作品

前へ

次へ

  • 活動報告

    私の現状について書いています

    800

    0


    2021年6月29日更新

    日々の創作活動に対する気持ちを綴ってる

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 虚実怪談

    怖い話の掌編がたくさんあります。

    38,900

    75


    2021年6月28日更新

    ふとした瞬間に、怖いことを想像することってありませんか? 真実と虚構を文字に起こして、断片的に書き綴ったものです。 推敲しないで、勢いを大事にして荒い文章のまま上げてます。 各話につながりは無いので、どこから読んでも大丈夫です。

    読了目安時間:5時間24分

    この作品を読む

  • ダークロア

    恐怖と官能にまみれた作品を綴っています。

    0

    0


    2020年5月28日更新

    心霊的な物語が詰め込まれています。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 人間だった僕は妖魔を愛することが出来るか?

    モン娘現代バトルファンタジー小説です

    2,100

    0


    2020年5月21日更新

    中学校の卒業式を終えて家に帰ると、そこには異形の姿となった母が居た。 母の姿はまるで淫魔《サキュバス》。 しかも、年齢は女子高生程にまで若返っており、何がなんだか分からず、宗時はひたすらに混乱する。 最中、変わり果てた母から告げられた事実とは――。 「貴方には、妖魔と子作りしてもらいます」 ――という荒唐無稽な話であった。 人間との恋愛経験すら無いのに、いきなり人外との子孫を残せと迫られ困惑するが、そんな宗時の気持ちはお構いなし。 気が付けば伏魔高等学校という魔界の学校に入学しており、宗時は魔界で波瀾万丈の日常を送ることとなったのであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間43分

    この作品を読む

  • 神剣布都御学園

    第9回前期GA文庫大賞二次選考通過作品

    400

    0


    2020年3月29日更新

    ◆紹介文 新陰流の使い手である疋田景慈は布都御学園にて、強者の象徴として誰しもが羨む一等級の座に着いていた。 しかし、挑戦者、一刀流の使い手である伊東久蘭によってその座を奪われてしまう。 そして、等級を失ってしまった景慈は再び高みへと昇り詰めるため、更に剣の腕前を磨き精進するのであった。 最中、現れる謎の転校生、柳生宗華。再会を喜ぶ巨乳の後輩、興福寺栄七。稽古を付ける師匠の上泉幸綱。 彼ら彼女ら、鮮やかな人間模様が織りなす学園バトルファンタジーの開幕!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間45分

    この作品を読む

  • 共喰い奈落迦 世界を貪る悪魔の破戒

    世界を喰らい尽くす外道の物語

    600

    0


    2020年2月29日更新

    ◆紹介文 ナラカという身分が底辺の少年と、ミスラという謎の女性によって繰り広げられる無慙無愧なダークファンタジー。 ◆あらすじ ナラカという名前の少年は飢えていた。ただ、ひたすらに空腹で、生きるために何でも喰らった。 真っ当な倫理観など殴り捨てて。しかし、水牛だけは喰らってはいけなかった。水牛とは貴族の乗り物であり、神聖な動物なのだから。 そして、空腹の末に水牛を殺してしまったナラカは、ダーナという貴族に捕らえられてしまう。 貴族は賤民に対しては優しくはない。必ず、残虐で恐ろしい処罰が下されるだろう。 その時、囚われの身となったナラカの目の前に現れたミスラと名乗る女性は、免罪符売りであった。 ミスラは、願いを叶えてくれれば、牢獄から解放すると約束してくれる。 何も失う物が無いナラカは二つ返事で承諾し、免罪符売りの指示に従った。 ナラカは奴隷の首輪を身に付けられ、とある場所へと連れて来られる。そこは闘技場であった。 闘技場で、勝利を収めたらダーナの裁きからは逃れられるらしい。 ナラカは闘技場にて、命を掛けた戦いを繰り広げ、生きるために戦い続ける運命を背負わされることになる。 それには、免罪符売りの女性の思惑関係していたのである。そんなミスラの目的は何なのか。ナラカに声を掛けた理由とは。 そして、ミスラを取り巻く人間が次々と現れ、ナラカは新たな出会いと運命に翻弄されながら、世界の真実を暴いてゆくのであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

前へ

次へ