プロフィール

書き手どころか漸く読み手デビューを果たした、作者さまへコメントを投げることと受け取ることを養分にして生きている生物です。 ひとたび絡むともれなく制限字数いっぱいのコメントを投げつけてくるため、取り扱いにはご注意ください。 (応対が面倒でしたらスタンプにてご返信ください。次回よりなにかを察知するようになります) 終電繰り上げにつき社畜から準社畜に降格中。いろんなところで出没頻度を上げております。 読むのに夢中で自分の作品に取りかかれない。本末転倒。

ブックマーク

一覧

  • 最強の女騎士さんは、休みの日の過ごし方を知りたい。

    彼女は知る。休日を満喫するという事を――

    124,800

    2,620


    2021年6月23日更新

    ―― 王国歴 221年。 世は混迷を極めていた。 魔物、魔獣の襲撃に王国の防御は疲弊し、民の恐怖は限界に達す。 その混乱の世に、光が差し込む。 王国騎士団。 剣技、知略、諜報に優れたその集団の活躍は瞬く間に国全土に広がり、平和と安寧をもたらすのであった。 エリートばかりの騎士団の中での、絶対的エースの存在がその活躍の源。 ルーティア・フォエル。別名『稲光の騎士』。 雷光のように鋭く、伸びる穂先のように枝分かれする華麗な剣技を持つその騎士は――女性であった。 これは、彼女の闘いの―― ――ではなく。 彼女の、『休日』との闘いの記録である。 生まれも育ちも城で育った彼女は、幼い頃から国のために剣技に明け暮れていた。 そのため、彼女は『休む』事を知らない。自分の身体は国のため、民のためにあると、信じていた。 しかし、国王の心配は増すばかり。 若く美しい女騎士は、未だに自分の人生を全くといっていいほど謳歌していないのであった。 国王は告げる。「休日を満喫する事」を。 そして、王国からの刺客により、ルーティアは知るのだった。 ――『休日』を。 ※この作品の世界観は『極めて現代日本に近いファンタジー世界』です。緩い目で見ていただけると幸いです。 ※一話につき七分割しています。毎日投稿しますので、一週間で一話が終わるくらいのペースです。 ※この小説は他サイトと重複投稿を行っております。

    読了目安時間:3時間7分

    この作品を読む

  • 空に偽りのダークネス

    復讐から始まる冒険ファンタジー

    960,772

    38,342


    2021年6月23日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、ある日突如として襲ってきた【白の悪魔】により、家族や仲間を失った。 生き残ったのは自分と幼馴染みのサンドラだけ。 生きる理由を復讐に委ねたシオンは、王国最強と謳われる戦姫アリスの元で四年の修行を経て、冒険の旅に出る。 目指すは【白の悪魔】がいる魔界。 シオン達の行手を阻むのは、1〜10の数字をもつ凶悪な魔物達。 冒険の先で出会った新たな仲間達と共に、魔物達との決戦に挑む。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれのフィロソフィーを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。 * * * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 年間 異世界3位 総合7位 応援してくださる読者様のお陰です、誠に有難う御座います!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間27分

    この作品を読む

  • 宙の落とし子

    死ねない少女と三人の子どもたちの物語

    9,800

    100


    2021年6月23日更新

    それは命に価値がない時代。 十五年前の【大聖戦】を経た人類は憔悴し、いずれ滅びゆく運命にあった。 また、各国では四人の『迷い子』が生誕する。 宙(そら)の落とし子・ケムリは死んだ街である決意をし、長く残酷な旅に出る。 * * * 【一部 死んだ街と霧の塔 あらすじ】 「この街は、やはり死んでいます」 ケムリは旅の途中、遠くに見える霧の塔に強く惹かれ、荒廃した街へと足を踏み入れる。 十五年前の大聖戦、謎多き塔の呪術師、そして街が死んでしまった理由とは。 [全13話] 【二部 一千日の騎士 あらすじ】 「騎士さまは何故闘うのでしょう。誰がために、命を投げうつのでしょう?」 十五年前の聖戦を経た人類は、命に価値のない時代を生きていた。 ケムリはとある決意を胸に、極北の地ユタラル渓谷の最果てを目指す。 朽ちた廃城。北の果ての竜。転位術を役する巨大商会。今は亡き酒徒の友。まじめで臆病な騎士はたった一人で、一体何を護るのか? [全12話]

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間47分

    この作品を読む

  • 闇の系譜(ミストリア編)

    蔓延する病、ハイドットが意味するものは。

    49,100

    200


    2021年6月23日更新

    獣人の棲む国ミストリアの次期召喚師、ファフリ。 召喚術の才が見出せず、父王に命を狙われることとなった彼女は、故郷を捨て逃亡の旅に出るが、その道中で目の当たりにしたのは、公害病の蔓延により疲弊していく自国の姿であった。 国を追われた彼女が背負う、残酷な運命とは──? ◆本作は、銀竹による長編ハイファンタジー小説、闇の系譜シリーズの一作目となります。 ◆他サイトで2014年1月~2017年8月に連載しておりましたが、この度移転してきました。 小説カキコ様の小説大会にて、ミストリア編が2014年に入賞、2017年に金賞を頂きました。いつもありがとうございます。 ◆一部残酷な表現などありますので、苦手な方がいらっしゃいましたらご注意下さい。 イラスト、本文の無断転載禁止です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間2分

    この作品を読む

  • これだからネトゲはやめられない!

    【ログインしますか?】▷はい ▷いいえ

    527,800

    17,892


    2021年6月23日更新

    人気のMMORPG「アウラミュトス」――。 そんなアウラミュトスで総合ランキング二位の戦力を誇る有名プレイヤー、影狼。 どこのギルドも戦力欲しさに彼をスカウトするものの、いつも三日も保たない。 しかし、とあるプレイヤーとの出会いをきっかけに、そのネトゲライフは大きく変わっていく…。 ※この作品は「小説家になろう」様( https://ncode.syosetu.com/n2397go/ )にも掲載しております。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:13時間42分

    この作品を読む