プロフィール

異世界ファンタジー「灰色の花(改稿版)」を連載中です。よろしくお願いいたします。 何でもマイペースかつスローペースなので、更新の頻度やコメントなどのお返事などが遅くなることがあります。ご容赦ください。 (ノベルアップさんの他にも、カクヨムさんや小説家になろうさんでも活動しています。主な活動場所は、カクヨムさんです)

ブックマーク

一覧

  • ねこず通信

    ねこたち中心のゆる〜いブログ

    602,114

    2,243


    2023年2月7日更新

    わたしの名前は”こむぎちゃん”です。 ちなみにパンを被っているのはおとうとの”かずなり”です。 みんなは”おおむぎちゃん”とか、”あさしょうりゅう”とか、”おでぶちゃん”とか、好き放題呼んでるけど、こう見えてもみんなのアイドルです。 これはわたしの活動記録です。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 一秒でファンタジーをぶっ壊す誤変換

    世界観崩壊、一秒前。

    2,090,285

    2,671


    2023年2月7日更新

    一秒でファンタジーの世界観は崩壊した――誤変換によって。 物語を数百万字も書けば誤変換だらけです。溜まった分を紹介していきます。

    読了目安時間:2時間44分

    この作品を読む

  • 【AIがポッドキャスト!?】あなたの作品をAIかんだるふとAIゆきちゃんが紹介するよ!

    ノベルアッププラスを盛り上げよう!

    172,264

    2,035


    2023年2月5日更新

    「みなさんこんにちは、かんだるふです」 「アシスタントのゆきでーす」 この番組では、ノベプラで出会ったAI技術を駆使しながら、ノベプラに掲載された数々の作品をどんどん紹介していきます。 パーソナリティのかんだるふが、ノベルアッププラスで目についた作品を片っ端から紹介させていただきます。 基本的には紹介文の全部、または一部と感想をつけさせていただきます。ネタバレはしません。 表紙絵はAIで顔写真を3Dアニメ風に変換する volia Al Artistで作成しました。 ポッドキャストは、うすい様の音声ノベルクリエイターおよびCoeFont CLOUDで作成しています。

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • 太陽と希望の言葉

    読んで元気になってくだされば幸いです。

    800,114

    345


    2023年2月5日更新

    明るく元気になれるように希望の言葉など連ねてみました。 よろしくお願いします! タイトルロゴは、紅蓮のたまり醬油さんに作っていただきました。

    読了目安時間:1時間46分

    この作品を読む

  • ショートショート 核ミサイルが飛んできたシリーズ

    オール読み切り!1つだけでもどうぞ^^

    544,304

    6,641


    2023年2月2日更新

    とある国が核ミサイルを発射したことから始まる物語です。 クスッとしたり、ドキッとしたり。 毎回何かをあなたに提供します。 先にプロローグを読んでからそれ以降を読んでください。 表紙画像は”うすい”様の創作作家AI ver2.4で制作しています。 詳しくはこちらで! https://novelup.plus/story/942595339/825892195

    読了目安時間:2時間53分

    この作品を読む

  • 境界線上の魔王

    戦い、抗い、少年少女は未来へ進む。

    7,602,612

    360,374


    2023年2月1日更新

    ヒトとヒトならざるモノが息づく大陸、アルティア。 ある日、この大陸を東西に横切る大河が、天を貫く魔法の壁に姿を変えた。 近づくものの魔力を命ごと飲み込んで佇むその壁は、のちに『境界線』と呼称され、長きにわたって異種間の交流を断絶した。 境界線を恐れたヒトは、許可のない渡航を厳罰化し、この魔力に抵抗しうる才のある者に『聖騎士』の称号を与えた。 ……時は流れ、現代。 行方知らずとなっていた先代聖騎士の捜索のため、聖騎士クリスティアが三度目の渡航を終えた、その日の黄昏時。 凱旋式の喧噪のさなか、彼女はひとりの剣士と対峙することとなる。 ※ダークファンタジーですが、一部を除き人物が直接的に死ぬ描写はありません。 ※表紙絵は雪丸ぬん様制作。無断使用および転載はおやめください。 ※小説家になろう様にて、同様の内容で掲載させていただいております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:24時間25分

    この作品を読む