プロフィール

よろしくお願いします。 https://simplyblank.net

ブックマーク

一覧

  • ラフ・アスラ島戦記〜自衛官は異世界で蛇と供に〜

    泥臭くて血生臭い異世界戦記物です(予定)

    2,160

    0


    2019年7月13日更新

    昭和61年某演習、主人公『須賀凌駕』はレンジャー訓練中のところバディの久我と共に偵察に行くことになる。すると突然、緑の発光体に包まれて『ラフ・アスラ島』と呼ばれる異世界の孤島に迷い混んでしまった。 この島には何故か米軍装備を持ったエルフ達の国『フロンティア国』と様々な民族の亜人が住む『カタラ国』が存在していた。この二国はかつて戦争をしており、現在は停戦状態にあり微妙な緊張感を保っていた。しかしここで第三の勢力であるこの島に生息する生き物達もいた。彼らは『進化の欠片』という物で知能を持った者に進化して本能に従い行動をする。そうしてこの島で三つ巴の戦いが始まろうとしていた。この島で自衛官は生き残り日本へ帰る事ができるのか。 基本的に自衛官と異世界の巨大生物との戦いです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間19分

    この作品を読む