プロフィール

殻ひよこ

志茂塚 ゆり

Lv   :15

ジョブ :殻ひよこ

称号  :称号コレクター

アバター:殻ひよこ

レビュアーポイント:0pt

(´-`).。oO(何を読もうか迷ったら、下の作品紹介をご覧になってくださいね) 関東在住の30代主婦、二児の母です。 ファンタジー、純文学、詩を中心に活動しております。 絵も描きます。 どうぞ気軽にお声がけくださいませヽ(´ー`)ノ ●好きな作家● 国内男性:池澤夏樹、福永礼三、星野智幸、堀江敏幸、村上春樹 国内女性:絲山秋子、江国香織、萩原規子、川上未映子、須賀敦子、梨木香歩 海外:アゴタ・クリストフ、カズオ・イシグロ、ポール・オースター ●Twitter● https://twitter.com/shimotsukayuri ※ 更新情報つぶやきます ●小説家になろう● https://mypage.syosetu.com/1423845/ ●みてみん● https://26481.mitemin.net/ ※ 挿絵中心 ●ブクログ● https://booklog.jp/users/shimotsukayuri ▼作品について▼ 【月下のアトリエ】(長編連載中)異世界ファンタジー 田舎町のよろず屋魔術師は、姉の縁談相手の牧師と出会い、数奇な運命に導かれていく。 非チート非テンプレ非ハーレム、異世界が現地のゴリゴリ本格ファンタジー。 筆者の描いた挿絵がもりだくさん。魔術描写はカバラをもとに捏ねまくった本格オカルト仕様。 【詩集「てのひら暦」】(詩連載中)純文学/文芸 最近の詩を書き溜めています。現代自由詩メインですが、ときどき文語で書くことも。 【ピ・ア・ノ・オ・ト】(二話完結)純文学/文芸 あのころ、高校生だった私は、調律師に恋をした――それが恋だと思い込んでいた。 純文学とピアノの音色にのせて10,000字弱でお送りする淡い恋の物語。 【あなたについて】(短編完結)純文学/文芸 二人称語りと詩で綴る、あなたを見送る物語。3,400字。 【ときどき日記】(連載中)ブログ 日々のあれこれ、作品について――雑多につぶやいております。たまに絵が入ります。 ※ 作品ではなく、ただの雑記です。スタンプコメントは大変ありがたく頂戴しますが、貴重なポイントは、どうか他の作品に振り向けてくださいね。

作品

一覧

  • 非チート非ハーレム昔ながらのファンタジー

    ♡58,330

    〇2,605

    異世界ファンタジー・連載中・93話 志茂塚 ゆり

    2019年11月19日更新

    田舎町カーター・タウンのよろず屋魔術師アミュウ。 義姉ナタリアの縁談相手であるうさんくさい性悪牧師、聖輝と出会ってアミュウの運命は動き始める。 見合いの日、牧師聖輝は義姉ナタリアをかどわかそうとする。 義姉を取り戻そうと奮闘するアミュウ。 「わが四方に五芒星は燃えて、柱の上に六芒星は輝けり。因縁を断ち切れ!」 二人に縁切りのまじないをかけたら、思わぬ副作用で二人の記憶の一部が失われた。 さらにアミュウは不思議な夢を見るようになって・・・? 絡まる因縁の糸を手繰ると「アカシアの記録」(アカシック・レコード)が見えてくる。 過去は現在へと至り、未来へつながる。 アミュウたちの未来はどこへつながっているのか――…… ◆非チート非テンプレ非ハーレム、異世界が現地。昔ながらの王道ファンタジーです。美味しい料理にハーブティーが登場。魔術はオカルトに幻想を乗算した本格派。文体はやや硬めです。5話から物語が動き始めます。 ◆アミュウの人生に作中歴史を絡めた、ある種の大河小説とも言えます。伏線と描写もりもり。設定ははじめチョロチョロなかパッパ。後半はさてどうなるでしょうか。 ◆筆者の描いたイラストがてんこもりです。気になる方は本文ページ右上の「設定」から、挿絵非表示の設定になさってください。 ※ 「小説家になろう」にて最新話連載中。

  • 恋に落ちた青年には、許嫁の存在があった

    ♡0

    〇5

    恋愛/ラブコメ・完結済・7話 志茂塚 ゆり

    2019年11月17日更新

    ある秋晴れの日、麦畑を耕す二十三歳の青年ジョンストン・タルコットは、隣村の牧場の娘マイラ・シンプトンから、藁束を売ってほしいと取引を持ちかけられる。取引がきっかけで恋へと転がり落ちる二人だったが、ジョンストンには許嫁ルシールの存在があった。 マイラとルシールの間で板挟みとなったジョンストンが選んだ行動は――? 全七話、二万五千字ほどの物語です。 なお、本作は連載「月下のアトリエ」の番外編であり、脇役に焦点を当てた、本編より十五年前の物語ですが、本編をお読みになっていない方にもお楽しみいただける内容となっております。本編の主人公たちは登場しません。 なお、小説投稿サイト「小説家になろう」にも掲載しております。 本編「月下のアトリエ」はこちら → https://novelup.plus/story/472802034

  • あれこれ呟きます。たまにお絵描きあり。

    ♡3,350

    〇5

    ブログ・連載中・19話 志茂塚 ゆり

    2019年11月17日更新

    日常のあれこれから作品ウラ話的なものまで雑多に呟きます。 エッセイでもない、ただの日記です。たまに絵を挟みます。 いわゆる「作品」ではありませんので、もし応援してくださるという方がいらっしゃったら、ポイントは入れていただかなくて結構です。 そのポイントを、他の作家さん方の素敵な作品へ振り向けてくださいませヽ(´ー`)ノ

  • 日常のひとこま、心の軌跡を切りとった詩集

    ♡2,000

    〇0

    純文学/文芸・連載中・7話 志茂塚 ゆり

    2019年8月2日更新

    日常のあれこれや、情動の軌跡、ふと思いついた物語などを、詩にしてまとめております。 現代自由詩ですが、文語も混ざっていたり、好き勝手に書いています。 「小説家になろう」にも掲載。

  • 二人称語りと詩で綴る、3,400字の物語

    ♡610

    〇0

    純文学/文芸・完結済・1話 志茂塚 ゆり

    2019年7月12日更新

    二人称語りと詩で綴った、人を見送る物語です。 本作は「同人誌『虹色異譚集』企画」参加作品です。 企画の概要については下記URLをご覧ください。 https://mypage.syosetu.com/mypageblog/view/userid/1423845/blogkey/2352385/(「小説家になろう」志茂塚ゆり活動報告) なお、本作は「小説家になろう」のほか、下記サイトに転載します。 http://nijiiroitanshu.seesaa.net/(「虹色異譚集」企画:seesaablog)

ブックマーク

一覧

  • 異能力ものの冒険バトルファンタジーです。

    ♡66,220

    〇755

    異世界ファンタジー・連載中・148話 みぃな

    2019年11月19日更新

    "スピリスト" ある者は火を。ある者は水を。 体内で魔力を練り上げることができ、その魔力に何か一つ属性を持つことで力を操る異能者たちの総称である。 彼らはそれぞれの目的のために、精霊石と呼ばれる鉱石を求め、『自らの意思で』魔力を手に入れた。 魔力の代償は、人間と敵対する精霊たちと戦うことだ。 戦力として政府に所属し、任務として下される命令に従い、各地に赴く。 しかしその強大な力は、精霊たちが持つ自然を操る力とよく似た能力であると言われており、彼らもまた忌避される存在だった。 新米スピリストである十三歳の少年ケイは、幼なじみのナオとハルトの二人と一緒に任務をこなしながら各地を旅していた。 そんな日々を過ごすうちに、いつしか人と精霊との関わりに違和感を覚えてしまっていて……。 元気で仲良しな少年少女たちが送る冒険ファンタジーです。 基本的に一章でひとつのエピソードが完結しますが、全体通してひとつのお話を構成しています。 ※時々イラストが出てきますが、特記が無ければ自作です。兼業絵描き。絵はmeenaという名前で活動しています。

  • 作者のコメント付きで紹介。作品募集中!

    ♡1,160,341

    〇45,602

    エッセイ/コラム/評論・連載中・92話 ありしうす

    2019年11月19日更新

    あなたの作品の魅力を教えていただけませんか? 作品を紹介するなら作者が適任だと思い、作者が紹介する企画をはじめました。 紹介希望者は『作品募集と注意書き』の項目を読んでからコメントお願いいたします。 作者の一押し作品ばかりを揃えております。読者の方は、気になった作品紹介をお読みください。 お好みの作品を探す場所として活用していただけたら幸いです。 お問い合わせはこちらまで、ツイッター:https://twitter.com/arisiusu3 活動報告が実装されましたら、そちらでも対応予定です。 オススメしたい他薦がございましたら【読者のオススメ作品紹介所】の方へお願いいたします。 【毎週水曜日は更新をお休みさせていただきます】

    タグ:

    作品紹介 自薦

  • アルビノの青年が語る花の世界がここに

    ♡6,200

    〇200

    現代ファンタジー・連載中・45話 橘 ちさ

    2019年11月19日更新

    記憶を失い、箱庭に迷い込んだ主人公は アルビノの青年に出会った。 彼は語る。 箱庭にいる花たちの物語を。 花たちが見た美しい情景を。 雑草と呼ばれたタンポポ。 雪の上を転がる桜。 愛を運ぶ真っ赤な菊。 秋の花に贈るコスモス。 春色の絨毯を彩るマーガレット。 感謝を込めたカーネーション。 花嫁をつれてきた紫陽花。 物語に耳を傾ける主人公。 失った記憶はどこに。 箱庭から出られるのか。 アルビノの青年は何者か。 七つの物語の先には一体何が…… 君も花たちの物語に耳を傾けてみないかい? * 花をテーマに書いた短編を、ひとつのお話にした作品です。 ほっこりするお話が好きな方、恋のお話が好きな方、心を浄化したい方、ミステリアスなお話が好きな方。 是非、覗いてみてください。 箱庭という不思議な世界で、アルビノの青年が待ってます。 * こちらは、過去に書いた作品を改稿したものです。 いただいた感想や応援のお言葉を残しておきたく、過去作はカクヨムと小説家になろうに掲載しております。が、文章がめちゃくちゃなので、改稿作品だけ読んでください笑 ※無断転載禁止

  • 拳と精霊が唸りを上げる格闘ファンタジー

    ♡4,900

    〇205

    異世界ファンタジー・連載中・60話 読み専のクェイナー

    2019年11月17日更新

    精霊紋章、略して霊紋。 霊紋を持つ者は、超人と呼ぶに相応しい身体能力と異能を併せ持つ。 大陸中央の覇者と呼ばれるロザン皇国に、ある日、カイエンと名乗る一人の少年が姿を現す。 彼は残念なことに、人間社会の常識が無く、金の持ち合わせも無く、しかし霊紋を持っていた。 行く先々で騒動を巻き起こしては巻き込まれつつ、『世界を見て回る』のが目的という彼の旅路には、運命に引き寄せられるかのように手強い霊紋持ちが次々と立ち塞がる。 これは、精霊を宿した野生児が巻き起こす、壮大(になるかもしれない)拳法ファンタジーである。 (「小説家になろう」でも投稿しています)

  • 注:この物語には多くの伏線が隠れています

    ♡13,200

    〇5

    ホラー・連載中・40話 陸一じゅん

    2019年11月17日更新

    居酒屋で若者が二人。怪談話を語る二人の元へ、怪しげな男が語りかける。 男は語り出す。黄泉の船頭と、彼が出会った奇妙な亡者。 亡者は語り出す。とある場所に、とある二人。かつて人であった二人。 一蓮托生。二つの体に昼と夜の姿。 空船(カッちゃん)と雲児(クウ)。生きていたころの記憶を探す二人の半妖。 秘められた過去の鍵を握るのは、麗しき人魚と、野心あるその従者。 彼らの口から語られるのは、過去と現在、二つに分かたれた物語。 一つは、消えた雲児を追う空船の追跡劇。 もう一つは、雲児と空船の正体に迫る巽と柳の回想と、亡霊からの逃亡劇。 物語は箪笥のように、彼らの記憶の引き出しを開けることで綴られます。 その引き出しを開ける狂言回しに、もう一組。 黄泉にて名前を失くした船頭と、船頭の消えた過去を知るという同行者。 同行者は船頭に語り掛けます。 「思い出せ。これは、ぼくと、あなたの物語である」……と。