作品

前へ

次へ

  • 山奥の洋館を史学部卒の素人探偵が探索

    ♡600

    〇0

    ミステリー・完結済・10話・32,975字 涼格朱銀

    2020年11月1日更新

    かつて通っていた大学の付近の山奥で発見された古い洋館。その調査を行っていたラザロ教授が忽然と姿を消した。これは事件なのか、それとも洋館の呪いや、棲まう悪魔の仕業なのか!? この恐るべき洋館を調査すべく、かつてラザロゼミに在籍していた3人の教え子達が立ち上がった! 彼らの調査の行方は、そしてそこで見たものとは!? ……という感じの内容だが、わりと地味に淡々と調査している話。

  • シュール風味の掌編12作

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・完結済・12話・45,979字 涼格朱銀

    2020年8月23日更新

    シュールな掌編12作。どこからでも読めます。 カクヨムの自主企画「同題異話SR」という企画に参加して書いたもの。 同じタイトルでそれぞれ作品を書く企画。そのため、同じタイトルの作品がカクヨムにはたくさんある。

  • 文具好きならきっとわかる小ネタいろいろ

    ♡900

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・1話・14,945字 涼格朱銀

    2020年8月22日更新

    父親からもらって何気なく使っていた鉛筆は伝説の品だった? 文具に詳しくなくても読める内容にしつつも、文具好き向けにいろいろ小ネタを仕込んだ、学校生活モノ短編。

  • 廃墟で勝手に飲み食いして喋る話

    ♡500

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・22,768字 涼格朱銀

    2020年8月22日更新

    廃墟と化した飲食店で偶然出会った三人が、勝手に店内で飲み食いして喋る話。 中身のない話が延々続くプラトンの『饗宴』的なもの。

前へ

次へ