プロフィール

趣味で物語を作っている者です。 推し作家さんを陰ながら応援しております。 たまに自分でも書きます。 よろしくお願いいたします。

ブックマーク

一覧

  • 村娘は聖剣の主に選ばれました ~選ばれただけの娘は、未だ謳われることなく~

    聖剣を携え、村娘は世界を識ってゆく

    935,350

    2,745


    2022年5月28日更新

    外の世界へ出ることを夢見ながらも、夢はしょせん夢だと諦めていた17歳の村娘ローゼ。 彼女の生活は、ある日王都の大神殿から来た使者に 「神により聖剣の主として選ばれました」 と告げられた時から一変した。 「聖剣の主……? あたしが……?」 人の敵である魔物を倒すため、神から与えられている聖剣は世に10振。 ただし聖剣を持つ血筋はやはり神によって決められており、辺境に住む村娘には関係のない話だ。 戸惑うローゼに使者は重ねて言う。 「あなたに与えられるのは、400年もの間誰も手にしていない『11振目の聖剣』です」と。 記録がほとんど無く、謎ばかりが多い、11振目の聖剣。 なぜそんな聖剣が再び世に出て、更にはローゼが持つことになったのか。 その理由は分からない、と使者は言う。 単なる村娘でしかない自分が、果たして聖剣を手にして良いのかどうか。 悩むローゼだったが、最終的に聖剣の主となることを決め、夢見ていた村の外へと出る。 そこで待っていたのは聖剣の主としての役目と、村にいては知り得なかったこと。 生涯の友との出会い。 交錯する人々の思惑。 無自覚なまま恋をしていた相手との、突然の別れ。 ――様々な事に遭遇するたびローゼは少しずつ成長し、そして世界は彼女に影響されて少しずつ変化する。 ◆展開は遅め ◆基本的に毎週火曜更新(次回更新予定日は最新話の後書きに記載) ◆アルファポリス様 ノベルアッププラス様 カクヨム様(3章で終了)でも公開中です <表紙イラスト> ◆白玉ぜんざい 様 <ロゴ> ◆草食動物 様(@sousyoku_animal) <挿絵> 白玉ぜんざい 様:◆第1章24話 ◆第3章(後)36話 ◆第4章(後)余話:雨夜の星 2 誓 様(@sei_hatagaya6):◆第1章3話 ◆第5章(前)7話 ベアしゅう 様(@beargon227):◆第1章21話 ◆第2章9話 青羽根 深桜 様(@aoba_bw):◆第3章(後)余話:エリオット 7 ◆第4章(前)23話 宿花 様(@yomihana_second):◆第3章(後)余話:村祭りの前 ◆第3章(後)48話 戸森鈴子 様(@TomoriRinco):◆幕間2:昼下がりの夢 ◆第6章3話 ときの 様(@tokinoei555):◆第5章(後)余話:そこには、ただ

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:31時間45分

    この作品を読む

  • ゴブリンガールはガチャを引く!

    抗え! レベル2のド底辺モンスター!

    711,500

    1,100


    2022年5月28日更新

    勇者はレベルアップしてどんどん強くなれるのに、モンスターには生まれながらに『固定レベル』が定められている世界。 そんな理不尽なルールを作った魔王を倒すべく、レベル2のゴブリンが立ち上がる! ガチャで排出されたアイテムを召喚できるチート装備『スマートフォン』さえあればどんな魔物でも一刀両断! ……と思いきや、ハマるハマる課金地獄! そして陥る借金苦! ついにはドワーフのギャング団に捕らえられ、小金稼ぎのクエスト攻略に駆り出されて……!? ゴブリンガールのドタバタ返済アドベンチャー、ここに幕開け! ※Twitterでキャラ絵や挿絵の公開などの活動しています! https://twitter.com/GoblinGirlGacha ※「小説家になろう」と重複投稿です。 https://ncode.syosetu.com/n2037gy/

    読了目安時間:13時間5分

    この作品を読む

  • 女として兄に尽くすよう育てられた弟は、当たり前のように兄に恋をする

    BLです。

    72,800

    0


    2022年5月27日更新

    性的描写があるシーンはノベルアップ+では公開していません。 また、タイトルに※がついているシーンは本文から性的描写をカットしています。 ノーカット版はアルファポリスで公開しています。 https://www.alphapolis.co.jp/novel/253858331/775560058 ------------------------------------------------------------------------------- 片田舎の地主である宗田の家では、古い因習が今も引き継がれていた。 それは次男が生まれたら女性として育てること。 長男への家督相続が円滑に進むよう、長男への忠義を第一とするように教育すること。 長男である一宏は、それを日常として育てられた。 年を重ねて自身の兄弟観が異常に属することに気付いた時には、もう常識として染みついていた。 次男である玲は、それしか知らなかった。 学校にも通わされてもらえなかった身分では、異常と自覚することもかなわなかった。 ある日、兄弟の父である宗田家当主が死に、長男である一宏が家督を継いだ。 そして当主の弟であり兄弟の叔父にあたる珠美が後見人として家に居候することになる。 歪な教育を施してきた父は死んだ。 欠けた日常に入り込んできた人間はその弟。 かくして、兄弟たちの異常だった日常もまた変革を強要されるのだった。 BOYSFANコン:お題フリー ※ 一部性的描写はボカしています。 ボカしてるけどアウトかもしれません。 修正無し版はアルファポリスで更新しています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間58分

    この作品を読む

  • 一行怪談集

    ただ一行で紡ぐ怪談。

    1,998,061

    8,640


    2022年5月27日更新

    吉田悠軌・著『一行怪談』にインスパイアされて、自分なりに作ってみたワンセンテンスの怪談。 元になった本には「一行怪談凡例」というものかある。 ・題名は入らない。 ・文章に句点は一つ。 ・詩ではなく物語である。 ・物語の中でも怪談に近い。 ・以上を踏まえた一続きの文章。 なるべくこれに沿うようにしているつもり。 気が向いた時に更新します。 この作品は、他サイトでも公開しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:58分

    この作品を読む

  • 生贄にされた子供は神様の元で幸せに……

    孤独な神と生贄にされた少年BLです

    178,000

    50


    2022年5月23日更新

    過疎化の進む、地方の限界集落「豊落村」では五年に一度、土地神である水神様に人間の子供を捧げる祭りが行われていた。 百年ほど前からは、過疎化や近代化の流れから人間を生贄にすることが難しくなり、交渉を重ねて家畜を生贄としてきたが、とうとう水神から人間を寄越せという要望があった。 そこで人身御供に選び出されたのが、捨て子の「田辺光」だった。 BOYSFANコンテスト『お題フリー』参加作品 物心のついた頃には両親はおらず、体もひ弱で、おまけにおかしな目をしている自分が、いかに異端な存在であるかを洸は知っていた。 そんな自分が大人たちから疎まれる存在でありながらも衣食住を整えられて育てられ、それなりに可愛がられてきた理由も分かっていた。 人身御供の意味も生贄という言葉も、自分の命が祭りのその日までであるということも承知し、受け入れていた。 それなのに祭りの日、祭壇に上がった洸の前に現れた水神は中々生贄を喰おうとしない。それどころか、こんなことを言った。 「久しぶりに人と会話が出来るのだ。直ぐに喰ってしまっては勿体ない。色々話をさせてくれ。私を楽しませてくれる分、生が延びるぞ」 そう言って、光を自分の住処へと連れ帰ってしまう。 水神の気まぐれに困惑する洸に、水神は更に訳の分からないことを言い始める。 「今からお前は蟒蛇光逸だ」 「私の名は光逸につけてもらおう」 ――――これは、心を許せる相手のいなかった捨て子と、寂しがり屋の神が異界で互いの孤独を埋め合っていく物語。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間45分

    この作品を読む