プロフィール

流手と申します。 好きなジャンルはファンタジー。 宜しくお願いします。

ブックマーク

一覧

  • 境界線上の魔王

    戦い、抗い、少年少女は未来へ進む。

    6,087,090

    290,793


    2022年10月5日更新

    ヒトとヒトならざるモノが息づく大陸、アルティア。 ある日、この大陸を東西に横切る大河が、天を貫く魔法の壁に姿を変えた。 近づくものの魔力を命ごと飲み込んで佇むその壁は、のちに『境界線』と呼称され、長きにわたって異種間の交流を断絶した。 境界線を恐れたヒトは、許可のない渡航を厳罰化し、この魔力に抵抗しうる才のある者に『聖騎士』の称号を与えた。 ……時は流れ、現代。 行方知らずとなっていた先代聖騎士の捜索のため、聖騎士クリスティアが三度目の渡航を終えた、その日の黄昏時。 凱旋式の喧噪のさなか、彼女はひとりの剣士と対峙することとなる。 ※ダークファンタジーですが、一部を除き人物が直接的に死ぬ描写はありません。 ※表紙絵は雪丸ぬん様制作。無断使用および転載はおやめください。 ※小説家になろう様にて、同様の内容で掲載させていただいております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間19分

    この作品を読む

  • Re:D.A.Y.S.

    一人の少女を救うための異世界ファンタジー

    673,061

    12,364


    2022年5月8日更新

    足音、車のエンジン音、カラスの鳴き声。草の匂い、魚の焼けた匂い、香水の香り。 体を包む熱、服がこすれ合う感触、肌を撫でる風。電柱を照り付ける夕日、長く伸びた影、 闇に染まっていく空。そのすべてが調和したこの平凡な世界に、自分という人間は存在する。 今日も何事も無く、家へ帰り、風呂に入って、飯を食べて、寝るのだろう。 それは、もう決まりきったことだ。だから、今日という日が何か特別な意味を持っているというわけではない。たぶん明日だって、明後日だって、一か月後だって、一年後、三年後だって、自分を取り囲む環境や状況は変わったとしても、本質は変わることは無いと思う。それが良いことなのか、悪いことなのかは分からない。ただ、この世界が、そういう風に出来ているだけのことだ。そんなこと、当たり前で、何気ない普通の出来事だと、そう思っていた。 はずだった。 気が付くと、そこは森の中。何故か記憶喪失となって目覚めたユウトは、どこか見覚えのある仲間と共に、自分は剣士として行動していた。わけも分からず付いて行くと、未知の化物と遭遇し、ユウトたちは危機に瀕してしまう。なんとか切り抜けることができたものの、ユウトは気を失ってしまった。 次に目が覚めた時は、いつもの教室。何事も無く笑い合う仲間を前に、ユウトは違和感を覚えるが…? それは、これから始まる物語の、序章にすぎなかった。 これは、二つの世界が交錯する、たった一人の少女を救うための異世界ファンタジー。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間51分

    この作品を読む

  • 魔王様のホストクラブ作り!……に振り回されて大変です!

    へっぽこギャグファンタジー!

    3,466,988

    39,437


    2022年4月4日更新

    略して【まおホス!】 伝説のホストだった異世界からの転生者、魔王によるちょっと変わった人界征服物語。 かつて魔王に拾われた魔族の孤児ニーナは魔王から人界征服の命を受ける。 「つ、ついに人界征服ですね! 魔王様の力を見せつけてやりましょう!」 「いや、俺TUEEEE! はもうお腹一杯だからさ、俺はホストの帝王になるぜ!」 勇者のいない平和(?)な世界で「魔族の王」として君臨する魔王。 海で隔たれた人界をホストクラブで征服する! という魔王の無茶振りから始まるギャグファンタジー! オラオラ魔王様と、おネエ、厨二病、マッドサイエンティストなど濃いメンバーに振り回される、魔法だけはすごい人見知りへ ニーナ出生の秘密と、魔王による人界征服計画の真の目的とは。 そしてホストクラブ作りだけのはずが、ダンジョン経営したり獣人やドワーフ、エルフまで巻きこんでいく事に……! 人族と関わり徐々に深掘りされていくキャラ達。姿形の違う魔族と人族、果たしてその心までも違うのか? ラストは切なくて笑えるハッピーエンド! 異世界ホストクラブ経営が楽しめるのと、ニーナと一緒に読者さんが振り回されるお話です! モブだって人生がある。章が進むごとにモブキャラですら輝く物語、それが「まおホス!」 バトル? ホストクラブで熱いバトルが繰り広げられます! 主に三章、四章。 二章、四章は経営モノとしてお楽しみ頂けます。 完結後に読み返したくなる予定。 【HJ小説大賞2020二次通過】【HJ小説大賞2021一次通過】 ※第一章はサクッと進みます。ほぼ処女作なので描写不足がありますが、三章からかなり改善してきていると思います。ホストパート本番は三章からです。 ※四章ラストで一つの山場を迎えますので、四章まででもお楽しみいただけると思います。 ※今は21時過ぎまでに投稿、週2~3更新です(お休みは後書きで事前告知します)。 ※ポイント無しでもスタンプ、ビビッと、感想、とっても嬉しいです(∩´ω`∩) お気軽に! 小説家になろうさんでも連載してます。 素敵な表紙・イラスト著作:Dermar様 Twitter @dermar_gg 転載・無断使用・自作発言等禁止。 セルフレイティングは念のための保険です。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:26時間42分

    この作品を読む

  • 黄昏後のフロンティア

    無職のお侍さんは異世界を征く!

    147,000

    3,542


    2022年4月3日更新

    遡ること三百五十年前、地上に凶斗(まがと)と呼ばれる異形の者が現れた。 凶斗は人間を襲った。 凶斗に対抗するため、一人の人間が組織を作った。それが凶殺界(きょうさつかい)だった。 約二百年に渡る長き抗争の後、凶殺界は遂に凶斗の首魁を破り、凶斗を一掃するに成功。地上に平和が取り戻された。 それは同時に、凶殺界の解散も意味していた。 頭首から解散を宣言されたその時、凶殺界最高戦力の一人であった和宮八雲(かずみややくも)は気付くのだった。 「あれ、これ、僕達、失業したがじゃ?」と。 翌年、八雲の姿はとある街にあった。 元組員の男児、羽衣(はねい)と共に生活を送っていたが、生まれてこの方、凶斗との戦闘しか学んでこなかった彼は、普通の生活を送ることすら困窮していた。 そんな彼らの前に凶斗の気配が漂ってくる。 一年ぶりに生き甲斐を見い出した八雲は凶斗と交戦するうち、月の映る池に飲み込まれてしまう。 そして目が覚めたその時、彼らの前には、異世界が広がっていた……。 ※とりあえず不定期更新中です! ※まんまどっかで見た系の設定じゃね?からの~展開となっております! どっかで見た設定はわざとです! ※和風から始まり異世界に転移するため、カタカナ言葉も冒頭から多用されております! 表紙画像はPicrewの「いつも月夜は米の飯」様で作成させていただきました。 https://picrew.me/image_maker/1369676

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間47分

    この作品を読む

  • 絵描きの元兵士と新米編集者達の旅路記録帳(仮)

    人間心理に重点を置いた異世界物語

    166,367

    1,979


    2022年2月15日更新

    ヤ―オン・ウェイは、ベルダー孤児院に所属する子供だった。彼は、幼き頃から絵を描くことが好きだった。 そんなある日、彼はベルダー孤児院に所属することとなったグレア・ライタスという女の子に出会う。 彼女は、話すことが出来ない少女だったが、絵を見る洞察力の高さがあった。 ヤーオンはそんな彼女に興味を持つのだが、彼女は大きな秘密を抱えていた…… 事件を終え、成長し続けたヤーオンは、国の規定に則り十四歳でベルダー孤児院を離れ、軍事学校に所属する。 彼は、魔法や超能力といった特別な才能を持っていなかった。 しかし、彼には幼少期に培った努力する精神力があった。自らの能力を活かし豊富な知識と柔軟な発想力、緊急時に問題に対処する力を身に付けた彼の姿勢は、様々な人へ影響を与えると共に教職員から認められるようになる。 そんな彼は、努力が認められ渇望していた国境防衛課へ在籍することに成功する。 彼の人生は順調だった。このまま努力していけば、より良い立場に上がれるだろうとすら言われていた。 一つの失敗をしてしまうまでは――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間15分

    この作品を読む

  • 東逝のサキ〜小さな僕の大きな旅袋〜

    最果ての景色を、いつか僕の手の中に──

    46,900

    260


    2021年12月17日更新

    英雄リーベルトは言った。 「この大地は繋がっていた」 それから数百年。 その証拠は依然として見つからず、無知か夢想家のみが語る戯言となった…… ───────────────────────────── 森の中で最愛のじいちゃんと二人、ひっそりと暮らす。そんな日々がずっと続くものだと信じて疑わなかった。 しかし、そんなあたりまえの日常は唐突に終わりを迎える。 世界の摂理すら凌駕する秘宝、特異叡智。 現代の英雄だった祖父が遺したものは、そんな特異叡智の一編『錬金術師の知嚢』だった。 そして少年は旅に出る。 祖父と師の想いを背負って向かうは東。 少年・サキが踏み込む世界はあまりに広く、美しく、そして冒険に満ち溢れている。 その先に見るものは、残酷な世界か、最果ての叡智か。 それとも── ───────────────────────────── コンセプトは「強化アイテムで少しづつ強くなっていく物語」 ※異世界転生モノではありません。 ※初めは地味な展開が続きますが、徐々に派手になる予定です。 ※表紙画像は自作です。Twitterでは線画等も公開しているので、宜しければフォローお願いします。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間10分

    この作品を読む