プロフィール

男戦士

アンチリア・充

Lv   :14

作品数 :5

ジョブ :男戦士

称号  :第1回ノベプラ大賞2次通過者

アバター:男戦士

レビュアーポイント:0pt

ノベルアップ+に参戦(っ `-´ c)マッ!! よろしくお願いいたします! リライトトライがノベプラ大賞二次突破!

ブックマーク

一覧

  • 異世界だって?! 良し!営業だ!

    ♡36,600

    〇150

    異世界ファンタジー・連載中・47話 早寝早起き

    2020年2月27日更新

    俺は、速水 慎一(はやみ しんいち)。 雑貨を卸す今の会社に就職して早、5年が経った。 中小企業と呼ばれる会社だが、うちの社員は営業上手。主な卸先は、100均等の小売店やホームセンターだ。その中には、有名な会社も名を連ねる。様々な商品を取り扱っており、会社の敷地内に小さな工場もある。そんな会社のモット-は、”顧客満足で会社も潤う”。社員の関係も和気藹藹(わきあいあい)で社内の雰囲気も良い。その日は、朝から雲一つない快晴で、出勤途中に汗をかくほどだった。会社に到着して朝の朝礼時にそれは起こった! 突然、大きな揺れが会社の建物を襲ったんだ!

  • 御曹司が恋したのは、貴族嫌いな少女だった

    ♡95,650

    〇200

    恋愛/ラブコメ・連載中・48話 入鹿なつ

    2020年2月27日更新

    「……貴族なんか、大嫌い」 貴族嫌いの少女ニーナは森林火災に巻き込まれ、伯爵家で保護されることになった。 貴族への反発心を抱えた暮らしの中、共に保護されていた同居人の青年カディーが失踪してしまう。 その日から、少女は “ イヴ ” と呼ばれ、見える世界は一変した。 伯爵家の嫡男エリヤは、ニーナと過ごす日々の中で彼女への恋心を自覚し、思いを伝えるが……。 不器用な御曹司の前途多難な恋の行方は。 そして、“ イヴ ” の意味とは。 世界の秘密を抱える少女と、伯爵御曹司の、マイナスから始まる本格ファンタジーロマンス。 第3章で見える、世界の真実。それが本当の始まり。 ★表紙および本文中のイラスト、画像はすべて筆者の自作です。 ★他サイトにて完結済み作品ですので、最後まで毎日更新します。

  • 蘇れ!愛と絆の王道活劇ファンタジー!

    ♡164,600

    〇4,600

    異世界ファンタジー・連載中・63話 陸一じゅん

    2020年2月27日更新

    むかしむかし。怠惰と強欲を重ねた人類は、神々によって裁かれんとした。 その生く末を巡る戦争によって、丸かった世界は砕かれて、二十の大地と海に別たれてしまったのだそうだ……。 そんな神話から数千年。 二十層に連なる『多重海層世界』。 その最下層、黄昏の国と呼ばれるフェルヴィン皇国には、五人の美しい土エルフの皇子たちがいた。 運命は動き出す。 王城に幽閉されている気弱な末皇子・アルヴィンと、その従者ミケ。 一方そのころ。何ものかによって拉致されてきた魔法使い・サリヴァンと、その相棒、チビで皮肉屋ジジ。 蘇る亡者。 頭蓋骨を奪われた皇子アルヴィン。 魔法使いサリヴァンの抱える大きな秘密。 そして始まった、【二度目の審判】。 死者も生者も入り乱れ、愛と、祈りと、欲望が爆発する! (テーマは、愛と絆と神話と魔法。あと少しの【メメントモリ(恐れず生きよ)】の精神。) (『昔読んだ海外児童書みたいなファンタジー読みたぁい!』から生まれた、泥臭いファンタジー活劇です。) (この世の神話を異世界で再構成。序盤はギリシャ神話がベースです) (テンプレも好きだけど、たまには王道もね! ) (☆が挿絵のあるページでふ)

  • 「セリフだけ?」「しかも140字」

    ♡379,890

    〇725

    その他・連載中・268話 中村尚裕

    2020年2月27日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

  • 真面目なファンタジー小説を書きたくなって

    ♡282,000

    〇11,663

    異世界ファンタジー・連載中・39話 SHO

    2020年2月27日更新

    人間界と魔界が覇権を競い、血で血を洗う戦いを続けていた太古の昔。 両陣営は疲弊し、最後の賭けに打って出た。 人間界では異世界より勇者を召喚し、魔界でも魔王となるべく人材を異世界に求めた。 だが、召喚された二人が親友同士だった事が悲劇を招く。 それから数千年。人と魔の垣根はなくなったが、人間同士が争う世界となっていた。そんな中、互いに反発し合う二人の男。 強大な力を持つ二人は敵味方を盛大に巻き込みながら、バカでかい規模の喧嘩に明け暮れるのだった。 *この作品はアルファポリスにも掲載予定