プロフィール

ノベルアップ+に参戦(っ `-´ c)マッ!! よろしくお願いいたします! 何か、濃い心理描写が持ち味らしいですわぁぁ!

ブックマーク

一覧

  • 本格異世界歴史ファンタジー

    ♡226,401

    〇16,512

    異世界ファンタジー・連載中・142話 怪じーん

    2020年7月14日更新

    運命に翻弄され【泣き虫の雛姫】と称された、か弱き少女コウカ姫の成長と生涯を描く──。 大陸中央に覇権を握る大国【崇香(すうこう)国】。 その国の姫だったコウカは、若き丞相イ・グルテに全てを奪われ国を追われてしまう。 逃亡中、グルテの策に危機に陥るも、盗賊を自称する集団【臥龍空団(がりゅうくうだん)】に助けられる。 【臥龍空団】で生活するうちに、国王である父親が優しさ故に国民を苦しめていた事を知ってしまいコウカは自分の進む道を一度は見失ってしまう。 しかし、【臥龍空団】首領でもある、ロンの導きにより立ち直り、不完全であるが自分の理想とする国の在り方を【古龍伝承記】から見つけるのだった。 ロンが教えてくれた古の龍の力を求め旅立つコウカ。 宿敵グルテと対峙するが彼の真意を知ったコウカは、お互いの信じる道を進むと決め、次に会う時は戦場でと袂をわかつのだった。 真の理想の国を求め、剣を手に取ったコウカ。 国を裏切り、大恩あるコウカの父を討ってまで、覇道を突き進むグルテ。 二人が戦場で対峙する、その時──天は哭(な)く。 大陸全土に渡るスペクタクルな本格歴史ファンタジー、ここに開演。

  • 「セリフだけ?」「しかも140字」

    ♡596,605

    〇980

    童話/絵本/その他・連載中・407話 中村尚裕

    2020年7月14日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

  • 読んで元気になってくだされば幸いです。

    ♡67,150

    〇10

    童話/絵本/その他・連載中・25話 一陽吉

    2020年7月13日更新

    明るく元気になれるように希望の言葉など連ねてみました。 よろしくお願いします! タイトルロゴは、紅蓮のたまり醬油さんに作っていただきました。

  • 近未来⚔対戦型VRセカイで彼女たちは戦う

    ♡306,123

    〇4,819

    SF・連載中・42話 綾瀬アヤト

    2020年7月15日更新

    ▶▶ VR対戦で勝利と栄光を掴み取れッ! 2029年5月。フルダイブ型VRゲーム《MateRe@LIZE Nexus》のβテスターとして僅か5000人の中に選ばれたアラサーニート女子の主人公リゼ。 リゼは過去の記憶を一部失くしており、それが元で日々を惰性で生きていた。 しかし脳へ直接リンクするフルダイブ技術は時々失われた記憶へアクセス。 直後、過去の記憶が暴走し敵を一瞬で葬る力を発揮する。 以降、最初の暴走を切っ掛けに自分の過去を少し取り戻すが、同時にVR内では悪質プレイヤーにも狙われ出した。 VRとリアルの間で葛藤する日々……そんな時、強くも美しい一人のプレイヤーと出会い、共に戦って少しづつ未来が見えてきた。 やがてリゼたちは戦いの先で、失った過去の原因を知る敵と出会い、ぶつかり合い、千切れ合う程に戦い抜いてゆく。 ――その勝利の先に、望む明日があると信じて。 ✤主人公は現実(女)とVR(男アバター)、2つの顔で物語が進む ✤知恵と技術で死力を尽くすチームバディ型アクションバトル! ✤VRでは銃や剣でライバルたちと戦う対戦メイン ✤リアルは近未来の関東圏が舞台(あの有名スポットも⁉) ※戦闘シーンは主に Phase.2、Phase.4、Phase.7 に収録してます。

  • ちょっとズレた日常を、あなたにも。

    ♡531,015

    〇20,242

    現代/その他ファンタジー・連載中・191話 桜乱捕り

    2020年7月10日更新

    物心が付く前に両親を亡くした『秋風 花梨』は、過度な食べ歩きにより全財産が底を尽き、途方に暮れていた。 そんな中、とある小柄な老人と出会い、温泉旅館で働かないかと勧められる。 怪しく思うも、温泉旅館のご飯がタダで食べられると知るや否や、花梨は快諾をしてしまう。 そして、その小柄な老人に着いて行くと――― 着いた先は、妖怪しかいない永遠の秋に囲まれた温泉街であった。 そこで花梨は仕事の手伝いをしつつ、人間味のある妖怪達と仲良く過ごしていく。 ほんの少しずれた日常を、あなたにも。