プロフィール

こんにちは、つくのひのと申します。 コメディっぽいものを多く書いております。 短編が多めです。 たまにポエムも書いてます。

ブックマーク

一覧

  • 活動報告という名のお絵描き練習帳

    執筆の合間にまったりイラスト書いてます。

    183,900

    282


    2021年9月21日更新

    お絵描きとともに活動報告らしきものを始めてみました。 作者の落書きがメインで、文字は少なめ。ほぼ眺める感じとなっております。 お気軽にのぞいてみてください♪

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

  • 三匹のカエルと七人の闇堕ち姫~女の子が異世界で生き残る為の七つの方法~

    カエルと少女の異世界戦記

    202,800

    36,570


    2021年9月21日更新

    ※各話に不定期ですが挿絵を新たに描き下ろしております。 更新はTwitterにて報告させていただいております。https://twitter.com/azuemu 『シオリは姫神に転身し、他の六人の姫神と戦うことにした』 ある日、女子高生のシオリは山中で目を覚ます。 そこで勇敢なアマン、怪力のウシツノ、博識のアカメという三匹のカエルと出会う。 魔女によればシオリは七人の姫神の一人、白姫としてこの地に降臨したらしい。 同じく獰猛なトカゲ族の元には、女子大生のレイが黒姫として降臨していた。 姫神の力は人智を超える。 降臨した姫神を利用しようと各地で戦争が勃発。 カエル族はトカゲ族の襲撃により、あえなく滅亡してしまうのであった。 北のクァックジャード騎士団の赤き鳥タイランの助力を得て、三匹のカエルとシオリはトカゲ族、そして黒姫レイと戦うことに! 裏で暗躍する金眼の魔女オーヤ、そして火竜の力を宿す紅姫アユミの暴走! 主役級キャラ目白押しの戦略群像劇。 やがてシオリは勇猛な騎馬民族を率い、レイは亡者の群れを生み出す。 銀姫は女帝国家を統べ、紅姫はハイエルフ、藍姫は異形の戦闘怪人どもを戦線に投入する。 愛を求めた桃姫は孤独に涙し、囚われの身の金姫は終わらない磔の刑に呆然とする。 日本から転移した七人の女それぞれの生き残る方法とは。 そして〈力〉〈智慧〉〈心〉の三柱による姫神システムの真意が解き明かされるとき、人類にひとつの道標が示される。 この作品は「小説家になろう」にも掲載しております。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:26時間45分

    この作品を読む

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    江戸時代初期の江戸が舞台のファンタジー

    1,633,210

    4,835


    2021年9月21日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神(ししん)……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間45分

    この作品を読む

  • 優ちゃんブログ

    ブログで、お話しませんか?

    337,050

    1,379


    2021年9月20日更新

    まずこちらは、ブログです。 創作活動のことで、たくさんの方とわちゃわちゃお話しできる場を目指してます。 また、私が作家デビューしましたので、そちらの告知や作家デビューに関する具体的なお話もしていこうと思ってます。 私の経験したことを伝えることで、少しでも誰かの何かの役に立てばとても嬉しいです。

    読了目安時間:40分

    この作品を読む

  • ねりいろとんねるエフェクティア

    いかだとカメラとダンゴムシ。夏の終わりに

    73,100

    460


    2021年9月11日更新

    ぼくはダンゴムシ。いえす、ダンゴムシ。 いかだに乗ってケイリュウくだり。ケイリュウというより、ダクリュウくだり。 同乗者は、見知らぬ女の子と、しゃべるカメラ。うるさいカメラと、不思議な女の子。 岸は遠い。 そもそもぼくは、どうしてここにいるんだろう? いかなくちゃいけない場所が、あったはずなのにーー “ これはある夏の終わりの幻想 ” (短中編作品。全13,000字/9話完結。毎日更新)

    読了目安時間:29分

    この作品を読む