プロフィール

ブックマーク

一覧

  • 本能寺の変の黒幕を転生者は知る

    ♡2,393,000

    〇2,102

    歴史/時代・連載中・181話 吉良山猫

    2020年7月16日更新

    俺の名前は相良正樹しがないアラフォーのサラリーマンだが、歴史オタクであり、趣味は刀剣と城廻り、特技は合気道と居合だ。11月のある日いきなり上司に呼び出され成績不振で会社を首になってしまった。絶望の中で自分探しの旅に出て京都の二条城を見学している時に奇妙な足が三本ある鴉が現れた。何故かその鴉を追いかけているうちに旧二条城跡に迷い込んでしまった。そして運の悪いことに地面が崩落し、深い穴へ落下してしまった。どうやら大昔の井戸の様だ。手や足があらぬ方に曲がっており重傷だ。俺の人生もここまでの様だ…思えばついていない人生だった…死ぬ前に会社で片想いをしていた葵の顔が見たかった…目が慣れてきて、そこには髑髏と一振りの太刀があった。太刀は抜き身であったが古い物であるはずなのにその刀身は錆びていなかった。何処からともかく声が聞こえる『生きたいか?今のままではお主は死ぬ』頭を強く打っていることもあり、どうやら俺は致命傷らしい。『我の無念を晴らしてくれるのならばお前に生きるチャンスを与えよう』「生きたい!」『ならばそこにある星切の太刀で自らを貫け。さすれば道は開ける』どうせ死ぬのならと俺は唯一残った左手で星切りの太刀を握り自らを貫く。『頼んだぞ、我に代わり憎き明智と羽柴と徳川を討ち滅ぼしてくれ』そして俺の意識は深い闇に堕ちていくのであった。

  • 勇者の死、そこから始まる物語

    ♡168,200

    〇404

    異世界ファンタジー・連載中・36話 bigbear

    2020年7月15日更新

    あらすじ 騎士ラグナは取るにたらない凡骨だった、親友である勇者が死ぬまではたしかにそうだった。 舞台はゲームのように能力や技量が数値化される奇妙な世界「ヴィジォン大陸」。 魔王討伐を目指す勇者パーティーの一人、騎士ラグナは凡人だった。特殊なスキルも持たず、卓越したレベルでもない彼はパーティーの中では目立たない存在だった。 だが、彼の人生は親友でもある勇者の死を切っ掛けに一変した。 勇者から魔王を討つという使命を託されたラグナは聖剣を背に孤独な戦いを始めるが、聖剣を盗んだラグナは祖国からは裏切り者として追放され、魔物からは仇敵として付け狙われるようになってしまう。 いくども傷つき、死にかけながらも立ち上がるラグナ。そんなラグナの肉体にある変化が訪れる。 「虫食い」と呼ばれるその現象は、レベルもスキルも超越する力。 やがて虫食いの力は世界を支配するシステムそのものに影響を及ぼし、ラグナのもとには次第に、混血のダークエルフ、女の侍、獣人族の少女といった奇妙な仲間たちが集っていく。そうして、彼らはこの世界で初めての「英雄」と呼ばれるようになるのだった……。 これは凡骨と呼ばれた騎士が世界を救い、英雄となる物語。 ※登場キャラは基本的に愛が重いです。

  • 新発田重家転生【なろう500万PV】

    ♡39,500

    〇0

    歴史/時代・連載中・55話 今川幸乃

    2020年7月15日更新

    社会人三年目の俺は新潟近海の妖精を自称するよく分からない存在の導きで五十公野治長(いじみのはるなが、後の新発田重家)という無名の武将に転生した。チートなどはなく、もらえたのは一袋のコシヒカリだけ。 確か御館の乱の恩賞に不満で反乱を起こし、景勝に滅ぼされる人物だった気がする。反乱は起こさずにのんびりと領国経営だけして過ごそう。 でも当時の越後の中心は春日山城で、新潟はほぼ何もない街。せっかくだから妖精にもらったコシヒカリを育てて新潟港を発展させて他国に売り出そうと思う。 絶対に反乱も起こさず天下統一などもってのほか、ゆったり内政を行おうとする俺。しかし戦国時代はそれを許してはくれず、やむを得ず周辺との戦いに乗り出していく。 ※チート・歴史改変要素薄め、元の戦国時代の雰囲気が比較的残っています。 ※「小説家になろう」「カクヨム」からの転載です。朝7時・夜18時予約予定

  • 最強の魔将軍が勇者と関わる物語

    ♡44,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・180話 イカのスケ

    2020年7月15日更新

    勇者殺しと呼ばれる魔王軍序列三位の魔将軍は歴代の転移勇者を一人残らず刺殺してきた。 いつものように祝宴に出た魔将軍はいざこざから魔王に退職を申し出て、退職金は貰ったが魔王軍から追放された。することがない元魔将軍は人間の国で旅することを決意した。道中で人々と出会いつつ、元魔将軍の周りに人たちが集まってくる。 全話予約投稿済みです。 ©2018 蛸山烏賊ノ介 小説家になろうでも投稿してます。

  • 2020年7月15日更新

    目覚めるとそこは、魔物蔓延る最凶ダンジョン。 そして体は脳までカラッポなガイコツ剣士。 スライムにも負ける最弱ぶりを見せつつも、リスポーンできるという不死身を活かして不眠不休で攻略を続けていると、いつしかうわさに聞くダンジョン最強の存在に! 出会いと別れを繰り返し、目指すはダンジョン最下層。 そして出会ったのは囚われの姫君……ではなく、 ドラマタかくやの最凶美少女魔王! 心通わし運命を切り開いたポンコツ骸骨剣士と歩くアルマゲドン。 最強二人の行先は、爆発壊滅ご用心!? 混ぜるな危険! ツンデレ魔王とポンコツ骸骨剣士の バトル × ファンタジー × ギャグ × ラブコメ !!!! 南無三ッ!! ------- ジャンル日間3位、総合6位! ありがとうございます!! 感想やスタンプなど、ぜひお気軽にぜひ。 皆さまの応援やお力添えで、本作は成り立っています!