、ニーチェは我が身が傷つこうとも自称悪魔たちに戦い挑む。 ※小学生の頃から考えていた闇の化け物。今書けそうな気がしたから書いてみた。 エブリスタで書いた小説を再構築してダークファンタジーとして書きました。 エブリスタとは違うオリジナルストーリーです。 尚、現在エブリスタに掲載していた作品はすべて非公開とさせて頂いています。

    読了目安時間:11時間47分

    この作品を読む

  • 週1まさるしー[あいさつ~活動報告他]

    読めば元気に!ヾ(@゜▽゜@)ノ私が!

    200,461

    673


    2021年4月11日更新

    人と交流するのが好きなヒューマン、まさるしーです。 2020.5.25 短編・完結⇒短編集・連載中に変更、活動報告の章追加。 自己作品紹介の章追加⇒ 完結した自己タイトルを5ずつ1頁に載せて感想を顔文字で表現する章です。 作品が仕上がった時or日曜日に更新予定 縁ある皆様に元気をもらって今日も元気にキーボード打ってます!! ≪最重要≫ サイコロ、サイちゃんは僕の未来の嫁

    読了目安時間:3時間38分

    この作品を読む

  • ミハイル純の自由帳

    Twitterでは話せない事が多いので…

    128,700

    377


    2021年4月10日更新

    へいらっしゃい! ここは、謎に包まれた(?)物書き「ミハイル純」の活動報告の場でございます。 更新頻度はだいたい夜! 週一回、時間はよんなな!(AK47とかけて47分) 2020年版はダークな内容が多めですが、2021年からは善処します(笑) 人には陰と陽がありますから(隠す気があまりないので)悪しからずご了承ください。 べ、別に……銃のお話とかで、気軽に絡んでくれていいんですよ?(チラッ) ※あくまで推奨ですが、スタンプ・コメント頂ける際は0pt歓迎です!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間56分

    この作品を読む

  • 幾千の戦いを超える物語

    終わらない戦いの物語

    32,280

    150


    2021年4月10日更新

    人々が社会生活を営む裏では、異能者が暗躍する世界があった。 世界各国の文化、歴史、思想の違いから様々な異能が生まれた。欧米、欧州では魔術が生まれ、中国では気の力を操り、アフリカ大陸、中東では神霊的存在から力を借りていた。 日本では能力者と呼ばれる異能の力を操る人々が暗躍した。能力者達は超能力と呼ばれる超常的な力を行使し、日本社会を裏から支えている。その能力者の統率を目的として東京に所在する「東京本部能力所」を中心とし、四二の都道府県と特定の政令指定都市に能力所を配置した。能力所には主に能力者や研究員、場所によっては諜報員、警備員、事務員等が所属していた。 そして、二〇一二年四月一二日に発信された以下の報告から物語は始まる。 東京本部能力所 中枢部御中 二〇一一年四月一〇日、「神戸特区能力所」の管轄区域内にて、とある少年に能力の発現が確認されたが発見者である本条啓子は、交戦中で場が混乱していた為に少年の行方と所在が把握出来なかった件について進展があります。 昨日、発見者であった本条啓子が通学帰りに病院へ行った際、少年と再会し本日付けで一時保護する事が本能力所で決定致しました。頃合いを見て正式な能力者として迎え入れます。 急な連絡申し訳ありません。 追記:本人は了承済です。 -------------------------- 神戸特区能力所 所長 楠 瞬也 -------------------------- ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。また、この物語は法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※小説家になろう、カクヨムにて同時掲載中!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間37分

    この作品を読む