作品

次へ

  • 荒ぶるピーマンを勇者に育てる教育講座

    勇者は今日もせっせと無断で畑の草を刈る

    1,450

    0


    2019年8月29日更新

    ログリフト王国に住むレンは、仲間から勇者失格の烙印を押されてパーティを無理矢理解散させられた経歴を持つ元勇者である。 現在の彼の肩書きは、召喚勇者専属の指導講師──この世界に召喚されたばかりで生き方や世間の常識など何も知らない無知な召喚勇者を一人前の勇者に育成する教師だ。 今日、新たに国が召喚した一人の勇者を育成する使命を仰せつかったレンは、自分と同じ惨めな思いをする召喚勇者を二度と生み出さないという決意を胸に秘めて勇者と顔を合わせるが……その勇者はレンと同じ日本からやってきた、想像を遥かに絶する思考回路の持ち主だった! 勇者が持つ究極のゲーム脳が生み出す考えに基づいた行動は、予想の斜め上どころか大気圏をぶっ飛んで次元の狭間に飛び込むレベルの珍行動。その行動は周囲の人間を否応なしに巻き込んで大騒動へと発展していく──レンは、勇者をただの荒ぶるピーマン(能無し)から一人前の人間らしい勇者に育て上げることができるのか? 勇者失格の烙印を押された元勇者の指導講師と人間であることすら疑われる勇者の卵の間に繰り広げられる『勇者が勇者になる前の物語』、開幕。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間50分

    この作品を読む

  • 三十路の魔法使い

    おっさんは魔法を駆使して日常を満喫する。

    67,350

    210


    2019年8月28日更新

    ずっと想いを寄せていた会社の上司に思い切って告白した六道春。しかし想い人から返ってきたのは、八年もの間付き合っている恋人がいるという告白だった。 失恋した春は自棄酒を呷りながら自宅への道を歩く。その途中で不自然に凍っている水溜まりを見つけ、腹いせにその氷を踏み砕く。すると急に意識が混濁して、次に覚醒した時には彼は見知らぬ場所に立っていた。 春を出迎えたのはアルカディアと名乗る酒飲みの女神。彼はアルカディアに魔法の力を授けられ、追い出されるように異世界ツウェンドゥスへと降り立った。魔法が当たり前のように存在するツウェンドゥスでは、魔法を使えることなど自慢でも何でもない──はずなのだが、春が授かった魔法の力は、他の魔法使いの力を遥かに凌駕するとんでもないものだった。 これは、女神に最強の魔法の力を授けられたおっさんが異世界生活を満喫しながら時々世界の危機を救ったりする、日常と冒険の物語である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:18時間7分

    この作品を読む

  • アンチエシクス・ノート

    その逸話、決して関わるな

    1,000

    0


    2019年8月15日更新

    一話完結型、いわゆるオムニバス形式の短編集。 ジャンルは散々悩んだ挙句SFとしていますが、後で変更するかもしれません。 ファンタジーだったりホラーだったり色々とごちゃ混ぜに詰まっています。 何処から読んでも構いませんが、タイトルが示す通りに「アンチエシクス(反倫理的)」な話ばかりですので、基本的にどの話もメンタルをぶっ壊すような結末しかございません。 お手に取る場合は、相応の御覚悟を。 気が向いた時にしか更新しませんので、御了承下さい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:48分

    この作品を読む

  • アルキューレの心臓

    男だけのその世界で青薔薇は女として花咲く

    300

    0


    2019年7月28日更新

    謎の現象によって女が死に絶え、男だけしか存在しなくなって久しい、その世界。 そこでは『母』と呼ばれる唯一子孫を産み落とすことができる存在を巡り、戦争が繰り広げられていた。 『母』を擁し世界の全てを掌握して支配下に置こうと目論む軍事帝国アルガリア。 アルガリアに対抗して同盟を組んだ四つの国家からなる連合軍ミルヴィーヴス。 膨大な兵力と多額の軍資金を費やして開発した機械兵器を主力に戦う連合軍に対し、帝国軍は架空の物語上の存在でしかないと言われていた魔術の力を機械に融合させて新たに生み出した『魔機』に魔術の力を自在に操る人間『魔術師』を戦力として戦場に投入し、少ない兵力で連合軍と互角以上の戦いを演じてみせた。 戦況は帝国軍の優勢に傾き、連合軍に与する諸国は帝国軍によって攻撃され、滅ぼされていった。 連合軍に所属する特攻兵の少年、ネロ。 彼は帝国の首都に攻撃を仕掛けるべく空を飛んでいたところを、帝国が放った魔術師の手によって撃墜される。 同じ軍に所属していた親友を失い、瀕死の状態で帝国領内のある場所に乗っていた小型艇もろとも墜落した彼は、そこに住んでいた一人の青年に助けられる。 その青年は、帝国に魔術の力を与えて現代の戦争を勃発させるきっかけを作った張本人。己の心臓を対価にたった一度しか魔術を使うことができない、始祖の魔術師の一族だった──

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

  • 雇われ人ジルの憂鬱

    重宝されると使い潰されるは同義語である。

    1,200

    0


    2019年6月16日更新

    もしも異世界にブラック企業が存在したとしたら? そこで働く雇用人は、何を考えているのか? これはそんな世界の片隅で紡がれている、とある一平民の呟きである。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 衰弱勇者と災禍の剣

    それは少女が冒険者に成長するまでの物語

    11,620

    0


    2019年6月13日更新

    それは、異界に住む魔族との争いが終わった後の時代。 地上の国々が分裂し、領土拡大のために戦争を繰り返すようになった頃の時代。 かつて魔族と戦い、世界を救った英雄であるレオン・ティルカートは、現在は勇者の肩書きを捨てて辺境の街で新米冒険者を育成する指導教官として冒険者ギルドで働いていた。 そんな中、彼の元に近くの森に落下した彗星の調査の依頼が舞い込む。 調査のために現地に赴いた彼は、そこで一人の少女を発見する。 記憶を失った少女に残ったたったひとつの記憶「水晶が煌めく場所」を求める少女に、その場所へ向かう力を与えるため、レオンは彼女を一人前の冒険者として育てる決意をするのだった。 これは、魔族の呪いを背負って徐々に力を失い死にゆく元勇者が、破壊兵器である記憶を失った少女を冒険者に育て上げる日々の様子を描いた「旅立ちの前」の物語である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間50分

    この作品を読む

  • 孤高の死神

    その能力は絶望の象徴か、それとも救いか。

    2,600

    0


    2019年6月13日更新

    世界を震撼させた魔王は、英雄たちの手によって討ち果たされた。 魔王がいなくなった後も世界各地を徘徊している魔物たち。それを駆除するために日々武器を手にして戦い続けている冒険者たち。現在の世の中は、彼らを中心に本当の平和へと向けて少しずつ形を変え始めている。 一流の冒険者になることを目標に、魔物が徘徊する街の外と冒険者ギルドを往復する毎日を送っていた十四歳の少年カムイ。ある日彼の目の前に、一人の青年が現れた。 青年の名はノエル。かつて魔王を討ち果たした英雄の一人であり『孤高の死神』の異名で冒険者の間では忌避されている男だった。 カムイはノエルに弟子入りを志願し、彼に付いて行こうと決意する。──そこで、知ることになる。ノエルの身に付き纏う悪しき噂の真相と、ノエルの身に宿った『魔王を討ち果たした能力』の秘密を。 これは、一人の少年が英雄の後継者となるまでの物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • 属性は何を選択すればお嫁さんにしてくれますか?

    それは高一の夏。幼馴染の二人が紡ぐ恋物語

    150

    0


    2019年6月13日更新

    「ボクがどんな風になったら、てっちゃんはボクをお嫁さんにしてくれる?」 幼馴染の怜から突如として愛の告白を受けた徹雄。 それは十五年目の人生において、初めての人生を揺るがす衝撃的な出来事だった。 怜のことを大切に思ってはいつつも、それでもやはり幼馴染としてしか見ることができない徹雄。 徹雄のために献身し、彼にとっての一番になりたいと本心から願う怜。 それは、高一の夏。幼馴染だった二人が己の心と向き合って大人へと成長していくきっかけとなった、小さな小さな恋と友情の物語。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:44分

    この作品を読む

次へ