作品

前へ

次へ

  • 異超能力世界で生きる俺

    下克上都会を描くハイファンタジー

    30,500

    0


    2021年4月21日更新

    【あらすじ】 ——どうなってんだよ 不穏な空気が漂う早朝。俺は不思議な何かに目を覚まされ憂鬱になった。 「は?」毎朝日常の如くエレベーターに乗ると体内に異変が生じる。「ヤバい…」嘔吐を繰り返し目を覚ますと、そこは正真正銘ホテルの廊下だった。 死の窮地のど真ん中に立たされ不可解な無限廊下の謎を困難ながら解いていく少年。 最善の生き方を見つけその場から離れないことが結論づけられた。1時間経過すると、他のドアとは、色違いな扉から一人の萌え顔赤髪の美少女が、駆け出すように飛び出してきた。 「お前は誰だ」そう問えば答えは一つ「リードス•オトア」その無邪気で元気を履き違えた少女に振り回される少年だった。 【概要】 超能力と魔法が使える世界に生きる潔癖症男子(海堂フブキ)の物語。 【第一章・完結済み】 エレベーターで嘔吐の繰り返しの末、ホテルに転移。フブキが無限廊下の謎に気付きリードス・オトアと遭遇。ディステニー・ベーカーにより無限廊下からの開放成功。屋敷の庭で初の黒乗組織所属対面。 【第二章・完結済み】 オトアの死亡により、オトア専用車機能停止フブキ閉じ込められる。謎の手紙を見つけそれが、『挑戦状』ということに気づく。超能力【バリア】取得により車から脱出。 【第三章・完結済み】 屋敷から離れ、都市に到着。黒乗組織所属イライジャ・アリに遭遇強制対戦。フブキバリアにより、サイコキシネスの球を跳ね返し初の殺人。罪悪感に滴る。 【第四章・完結済み】 路地裏に隠れていると、空に光線が打ち上げられる。気を取り戻すともう一人の吹雪として生まれ変わりをする。弟との隔離解決、都市再来を果たす。黒乗組織の本部に乗り問い詰めオリヴィア・ナイバリス二度目の対戦。爽真誘拐され絶望するフブキ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間22分

    この作品を読む

前へ

次へ