プロフィール

ゆりすぺしゃる

呂彪 弥欷助

Lv   :18

作品数 :14

ジョブ :ひよこ剣士

称号  :おっかけ

アバター:ゆりすぺしゃる

レビュアーポイント:7pt

ながとら みきすけ と申します。 ★長編小説「女神回収プログラム」を完結させることが、小説を書いていく糧です。応援して下さると喜びます。 ★「ベイスターズ好き」の物かきと周知されるのが夢。夫婦で観戦を楽しんでいます。結婚十年目。 【個人HP】https://mikiske-n.wixsite.com/the-falling-angel ☆ブログや別名義で作成したLINEスタンプや電子書籍(夕霧文庫、いるかねっとブックスより発行)などを載せています。 【Twitter】@mikiske-n

ブックマーク

一覧

  • 『デジタルなラフ』で惹きつけられるか。

    ♡15,000

    〇20

    その他・連載中・44話 あるまたく

    2020年2月21日更新

    お絵描き半年~ 後半の抜粋。 描いている時に考えたことを書いていきます。こんなことを考えてるんだなぁ、程度にお願いします。

  • ノベルアッププラス内のFA置き場です

    ♡35,600

    〇0

    二次創作・連載中・21話 ペケさん

    2020年2月21日更新

    ノベルアッププラス内の作品や、公式キャラのファンアート置き場です。 ※作品に関しては、作者から掲載許可をいただきました。 ※掲載順は許可をいただいた順です。

  • ただ一行で紡ぐ怪談。

    ♡621,971

    〇5,310

    ホラー・連載中・292話 水沢ながる

    2020年2月21日更新

    吉田悠軌・著『一行怪談』にインスパイアされて、自分なりに作ってみたワンセンテンスの怪談。 元になった本には「一行怪談凡例」というものかある。 ・題名は入らない。 ・文章に句点は一つ。 ・詩ではなく物語である。 ・物語の中でも怪談に近い。 ・以上を踏まえた一続きの文章。 なるべくこれに沿うようにしているつもり。 気が向いた時に更新します。 この作品は、他サイトでも公開しています。

  • 究極の群像劇を貴方に

    ♡15,000

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・7話 早瀬史啓

    2020年2月20日更新

    戦争を文明ごと終局へ導いたという大いなる遺産、鉄女神。 その継承者であり、小国アル・カマルの第二皇子でもあるルシュディアークは、義姉のイブティサームを殺した咎で皇位を剥奪され、国を追われてしまう。身分と名を偽りながら逃亡を続ける彼に差し向けられる故国からの刺客。 その中には、鉄女神を狙う隣国からの刺客も混じっていて……。 鉄女神を巡る運命が、今、廻り始める。 ●登場人物 ルシュディアーク:主人公。権力を剥奪されたアル・カマル皇国第二皇子。 ウィゼル:白い竜を駆る荷運びの少女。 アサド:流民の大男。 イスマイーラ:ルシュディアークに付き添うアル・カマル皇国軍の兵士。 ハリル:ルシュディアークと親しい北カムール領主の息子。 アズライト:遺跡で眠っていた女性。

  • 有名どころからニッチな話まで紹介します。

    ♡26,050

    〇150

    エッセイ/コラム/評論・連載中・51話 ちょろけ

    2020年2月19日更新

    *しばらく不定期更新にさせていただきます。 グリム童話。 『白雪姫』『シンデレラ』など、小さい頃に絵本で読んだ方も、シーやランドなどの某アミューズメントパークが好きな方も大勢いらっしゃるでしょう。 また、「本当は恐ろしい」「グロい」物語があるとご存じの方もおられると思います。 グリム童話は、ドイツ人のグリム兄弟が、ドイツ各地で色んな人から少しずつ集めた物語を、これまた少しずつ直したりして世に出した童話集です。 ここでは、類型や違うお国の似ているお話、民俗学などもちょこちょこ踏まえながら、グリム童話の物語を解説していきます。 以外とエグかったり、素朴だったりする物語は、代表的なものは勿論のこと、マイナーなお話も興味深いものです。 サイコパスな王様や、魔法も使えないのにやたら恐ろしい継母、喋る動物や冒険する旅人など、民話や童話は現代のファンタジーに通じるような、どきどきわくわくする面白さに満ちています。 どうぞ、気になった題名からお読みください。 淡々としていますが一応残酷描写、暴力描写がありますので、ご注意をば。 お話の内容に何か質問などございましたら、コメント欄でできる限りお答えしますので、どうぞお気軽にお問い掛けくださいませ! 尚、物語の引用は、偕成社文庫1980年初版『完全版グリム童話集』矢崎源九郎訳 からお取りします。