プロフィール

シェフ から あうすれーぜ に ペンネームを変更しました。 恋愛ものも書いてみてます。学園系は連載中で、異世界系は構想中です。

ブックマーク

一覧

  • 「セリフだけ?」「しかも140字」

    ♡840,550

    〇1,192

    童話/絵本/その他・連載中・598話・67,878字 中村尚裕

    2021年1月21日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

  • 古の刀を廻り、過去と現在が交差する。

    ♡739,759

    〇1,850

    現代/その他ファンタジー・連載中・84話・214,075字 洋夏晴崇

    2021年1月21日更新

    数百年も昔に歴史に埋もれ、失われたはずの魔刀。 それが蘇る時、悲劇が繰り返される。

  • 地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

    ♡4,762,244

    〇18,287

    異世界ファンタジー・連載中・637話・1,682,400字 白玖

    2021年1月21日更新

    愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。 弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。 しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。 立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。 毎日0時頃最新。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 感想等お待ちしております。

  • 少女と青年の異世界ファンタジー作品です。

    ♡25,600

    〇80

    異世界ファンタジー・連載中・165話・705,647字 季月 ハイネ

    2020年12月27日更新

    暗く澱んだその場所は果ての果て。最果てと呼ばれた牢の中。 「何がおかしいの?」 「──あんたは、誰だ。どうしてここにいる?」 母親を探す少女と囚われていた青年が出会い、物語は動き始める。関連のなかったひとつの出会いが新たな繋がりを呼び、やがてすべては必然と束ねられていく。少女が願い、青年が覚悟し、紐解いた先に見つけたのは、小さな星屑の欠片だった。 ※まれに暴力描写、残酷な描写が入る時もありますのでご注意ください。 ※小説家になろうにて連載している作品と同作品です。一部加筆修正しています。わけあってこちらでも掲載します。ご了承くださいませ。 ※タイトル画像は紅蓮のたまり醤油さん(@buU6eVC5WX4dNxM)が作ってくださった作品です。その節はどうもありがとうございました。 ※ただいま更新停止中です。再開は2021年2月頃を予定しております。

  • よろしくおねがいしまぁあああすっ!!!!

    ♡48,010

    〇110

    恋愛/ラブコメ・連載中・26話・326,084字 しろん

    2020年11月4日更新

    箱入り娘の女子高生・白樺柚葉は、ある日父親に「親元を離れて暮らしなさい」と命じられた。 ファザコン気味の柚葉はすんなりと承諾。しかし電車の切符も一人では買えない彼女に一人暮らしはハードルが高い。 そんな柚葉の元に、かつて遠くに旅立った幼馴染みの少年が帰って来た。 大きく立派に成長していた彼は、彼女が必要としていない執事になっていた。 「私は執事なんていらないわ」 「俺と結婚してくれ」 ……何だかちょっと噛み合わない二人が、仲良く二人暮らしなんて出来るのだろうか。 お嬢様と執事の恋愛譚、始まります。