プロフィール

初めましてです♪ ちょっと暗めな小説書いています

ブックマーク

一覧

  • ぼくの彼女は好きを知らない

    これは、色々な恋のカタチ。

    20,200

    210


    2022年8月13日更新

    自分を女の子だと思えない女子高生・花燈真琴は、入学式で在校生代表の挨拶をしていた先輩・武智由梨に一目惚れする。 勇気を出して由梨に告白をした真琴。しかし、由梨からの返答は予想を超えるものだった。 「──ごめんなさい。私には『好き』という気持ちがどんなものなのか、分からないの」 由梨も自分と同じように「普通の恋愛」ができないのだと気づいた真琴は、由梨にとって唯一無二の存在になるべく奮闘していく。 先輩後輩、同性、幼なじみ……。 色々なカタチの恋物語が今、動き出す。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間12分

    この作品を読む

  • 王立魔法省に課されたミッションは月へ行って石を持って帰ること。隣国よりも先にね!

    #まほつき で応援よろしくです!

    1,800

    5


    2022年8月12日更新

    《注意》残酷な描写はありませんが、メインキャラの一部に欠損表現が含まれます。そうした表現を不快に思われる方は、ご注意ください。 ☆ ☆ ☆ ☆ 大賢者による「月へのゲート」を開く試みは、賢者本人や王を巻き込む大惨事を引き起こした。それから十年。国力の衰えた城塞都市国家シュタークが隣国との戦争を回避するために、王の孫娘リルム王女は、隣国との間で契約を交わす。それは、どちらの国が先に月の石を持ち帰るかで勝負するというものだった。 リルム王女は賢者の孫のカイトを王立魔法省に招きいれ、彼の転移魔法の力を借りて月へ行く方法を模索するのだった。 「どうやって?」 「行くのよ。転移魔法でね」 「転移って……いったい月までどれだけの距離が……」 「知らないわ。まずは、そこからよね」 この世界の魔法は決して万能と言うわけではない。あくまで、この世界の理(ことわり)の中にある。たとえ転移魔法を使っても、そう易々と月へ行くことなどできない。しかし、国を守りたいと願う王女の決意は固かった。 実験により、月に空気がないことを突き止め、測量により月までの距離を割り出す。魔法と科学を駆使して、宇宙や自然の法則への理解を深め、遥か彼方の月を目指す。 そんな魔法と科学が共存する世界を舞台に、少年と少女の月を目指す挑戦が、いま始まる。 ☆ ☆ ☆ ☆ 毎週金曜日18時更新予定。 短縮名「#まほつき」で応援してくださると作者が小躍りしながら泣いて喜びます。どうぞよろしくお願いします!

    読了目安時間:39分

    この作品を読む