プロフィール

どこかの貴族のオルタ。 色々あるので更新はマイペースです。 twitter @baronhirano

ブックマーク

一覧

  • 地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

    ♡3,564,221

    〇16,720

    異世界ファンタジー・連載中・476話 白玖

    2020年8月13日更新

    愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。 弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。 しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。 立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。 毎日0時頃最新。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 感想等お待ちしております。

  • 勇者の死、そこから始まる物語

    ♡203,300

    〇654

    異世界ファンタジー・連載中・43話 bigbear

    2020年8月12日更新

    あらすじ 騎士ラグナは取るにたらない凡骨だった、親友である勇者が死ぬまではたしかにそうだった。 舞台はゲームのように能力や技量が数値化される奇妙な世界「ヴィジォン大陸」。 魔王討伐を目指す勇者パーティーの一人、騎士ラグナは凡人だった。特殊なスキルも持たず、卓越したレベルでもない彼はパーティーの中では目立たない存在だった。 だが、彼の人生は親友でもある勇者の死を切っ掛けに一変した。 勇者から魔王を討つという使命を託されたラグナは聖剣を背に孤独な戦いを始めるが、聖剣を盗んだラグナは祖国からは裏切り者として追放され、魔物からは仇敵として付け狙われるようになってしまう。 いくども傷つき、死にかけながらも立ち上がるラグナ。そんなラグナの肉体にある変化が訪れる。 「虫食い」と呼ばれるその現象は、レベルもスキルも超越する力。 やがて虫食いの力は世界を支配するシステムそのものに影響を及ぼし、ラグナのもとには次第に、混血のダークエルフ、女の侍、獣人族の少女といった奇妙な仲間たちが集っていく。そうして、彼らはこの世界で初めての「英雄」と呼ばれるようになるのだった……。 これは凡骨と呼ばれた騎士が世界を救い、英雄となる物語。 ※登場キャラは基本的に愛が重いです。

  • 2人の王と2人の高校生が主人公

    ♡112,695

    〇490

    現代/その他ファンタジー・連載中・196話 トッキー

    2020年8月10日更新

    「さあ、世界を浄化しに行こうか!」 地球と異なる世界から訪れた、魔法探偵にして戦い方を教える先生?が、ある2人の高校生と出会った時、世界の運命は大きく変わる。 時は20XX年、突如出現した吸血鬼ゾンビによる「ブラッドホワイトデー事件」により、人口が大きく減少し世界が大きく変わった地球を舞台に話が進みます。 地球の京都にある学園都市「春花」。そこに構える「九条学園」の高等部に通う2人の高校1年生「結月 響」と「如月彩音」は普通の学園生活を送っていた。だが彼らは大きな秘密を幾つも秘めていた。 それは、9年前の彼らの故郷で起きた悲しい事件の被害者であり、霊感が2人とも強く、その事件の犯人の姿を目で捉えたことであった。 そんな中、彼らの住む春花でも不審な事件が起き始めた。更に帰宅中、偶然見つけた謎の光る亀裂を見つけた響は、好奇心からその中に入ってしまったのであった。そして続いて入った彩音にピンチが迫る。 身の危険が迫る2人を颯爽と助けたのは、自ら魔法探偵と名乗り紺色の刀を手にした黒緑髪の男と、青髪で角を生やした鬼のような和装姿の男であった。 響と彩音は彼らに関わる中で、異形の存在と戦う素質を認められ、探偵見習として修行に励む響と彩音は、めきめきと頭角を現していくのであった。 だがそれは、恐るべき事件の始まりに過ぎなかった。春花を舞台に起こる幾つもの怪奇事件は、世界中に広まり新たな危機をもたらしていた。事件が事件を呼び世界は混迷を極めていく中、響たちは具現霊(レヴェネイト)と共鳴し、異界と繋がる亀裂というダンジョンに潜り戦いに挑むのであった。 様々な怪事件の裏に隠れ結びあう、数千年単位で計画された陰謀とその黒幕を見つけ、倒して世界を救えるかは彼らの活躍にかかっている。

  • 真エンディングの条件は「全員救済」

    ♡1,982,810

    〇31,075

    異世界ファンタジー・連載中・132話 Imaha486

    2020年8月9日更新

    - Illustrator かぼちゃ 「シーフと一緒に世界を救ったってのは、コンプライアンス的に色々とマズいんだ」 そんな意味の分からない理由で勇者パーティを追い出されたシーフのカナタだったが、故郷へ帰ろうにも、そこは魔王の城に最も近いサイハテの街。 宿や食事代は超高額、街を一歩出れば強敵モンスターだらけ、しかも財布の中身は無一文……。 ――そして、この世界は滅ぶ運命にある"救いのないセカイ"だった。 だが、そんな絶望的状況での「水の精霊エレナ」との出会いが、彼を……いや、世界の運命を大きく変える事になる。 カナタに課せられた使命はただ一つ。 それは、かつて誰にも知られる事無く悲劇の結末を迎えた者達を全員救い、この世界が平和を迎える「真のエンディング」へと辿り着くこと!

  • この世界は狙われている

    ♡43,600

    〇1,350

    異世界ファンタジー・連載中・25話 枇杷アテル

    2020年8月8日更新

    異世界が認知された現代世界。世界各地で異世界転移、転生が多発していた。 多くの人類が異世界へ連れ去れていため慢性的な人手不足に悩まされた人類はこれ以上の異世界への人口流出を防ぐため、友好的な異世界との交流のため『世界異世界対策機関-WDWC-』を設立する。 『WDWC』は異世界からの帰還者が持ち帰った技術を現世界へ取り込み、科学技術を高めると共にそれまで空想でしかなかった魔法といった非化学についても研究を進めていく。 『WDWC』には役割毎に様々な課が設置されており、その中の戦闘課があった。 戦闘課は異世界からの脅威に対して現世界を守るための役割を担っており、戦闘課職員は各自の戦闘スキルから<S>から<C>とランク分けされていた。 これは最近Bランクに昇格したばかりの暁乾斗が周囲に助けられながら異世界からの脅威と戦い、成長していく物語。