プロフィール

ブックマーク

一覧

  • 第六章開始!!

    ♡759,182

    〇3,540

    異世界ファンタジー・連載中・196話・473,190字 秋山静夜

    2020年10月2日更新

    勝てなくとも前に進むことはできる。 負けても失うものばかりではない。 手の平から多くのモノが零れ落ちたとしても、それでも握りしめたモノだけは離さないで。 _______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________ 以前掲載していた、あらすじ、世界地図、設定関連の項目は別の作品枠に引っ越ししました。 設定や世界観が好きな方はぜひそちらも覗いて下さい。 気に入って頂けましたら、ブックマークや評価をしてもらえると大変励みになります。 今後ともよろしくお願いします。 小説家になろう、アルファポリスにも掲載中です。

  • 四姉妹×百合ファンタジー×ラブコメ

    ♡50,300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・145話・315,167字 春乃

    2020年10月1日更新

    【最後に必ず、主人公とヒロインの四姉妹の一人が結ばれます。】 火の魔法使いであるクロエは王都でも指折りの冒険者として日々依頼をこなしていた。 しかしある日、ギルドマスターの悪名高い我儘娘の理不尽でギルドを追放されてしまう。 その後、フリーの冒険者になったクロエが選んだのは、才能はあるのに魔法が嫌いだという四姉妹に魔法を教えて、全員を一人前の冒険者にするお仕事。 食事三食、お風呂に寝室付き、更に成功報酬としてお金もたんまり出るらしい。 行く当てのないクロエはこの仕事を引き受けることにした。だが、クロエを待っていたのは、一癖も二癖も――四癖もある問題児の四姉妹だった。 女の子と遊んでばかりでやる気ゼロの長女・シラユキ。 クロエに敵意むき出しで口の悪い次女・アリエル。 落ち着きがなく、少しおバカな三女・ジャスミン。 本が好きで部屋に引きこもっている四女・ベル。 クロエはこの四姉妹の心を入れ替えさせ、立派な冒険者にすることはできるのか――!? ※姉妹が登場するのは5話の最後からです。 ※2章、及び2章後の幕間からハーレムラブコメましましです。 ※この作品は小説家になろう様でも投稿、更新しています。 ※表紙はルクコ様の企画「あなたの小説のイラスト描かせてください」でいただいたきました。四女のベルです。

  • 本能寺の変の黒幕を転生者は知る

    ♡3,542,900

    〇10,602

    歴史/時代・連載中・221話・647,336字 吉良山猫

    2020年10月1日更新

    俺の名前は相良正樹しがないアラフォーのサラリーマンだが、歴史オタクであり、趣味は刀剣と城廻り、特技は合気道と居合だ。11月のある日いきなり上司に呼び出され成績不振で会社を首になってしまった。絶望の中で自分探しの旅に出て京都の二条城を見学している時に奇妙な足が三本ある鴉が現れた。何故かその鴉を追いかけているうちに旧二条城跡に迷い込んでしまった。そして運の悪いことに地面が崩落し、深い穴へ落下してしまった。どうやら大昔の井戸の様だ。手や足があらぬ方に曲がっており重傷だ。俺の人生もここまでの様だ…思えばついていない人生だった…死ぬ前に会社で片想いをしていた葵の顔が見たかった…目が慣れてきて、そこには髑髏と一振りの太刀があった。太刀は抜き身であったが古い物であるはずなのにその刀身は錆びていなかった。何処からともかく声が聞こえる『生きたいか?今のままではお主は死ぬ』頭を強く打っていることもあり、どうやら俺は致命傷らしい。『我の無念を晴らしてくれるのならばお前に生きるチャンスを与えよう』「生きたい!」『ならばそこにある星切の太刀で自らを貫け。さすれば道は開ける』どうせ死ぬのならと俺は唯一残った左手で星切りの太刀を握り自らを貫く。『頼んだぞ、我に代わり憎き明智と羽柴と徳川を討ち滅ぼしてくれ』そして俺の意識は深い闇に堕ちていくのであった。

  • 寂れた神殿を立て直し剣と魔法を復権させる

    ♡578,120

    〇8,985

    異世界ファンタジー・連載中・268話・680,901字 岩永和駿

    2020年10月1日更新

    これが噂の異世界転生!? 「剣と魔法」のファンタジーの世界と思いきや、そこは「銃と薬」が幅を利かせ、剣士や司祭、魔術師が不遇職に追いやられつつある世界だった! そんな中、若手司祭ラウリ・ルンドストレームとして、人々から顧みられなくなり、寂れた神殿を盛り立てていくことになる。 ある時はひょんなことから伝説の聖剣を手に入れ またある時は幼馴染そっくりな美少女魔術師と出会う。 挙句の果てに魔物を従える召喚士に。 善良な主人公は、のんびり異世界の神殿を復興しつつも、ときに激しいバトルを潜り抜けて成長を遂げてゆく。 やがて、お人よしゆえに人との絆を結んで成り上がり、その力が必須となる強大な敵と対峙する。

  • 勇者の死、そこから始まる物語

    ♡236,800

    〇661

    異世界ファンタジー・連載中・55話・183,766字 bigbear

    2020年9月30日更新

    あらすじ 騎士ラグナは取るにたらない凡骨だった、親友である勇者が死ぬまではたしかにそうだった。 舞台はゲームのように能力や技量が数値化される奇妙な世界「ヴィジォン大陸」。 魔王討伐を目指す勇者パーティーの一人、騎士ラグナは凡人だった。特殊なスキルも持たず、卓越したレベルでもない彼はパーティーの中では目立たない存在だった。 だが、彼の人生は親友でもある勇者の死を切っ掛けに一変した。 勇者から魔王を討つという使命を託されたラグナは聖剣を背に孤独な戦いを始めるが、聖剣を盗んだラグナは祖国からは裏切り者として追放され、魔物からは仇敵として付け狙われるようになってしまう。 いくども傷つき、死にかけながらも立ち上がるラグナ。そんなラグナの肉体にある変化が訪れる。 「虫食い」と呼ばれるその現象は、レベルもスキルも超越する力。 やがて虫食いの力は世界を支配するシステムそのものに影響を及ぼし、ラグナのもとには次第に、混血のダークエルフ、女の侍、獣人族の少女といった奇妙な仲間たちが集っていく。そうして、彼らはこの世界で初めての「英雄」と呼ばれるようになるのだった……。 これは凡骨と呼ばれた騎士が世界を救い、英雄となる物語。 ※登場キャラは基本的に愛が重いです。