プロフィール

「ひじりみやび」と読みます。 気が向いた時、ちょっとした文章を書きます。

ブックマーク

一覧

  • あおい荘にようこそ

    ここは高齢者専用住宅「あおい荘」です!

    719,000

    10,438


    2021年7月30日更新

    高齢者専用の集合住宅「あおい荘」。 管理人の新藤直希は、ある日家の前で倒れている家出少女、風見あおいと出会う。 あおい荘と同じ名前を持つ天然少女に不思議な縁を感じた直希は、あおい荘で一緒に働くことを提案する。 幼馴染の看護師・東海林つぐみ、入居者の孫・小山菜乃花、シングルマザーの不知火明日香。 直希に想いを寄せる彼女たちを巻き込んで、老人ホームで繰り広げられる恋愛劇場にようこそ。

    読了目安時間:16時間51分

    この作品を読む

  • 賢者が恋した賢者の恋

    コミカル+シリアス+恋愛?×群像劇‼️

    817,645

    5,423


    2021年7月30日更新

    『散りぬる陽』と呼ばれる謎の災害から、その法力を以て人々を守っていた大賢者セルシアスは、絶大な魔力を持つ魔導師ラシディア、最強の女戦士ジュメイラと出会い仲間に加える。 古文書に記された終焉の時【アンニハヤトゥ】の迫る中、セルシアスは魔導騎士のリサイリ、慈しみの聖人ナドアルシヴァ、美しき狂戦士ジュベラーリ、異世界から召喚した剣士メイダーン、そして、自身を守護する【月影の神】エルミラと共に、散りぬる陽の出現した北の大国ラス・ウル・ハイマへと出発する。 ラス・ウル・ハイマの首都ワディシャームでは『英雄如来三尊』と呼ばれる女騎士イェシェダワと、同じく英雄如来三尊の騎士ドゥルマが、散りぬる陽の出現とセルシアスの仲間たちとの出逢いをきっかけに意見を違え、離れ離れになる。 ドゥルマが去った事で、恋心を抱いていた事に気付いたイェシェダワは、気持ちを整理する為にドゥルマを追いかける。 同じ頃、散りぬる陽の調査をしてある異変に気付いたナドアルシヴァは、その事についてセルシアスと話す為、騒ぎにならないように周りにはその異変の事を伏せ、首都ワディシャームへ向かう。しかしその途中、ナドアルシヴァの様子がおかしい事を怪しんで無理やりついてきたもう一人の英雄如来三尊、ラスジェノスに追求され、ナドアルシヴァは『異変』と、それにまつわる二十三年前に起きた悲劇について話し始める。

    読了目安時間:11時間46分

    この作品を読む

  • ドゥームズ・デイ・クロック

    "正義"とは何か? 人々は迷い決断する

    246,800

    1,250


    2021年7月30日更新

    十数年前、突如として現れ世界を滅亡の危機へと追い込んだ一人の能力者が居た。後に"最凶の能力者"と呼ばれるその存在と相討ちとなった一人の青年。「七瀬 鏐(ななせ りゅう)」。彼は後に英雄と呼ばれ未来永劫語り継がれる存在となった。 そして現代、英雄の弟である「七瀬 寥(ななせ りょう)」は兄の様な正義の味方になる夢を抱いていた。 ある日、寥は対能力者育成機関である「聖組織(エクスペリメント)」が運営する学園へ特待生として迎え入れられる事となる。 しかし、それは世界を巻き込む壮大な戦いへの幕開けでもあった……

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間14分

    この作品を読む

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    伊賀を抜けた才蔵は月の化身に救われる

    1,350,860

    3,715


    2021年7月30日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神(ししん)……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間30分

    この作品を読む

  • 可愛いあの子は男前

    6歳の男前に癒される残念美人女優の物語!

    252,300

    1,651


    2021年7月30日更新

    美人で舞台ではスターの女優、海瑠(みちる)だが、神は二物を与えずで、実生活ではできないことだらけ。 男運も悪く、付き合ってない男友達に押し倒されかけ、付き纏う男はストーカー化して、挙句の果てには結婚を約束した相手が妻子持ちで借金を背負わせて消えた。 心労で倒れた海瑠の前に現れたのは、6歳の男の子。 小さいけれど男前の奏歌(かなた)は吸血鬼で、海瑠を運命のひとと言う。 可愛い男前を自分好みに育てるかと思ったら、育てられていた現実。 男運の悪さに疲れ切った年上女性が、年下の可愛い男前男子に癒される、ほのぼの年の差ラブストーリー。 毎朝7時更新! ※人外要素(吸血鬼等)が入ります。 ※イラストは、ひかげそうしさんに描いていただきました。

    読了目安時間:24時間1分

    この作品を読む