プロフィール

ゆっくりのんびり書きます。 気長に待っててください。 投稿した小説はたくさん書き直ししちゃうので気が向いたら読み直してみてください〜〜。おそらく変わってます。 載せてる絵は全部自作。下手です。ニュアンス(?)だけ伝わればと思います。

ブックマーク

一覧

  • ラノベとライト文芸の間。

    ♡5,600

    〇100

    現代/青春ドラマ・完結済・43話・112,179字 ヒロユキ

    2021年2月20日更新

    自身の平和を心底愛している高校生、柿原柊太。彼は他人の悩みの種を見ることができる。 種は芽になり、苗になり、花になる。それにより悩みの大きさが分かるのだ。 校則により退部になった柊太は、新しい部を探していた。所属部が見つからなければ、退学。それが学校のルール。 新しく設立した部へ見学に向かうと、超絶美少女の転校生、吉野陽香が『色別』というおかしなことをしており――。 柊太の能力を知った陽香は、彼を部へ勧誘する。が、柊太はそれを拒否。 次の日には、柊太のある噂が学校中に蔓延していて――。 *毎日20:00更新!*

  • 俺の自慢の弟、ではありません。

    ♡16,500

    〇164

    ホラー・完結済・7話・8,750字 熊乃しっぽ

    2021年2月12日更新

    俺の弟はもてる、らしい。 本人がそういうのだからそうなのだろう。 中学から6年間、俺はそんな話を毎年バレンタインになると聞かされる。 どうか、俺と一緒に弟の自慢話を聞いてくれ。 2021年2月13日:誤字脱字、用法間違い等修正しました。

  • 新年幕間投稿しました!吸血鬼×少女!

    ♡43,900

    〇50

    恋愛/ラブコメ・連載中・22話・41,746字 ノザキ波

    2021年1月6日更新

    「君はかわらないな」 優秀だが傲慢でもある吸血鬼の青年キイチ・ブラッド(18)は7年ぶりに故郷アンヴァンへと戻ってきた。 喧嘩別れしたきりだった婚約者、人間の少女エリカ・ストレンジャー(17)と正式に婚約関係を結ぶためである。 この婚約には、両種族友好のアピールという目的があった。 アンヴァンでは節目を迎え、人間側でも吸血鬼側でもテロ活動が横行している。 友好のシンボルとなったキイチとエリカは何度もテロリストから狙われることになるのだった。 人のほかに吸血鬼の存在する世界。 吸血鬼は牙と身体能力で人間を襲い、人間は吸血鬼に対抗するため呪術を編み出した。 長く敵対してきた両者だが、双方の未来のため吸血鬼と人間との間に和平協定が結ばれ、両種族の恒久の友情を誓ってイル・アンヴァン学院が建立された。 敵対から共存へ歩みだして100年を経てなお、人間にも吸血鬼にも相手を滅ぼすべきという過激派が多く存在していた。 この小説はカクヨム、ノベリズム、小説家になろう、アルファポリスにも掲載しております。

  • これは、僕らの旅の記録である。

    ♡9,600

    〇50

    現代/その他ファンタジー・完結済・1話・5,766字 春クジラ

    2020年12月13日更新

    ある朝目覚めたら、世界から人が消えていた。 人々の生活音が一切聞こえなくなった街に、一人取り残された僕。止まったままの車や電車。伸び放題の雑草。会社員だった僕は、ある日一人の少女に出会う。 彼女の名前はシノ。彼女には不思議な力があった。 これは、僕と彼女が消えてしまった人々の思い出を辿る、旅の記録である。

  • 二人の少女の運命が、再び交錯する。

    ♡28,150

    〇230

    異世界ファンタジー・完結済・7話・28,042字 木立 花音

    2020年1月31日更新

    燃えるような赤い髪も。 綺麗な輝きを放つ翡翠色の瞳も。 全ては私の、憧れだった―― 魔法と錬金術によって栄えている島トリエスト。 その西方地域にあるエストリア王国の港街に、カノンという名の少女が住んでいた。彼女の夢は、魔法使いになることだった。そう――過去形だ。 閉ざされた自身の夢は、代わりに親友で『あった』少女が叶えていた。 魔法使いとして成功した少女、コノハ。 魔法使いになる夢を半ばで諦めた少女、カノン。 二人の少女の運命は、一つの指輪を切っ掛けとして、再び交錯することになる。 ※元々は、某ファンタジーTRPG用に書き下ろしたシナリオの小説化作品であり、最初期の作品の一つです。登場人物は大半が友人のプレイヤーキャラクターです。 そのままだと二次創作作品となってしまうため、世界観はオリジナルの物に差し替えています。 ※表紙画像は、うしお様のフリーアイコンを使わせて頂きました。