プロフィール

幼女が好きです。可愛い女の子が好きです。 私の小説は、大層なテーマを表向きは掲げつつも、結局のところ女の子可愛いに収斂します。 それは、本能であり、本質であり、私が小説を書く意味があるからです。 何が言いたいかというと、同じような性質をお持ちの方の心に響く作品を、書き続けたいです。 感想を餌に、成長していきます。 Twitterやってます。作品のツイート多め フォローしていただけると嬉しいです。 @EtcpopoYumiyumi

ブックマーク

一覧

  • 音楽 × 冒険 × スチームパンク‼

    ♡193,250

    〇5,462

    SF・連載中・56話 トモユキ

    2020年7月13日更新

    あらすじ: 時は20世紀初頭、イングレス連合王国首都、ロンドン。 産業革命による蒸気機関の急激な発達によって人々の暮らしは豊かなものとなり、 芸術文化の花開く土壌が、上流階級から労働者にまで幅広く広がっていた。 パトロン付きの十七歳のピアニスト、アンジェラは、一ヶ月後に迫るロンドンピアノコンペティションで優勝しないと家を追い出されてしまう。 しかし調子は絶不調。諦め気味のアンジェラは夜になると屋敷を抜け出し、街のバーでジャズピアノを弾く毎日。 そんなある日、ピアニストとしても一流の調律師、アドニスと出会う。 とある依頼でアンジェラは、超絶技巧の右手専用ピアノ曲『右手のためのピアノ独奏曲』を演奏しなければならなくなり、 アドニスのレッスンを受けて、その才能を開花させていくのだが。 ……その裏では、大きな陰謀が渦巻いていた。 曲に隠された謎。 謎多きピアノ調律師。 霧煙るロンドンで暗躍する男達。 蒸気の街ロンドンで、人々の思惑は交錯し、複雑に絡み合う。 十七歳の少女が奏でるピアノが、それを解きほぐす鍵になるとも知らずに。 -------------------------------------------------------- コンセプトは、音楽 × 冒険 × スチームパンク‼ 読んでてワクワクする! 続きが気になる! そんな気分になってもらいたくて書いてます。 第二部連載、始まりました! (2020/05/28) -------------------------------------------------------- 【更新履歴】 2020/1/23 第一部完結しました。 2020/2/2 第二部 予告編を更新開始 2020/2/14 第二部 予告編終了 2020/5/15 第二部 プロローグ公開、予告編を第一章として改稿、公開 2020/5/28 第二部 連載開始 ※作者Twitter: https://twitter.com/tomoyuki2019 ※表紙写真: https://pixnio.com/ja by Tama66

  • 2020年6月18日更新

    ■第2回ノベプラ大賞一次選考通過作品■ ■異世界ファンタジー日間ランキング第33位を記録■ 【こういう方にオススメの作品です】 ・ステータスとかギルドとかゲーム風の世界観だと読み易い ・でも無双とかハーレムとかには飽きてきた ・たまにはダークなのも良いよね ・日本が話題になるとテンション上がる ・TS(性転換)は浪漫 ・TSを素直に受け入れていないとなお良い ・キャラは少しくらい狂っている方が魅力的だよね ・クトゥルフ神話に興味がある 【以下ちょっとだけ真面目なあらすじ】 西暦二〇XX年。降臨した邪神により人類は滅亡寸前に追い込まれた。 それから一〇〇〇年後、世界は剣と魔法の異世界と化していた。 主人公は二十一世紀の人間、三十歳の会社員だ。 彼はある神秘により一〇〇〇年間も生き続け、紆余曲折を経て鬼娘に転生した。 主人公は幾人もの狂人達と出会い、ドン引きしながらも、徐々に自らの立ち位置を確立していく。 ――これは、未来に関心がなかった男が一〇〇〇年後の世界で、自らの価値を見付ける話である。 ※クトゥルフ神話とは言いましたが、知識ゼロでも問題なく読めます。 ※2月21日に設定を大幅改訂致しました。シナリオは変わっていません。 ※『小説家になろう』にも投稿しています。

  • ありがとう、私の大切な──。

    ♡507,710

    〇3,665

    異世界ファンタジー・完結済・86話 葵(あおい)

    2020年5月14日更新

    呪術師との戦いを控えたレスティア王国。 依然として過去の傷跡を抱えたまま、街の復興は続いていた。 戦争を前に渦巻く思念、戦う者達への影なる冒涜。 物語は。 黄金都市ヘイメスから帰還したライアが目を覚まし、それから一週間後より始まる。 『私の全てを知ったくせに、自分は隠し事をするの?』 『その時はもう、貴女の知る私じゃない』 『物語は、いつか終わる』 ルオーネルとの全面戦争まで残り三日。 有限を、共に過ごす事を決意する少女達。 残された時間の中で、各々の想いが交差する。 復讐か、決別か、或いは──。 少女達はただ歩む、望んだ結末の為に。 失う悲しみを知る少女達の、一糸纏わぬ想いの衝突。 此れより、物語は加速する──。 ※会話文の「」を『』にしています。 ※第一部の続編となっています。

  • ⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン

    ♡19,900

    〇450

    SF・完結済・46話 双六 人生

    2020年3月31日更新

    幼いころの約束を叶えるため、少年は空に近い場所へ行くことを決めた── 空を飛ぶための乗り物、飛空機のパイロットとなった青年ライドは、新兵の 教育をする指導教官へと任じられるまでに成長する。 今年もクセはあっても将来が期待される新兵の教育に精を出していたある日、 基地に隣国バサルネからの客人が来ると連絡があり── ◇◆◇◆◇◆◇ 「空が! 飛びたい!」 という願望を持ち続けた結果、こんなものができました。他にも好きな ものを詰め込んでおりますので、よろしければ味見をしてみてくだされば。 ◇◆◇◆◇◆◇ 投稿期間:2020/03/09 Tue. ~ 2020/03/31 Tue. 1話あたり2,000~4,000字を目安としています。 書籍ベースで作成したものを掲載しています。 PCでの閲覧を推奨します。 技術および物理的な面については調査の上で記述しておりますが、 一部には現実的でない部分も存在します。仕方ないね! 変更履歴:2020/03/29 タイトルを『ふたりのつばさ』に変更(旧題『君と空を飛べたなら』)

  • 突然異世界サバイバル!私生き残れるの!?

    ♡1,344,037

    〇26,790

    異世界ファンタジー・完結済・55話 -kaori-

    2020年3月16日更新

    【第一部あらすじ】※ネタバレあり コンビニアルバイトのサオリはその日、夜勤のシフトに入っていた。 二十時を過ぎても、同じ時間に来るはずの同僚はまだ来ない。 客も途切れ、店内でたった一人になった時、それは起きた。 突然の眩暈に立つ事もままならなくなったサオリは、床に横になってしまう。 回る世界と自分。目を開けた時、店の外はまったく知らない景色へと変貌していた。 コンビニごと、どこかへ移動してしまっていたのだ。 ゴブリンと遭遇した事で、異世界だと認識したサオリは店内に立て籠もるが、なすすべがない。 店内に侵入したゴブリンが暴れだしても、カウンターの下に隠れて泣く事しか出来ないサオリ。 好き放題に暴れていたゴブリン達は、やがて去っていった。 カウンターの内側には入って来なかったのだ。 サオリを守ったのは、店内とカウンターとの間に展開されていた結界だった。 電気や水道が通った店内に、何者かに弄ばれていると感じるサオリ。 それはこの世界の支配者なのか、神なのか。 トレジャー・ハンターがやって来た。 息も絶え絶えに店内でくずおれた彼は、『守護者』に追われていると言う。 外は追っ手と思われる、恐怖の魔物が取り囲んでいた。 トレジャー・ハンターの追われる理由は、あるダンジョン内で盗んだ羽根ペンだった。 やがて魔物との死闘も決着し、羽根ペンを手に入れたサオリはそれによって天使を召喚してしまう。 天使の可愛さに有頂天のサオリだったが、その天使によって結界が消された事を知り、愕然とする。 結界の消えたコンビニに一人で残れるわけもなく、帰ると言う天使に同行するサオリ。 辿り着いた洞窟では、更なる天使に出会い、神の存在を知る。 不在の神の伝言によって、少しだけ謎を解明したサオリは、元の世界に戻れる日までこの世界で生き抜こうと決意する。 羽根ペンを持つ事と、天使の貸し出しを神に許されたサオリ。 サオリは羽根ペンを使用する事で、大魔法が使えるようになった。魔力無しでも使える大魔法の数々だ。 そして森の妖精や聖剣を持つ勇者、転生者でもある魔法の使えない魔王と何故か魔王に同行する二人の天使、魔王になりかけた事もある大魔法使いの女の子とも運命の邂逅を遂げ、この世界の魔王が誕生してから一年以内に倒さなければ世界が滅ぶ、『魔王一年ルール』に巻き込まれて行くのだった。