プロフィール

小説をWEBに上げ始めて、四年目! 流行りに乗るより、ちょっと毛色の変わった作品を書く方が得意なひねくれ者です(笑)! 色々なジャンルの作品を書いておりますので、宜しければご一読を! ※主なコンテスト成績 ・『ダイサリィ・アームズ&アーマー営業日誌〜お客様は神様ですが、クレーマーは疫病神です!〜』  第一回ノベルアッププラス小説大賞一次選考通過  第八回ネット小説大賞最終選考進出  第九回ネット小説大賞一次選考通過  HJ小説大賞2020後期最終選考選出 ・『甲斐ノ副将、八幡原ニテ散……ラズ』  第二回ノベルアッププラス小説大賞一次選考通過  HJ小説大賞2020後期一次選考突破 ・『好色一代勇者』  HJ小説大賞2020後期一次選考突破 ・『想い人が、俺と幼馴染の親友との仲を誤解してしまっている件……orz』  HJ小説大賞2020後期一次選考突破  第九回ネット小説大賞一次選考通過

ブックマーク

一覧

  • 厄災の姫と魔銃使い

    私の初の小説。のリメイクです。

    22,820

    130


    2022年9月28日更新

    ★毎週水曜・最終水曜は二話連続投稿 🌟【HJ大賞2020後期1次選考通過】 *水曜日が月に5回ある場合は一話ずつとなります。 *10月中旬より「小説家になろう」でも掲載中。 *11月14日より、投稿時間を水曜日の正午12:00に変更いたします。 何気ない平凡な村で暮らす変わった星の瞳の少女エリー。 彼女にはひと月ほど前の記憶がない。 そんな彼女の前に現れたのは一挺の銃を持った一人の青年クロト。 クロトの語るひと月ほど前に起きた一国の崩壊事件。第一皇女であったエリーはその事件の元凶となった世界の天敵【厄災の姫】である。 訳ありなクロトはエリーを必要とし、エリーはクロトと共に……。 情のない魔銃使いと、呪われた少女。 突き放し、それでも寄り添い、互いは共に旅をする。 例えすべてが敵でも、それが世界でも―― ――【好意】は【偽善】ですか? 【愛情】は重荷ですか? 【愛情】を捨てれば楽になれますか? 互いが互いを必要とする二人の複雑関係ファンタジー。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22時間31分

    この作品を読む

  • 空色のサイエンスウィッチ

    一人のエンジニアは魔女となって世を救う。

    273,335

    142


    2022年9月28日更新

    〈現在、第三部連載中〉 『科学の魔女は、空色の髪をなびかせて宙を舞う』 高校を卒業後、亡くなった両親の後を継いで工場長となったニ十歳の女性――空鳥 隼《そらとり じゅん》 彼女は両親との思い出が詰まった工場を守るため、単身で経営を続けてはいたものの、その運営状況は火の車。残された借金さえも返せない。 それでも持ち前の知識で独自の商品開発を進め、なんとかこの状況からの脱出を図っていた。 そんなある日、隼は自身の開発物の影響で、スーパーパワーに目覚めてしまう。 その力は、隼にさらなる可能性を見出させ、その運命さえも大きく変えていく。 持ち前の科学知識を応用することで、世に魔法を再現することをも可能とした力。 その力をもってして、隼は日々空を駆け巡り、世のため人のためのヒーロー活動を始めることにした。 そしていつしか、彼女はこう呼ばれるようになる。 魔法の杖に腰かけて、大空を鳥のように舞う【空色の魔女】と。 ※この作品の科学知識云々はフィクションです。参考にしないでください。 ■なんかSFジャンルの日間ランキングで、最高2位になりました。 ■表紙画像は美風慶伍様より。この場を借りてお礼申し上げます。 〈追記〉 HJ2021後期にて、一次選考を突破いたしました。 2022/5/26 第一部(225話まで)が完結しました。 2022/8/11 第二部(356話まで)が完結しました。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:42時間23分

    この作品を読む

  • ドラゴン戦役

    ドラゴンを主軸とした超大型ファンタジー‼

    217,700

    33


    2022年9月25日更新

    この作品はドラゴンをメインに据えた、自身初の超大長編ファンタジーです。 約二〇〇〇年前、人類は滅びの道を選んだ。人類は核兵器と呼ばれる恐ろしい兵器を用い、自滅した。そして放射能により、恐ろしく巨大な化け物を生み出した。鳥たちの一部が変異を遂げたのだ。さらなる太古に存在していたとされる恐竜が、その姿を鳥へと変えて生き延びたように、今度は恐竜よりもっと恐ろしい怪物、ドラゴンへと姿を変えた。その結果人類は、その数をおよそ全盛期の一〇〇分の一以下にまで減らしてしまったのだ。 人類はドラゴンによって空を支配された。制空権を失った。 人類は異形の者によって海を支配された。制海権を失った。 ドラゴンが支配する空域”レムレース空域”には、ドラゴン達を束ねる強大な闇のドラゴンが存在する。 闇のドラゴンはドラゴン以外の種族を消し去ろうとした。しかしそれに反対したのが、四体の偉大なドラゴンだ。 光のドラゴン”レフレオ” 炎のドラゴン”エタンセル” 水のドラゴン”アルウェウス” 風のドラゴン”ブリューム” 彼ら四体の偉大なドラゴンは、闇のドラゴンの考え方に反対し、それぞれ地上に降り立った。そして彼らは地上の人間達を守護するため、空のドラゴンたちが地上にやってこないように、共同で結界を張った。地上と空をわけたのだ。 人類は四体の守護竜に守られながら、非常に長い時間をかけて四つの国を作り、それぞれの守護竜の名前をその国名とした。 そんな中、神話に登場する光の後継者の名を継いだ男、ハンス・ロータスは、守護竜の血を引く相棒、四足竜レフレオと共に、空と海の主導権を取り戻すための戦いに身を投じていく。 これは神話の名を継いだハンスと、守護竜の血を引くレフレオの、人類の存亡を懸けた冒険譚! 金土日の週3日更新でやっていきますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間40分

    この作品を読む

  • 一万字まで小説読ませてください

    私の寿命が尽きるその日まで続けます

    2,786,849

    8,215


    2022年9月25日更新

    2020/10/10 200話記念により表紙がつきました。 志茂塚ゆり様、ありがとうございます!! 基本は書き手の私ですが、自分に足りないものを補うため、色んな思いやその中に隠されたものを理解しくみ取る能力を身に着けたくて隠れた名作を読んで学んでいきたいと思っています。正直者ゆえ、酷評になってしまいがちな可能性はありますが、それでもいいですよ!という心優しい方の作品をお待ちしています。もしかすると、勝手に読んで勝手に感想の時もあるかもですが、そのへんは許してくだされ…… 皆さまの素敵な作品をお待ちしています。よろしくお願いいたします。 *** ※200話以降のエピソードは「次へ」のボタンを押さないと開けません。 201話以降のエピソードを探す際はお手数ですが次のページを開いてくださいね! ※何度か自主企画の運営をお手伝いor企画を立ち上げる、といった回数が多くなりましたので、読書順番票の次のエピソード、『4話』に参加する企画、主催する企画などのお知らせを残していくようにいたします。終わった際はお礼を述べた後に<非公開>させて頂きます。 作品紹介と共に、よろしければチェックしてみてくださいませ。

    読了目安時間:12時間26分

    この作品を読む

  • ダンシング・ウェポン

    それは、武器を持たない戦士…!

    164,200

    3,499


    2022年9月25日更新

    80年代のアメリカの街、メンフィス。空前のダンスブームのこの街では、鍛え上げられたブレイクダンサーたちがスケボーで走り回り、建物間を飛び回る。喧嘩、場所取り、異性へのアピール、どんなことも踊って決めるのが彼らの風習。 その中で、トップクラスのB-boyとして腕を振るうスパイクは、謎の少女フレアの紹介により、大男赤蜂とバトルすることになる。しかし、彼女にはある秘密があった…。さらに、B-boyたちを蝕む陰謀が、徐々に明らかになる…! 自身の欲望や名誉のために交錯するダンサーたち。これは、この時代に生きた若きダンサーたちの、プライドと葛藤を描いた物語! ※ダンスの知識が無くても楽しめます! ※今作は一部、実在する場所や建物の名称を使用していますが、物語そのものはフィクションです。ダンサーのしきたりや街での抗争も創作であり、実際のダンサーの行動様式とは異なります。それを理解した上でお楽しみください。 表紙絵、作中挿絵は自作しております! 使用アプリ:ibisPaint X

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間19分

    この作品を読む

  • 火葬屋ジッポ

    ジークンドー遣いの火葬アクション

    408,200

    1,380


    2022年9月22日更新

    「たとえこの街でも、死んだ人間は生き返らない。決してだ」 死んだ人間がキョンシーへと転化し、生きた人間を襲う街――チャイナタウン。一九九七年から世界各地の都市がチャイナタウン化する中、二〇〇〇年に日本で初めてキョンシー転化現象が起きたのは、横浜でも神戸でも長崎でもなく、池袋だった。 そして二〇〇六年、両切り煙草”パーカッション”をこよなく愛飲する火葬屋ジッポと、キョンシーでありながら”魂”を持つ少女リュィ、池袋駅北口辺りに位置する雑居ビル――比良坂ビル五階に居を構える二人は、閑古鳥を飼いながら、少ない依頼をこなし、キョンシーの火葬に明け暮れていた。 そんな彼らの許に、ジッポの師であり、リュィの母でもある黄燐――一年前に死んだ彼女の陰とも言える男、デュポンが現れる。 これは、死を覆された街で巻き起こる、死者を想う物語《メメント・モルトス》。 ※この物語はフィクションです。実在の人物、団体とは関係ありません。また、この物語はいかなる政治的意図も持たず、実在の人物、団体、民族、国家などを誹謗中傷する意図はありません。 ※この作品は、喫煙を推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間26分

    この作品を読む