プロフィール

異世界ファンタジーや恋愛モノを中心に執筆中です。

ブックマーク

一覧

  • 一歩の重さ

    本格将棋小説として執筆したいと思います。

    113,150

    385


    2021年5月11日更新

    最年少四段昇段を期待された長谷一輝は最年少四段昇段は果たせず16歳の秋に四段昇段を決めたものの、プロの壁は厚く、くすぶっていた。これはそんな彼がプロの頂点を目指していく物語である。 この作品は小説家になろうさん、エブリスタさんでも投稿しています。

    読了目安時間:2時間40分

    この作品を読む

  • 北海道ダンジョンウォーカーズ

    北海道が舞台! ガチ目のファンタジーです

    444,684

    4,935


    2021年5月11日更新

    あらすじ箇条書きです。よろしくお願いします。 1、北海道にダンジョンが出現する 2、人が立ち入れず調査不能の為、行政政府はこれを埋める 3、ダンジョン大爆発(後にブローアウト現象と呼称) 4、ダンジョン内のモンスターが札幌の街に溢れ出る 5、ダンジョン内のモンスター数の許容オーバーが原因だと知る 6、ダンジョンに入場できるのは中学生以上高校生以下と判明 7、北海道、ダンジョン特区を申請、国政はこれを受諾、法改正に入る 8、北海道行政は『モンスターに負けない青少年育成条例』を設立、国会はこれを承認 9、以降、少年少女はモンスター退治にいそしむ(1日1人3体を推奨) 10、積極的にダンジョンに通う少年少女をダンジョンウォーカーと呼称 11、ダンジョンウォーカーの少年少女の一部に『スキル』と呼ばれる異能力が出現 12、北海道はダンジョンの安定化に成功 13、北海道ダンジョンの観光地化に成功 14、月日は流れ、ダンジョン出現から20年後、チート主人公登場 15、主人公、消極的に安定化した北海道ダンジョンをひっかきまわしはじめる。 16、果たして結末はいかに…!

    読了目安時間:72時間21分

    この作品を読む

  • 私と異形さん

    異形×高校生の、時代交差のファンタジー

    17,900

    0


    2021年5月12日更新

    高校生加藤さとみはとある神社でサボりをするのが習慣だった。 その日も何気なく、景色を見にやって来たさとみ。しかしそこには先客が……。 頭が灯籠になっている、おかしな存在。俗に言う異形さん。 この異形さんとさとみの出会いは、やがて回りを巻き込んで大きな変化をもたらす。 これは異形さんと高校生の、甘くなければ切なくもない、しかし変わった現代恋愛ファンタジー

    読了目安時間:1時間35分

    この作品を読む

  • 自力で異世界へ!~謎スキルでどん底から這い上がり生きて行きます~

    そんなに異世界は甘くない!

    90,500

    710


    2021年5月10日更新

    子供の頃から異世界ものに憧れ、青春を捧げた青年が自力で異世界に行き、生きていく。 そんなに甘くない異世界でのサクセスストーリー。 ※カクヨムでも掲載中

    読了目安時間:8時間47分

    この作品を読む

  • ゆえに赤く染まった星にひとりとなって

    己の全てを犠牲にしても生きる為に守りぬけ

    430,600

    1,530


    2021年5月8日更新

    阿頼耶識 無悔(あらやしき むくい)はこの惑星を、地球を守る。 たとえそれが自分に課せられた、逃れられない罰だとしても。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む