プロフィール

粥谷薙(かゆたになぎ)です。PIXIVやなろうでも小説書いてます。良かったらそっちの方もどうぞ。

ブックマーク

一覧

  • 文系ドラゴン、旅に出る~老竜と行く諸国漫遊詩歌の旅~

    数百年引きこもってましたが、旅に出ます。

    72,000

    150


    2022年9月27日更新

    スヴェドボリ山の洞窟に三百年余り引きこもっていた老竜・オーケビョルン。 文筆家としての自作を世に送り出すためと、食料を調達するための外出以外はずっと洞窟の中で過ごして、石板に爪で文字を彫っているインドア派ドラゴンだ。 ある日、完全なスランプに陥ってしまったオーケビョルンは、数少ない友人であり自作を持ち込む相手であるマルクスに知恵を借りに行く。 そこでマルクスから提案されたのは「諸国を渡り歩き、インスピレーションを得てはどうだろう」ということだ。 しかし彼は根っからの引きこもり。スヴェドボリ山の周辺から出たことすらない。 怖気づく彼の尻を、彼に同行することを決めたマルクスに叩かれながら、オーケビョルンは慣れ親しんだ洞窟から飛び出した。 とりあえずは山の聳えるバーリ公国の中を、引いては大陸中の様々な国を渡って、自作を書き留めて残すのだ。 今、八百歳を超える文系ドラゴンの、気ままな旅が始まる。 ●コンテスト・小説大賞選考結果記録 ノベルアップ+様 HJ小説大賞2021後期 一次選考通過 ※さくも様(@sakumo_mizuiro)主催の「プロローグ祭」参加作品です。 https://twitter.com/sakumo_mizuiro/status/1166901080577363969 ※表紙イラストはごんのすけ様(@LeoLeo0630)に描いていただきました。ありがとうございます! ※カクヨム、アルファポリス、エブリスタでも並行して連載しています。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054891419424 https://www.alphapolis.co.jp/novel/103558036/308307794 https://estar.jp/novels/25635916

    読了目安時間:2時間53分

    この作品を読む

  • 作品、読みます。感想書きます。

    埋もれている名作を見つける場としても是非

    705,580

    265


    2022年8月10日更新

    小説を募集します。未完・完結問いません。 感想書きます。 自分にあった作品を見つける場としてもお使いください。冒頭に作品リンクを貼り付けておきます。

    読了目安時間:5時間5分

    この作品を読む

  • LBX超カスタムレポート

    不定期更新の日記的なやつです。

    5,500

    0


    2022年7月2日更新

    ダンボール戦機シリーズのプラモデル、「LBX」のカスタマイズ日記です。某氏に触発されて始めました。 一応「超カスタム」と銘打ちますが、パーツを削って付けたりまでは技術が無いのでやらないと思います(( 例えるならウォーズのアラタとかヒカル位のカスタマイズレベル。 基本的にはハイパーファンクション版以外がカスタマイズ対象になりますが、アレは値段が高い&数が少ないので中々カスタマイズに手を出せないのです。 イジって欲しい場合は私に現物を下さい() 更新は不定期で日曜日の深夜に。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 楽しく書くために、あなたが「しなくてもいい」こと

    がんばらない小説の書き方、実践編

    373,261

    490


    2022年6月9日更新

    7.14 日間1位ありがとうございます。 小説を書く段階で、あなたはすでに構え過ぎてはいませんかねぇ? 「書けない」「読まれない」と泣いているあなた。 自分のスタンスを見つめ直してみるのはいかが?

    読了目安時間:1時間29分

    この作品を読む

  • ノベプラ・修行道場!

    ノベプラで腕を磨きたい人の集いの道です。

    78,899

    521


    2022年1月17日更新

    「俺より強い奴に(以下略)」 企画のようなものを立ち上げさせていただきました! こちら近年小説を書き始めまして、まだ右も左も分らない未熟者故、 己のレベルアップのため、修行がしたいと感じました。 修行のそれには、誰かに作品を評論していただくのが鮮明、 しかしながら、 どなたかにレビュー文をいただくにも、 それ向きの「読ませてください」募集にはやはり数も限りがあり、 レビュー枠の取り合いが起こってしまうこともございます。 また、 突然誰かに無理言って評価をお頼みするのも気が引けてします。 ……もしかしたら皆さまの中にも、 自分のようにこんなことを考える方がいるのではないか? 同じ考えの元に集まった方々が交流すれば、 互いがその自作品のレビューがしてほしいという目的も 果たせるのではないだろうか? そして同志の方の集まる場を作ろうと思い付き、 橋渡しとなるべく、この企画のページを作ってみました。 皆さまのご参加、お待ちしております!

    読了目安時間:3時間59分

    この作品を読む

  • 世界で一番優しい君へ

    少年は進む。世界で一番優しい人のために

    27,100

    50


    2021年7月1日更新

    世界中に出現した、インビジブルビースト、通称IB。 普通の人間には認知することすらできないその存在は、世界中の人々を恐怖のどん底に陥れた。 しかし、IBが出現した数年後。一人の科学者によって、対抗手段が誕生した。 IBの事を認知でき、通常では考えられないような異能の力を持つ存在……『IBキラー』。 主人公である七宮 千尋も、その中の一人だった。 しかし、彼には四年前から記憶がなく、なぜそんな力を持っているのか、分からなかった。 自分の進むべき道を見失っている中、彼が強く惹かれた少女が、一人居た──。 ──これは、世界で一番優しい君と、共に歩くための物語。 (小説家になろう様とマルチ投稿しております)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間5分

    この作品を読む