プロフィール

はじめまして、一KOH(いっこう)と読みます。趣味でチマチマと小説書いています。どうぞよろしくお願いします。

ブックマーク

一覧

  • 佰肆拾字のお話

    140文字以内で。。。

    804,196

    1,123


    2021年7月25日更新

    Twitterでのコンテンツ用に作ったお話です。 ---------- 「結果的連作」の お品書き:https://novelup.plus/story/770595863

    読了目安時間:1時間33分

    この作品を読む

  • スライムが倒せない

    村人Aな少年による魔物討伐奮闘記。

    153,000

    120


    2021年7月25日更新

    とある田舎の村の少年レオンハルトは「冒険の旅に出たい」という夢を持っている。 そのため手始めに村の近くに出没したスライムで魔物との戦いの経験をつもうとしたのだが……。 コメディーです。 毎週日曜日に更新予定。 ※小説家になろう様にも投稿しています

    読了目安時間:3時間21分

    この作品を読む

  • ひとくちセリフ劇場

    「セリフだけ?」「しかも140字」

    1,151,050

    1,277


    2021年7月25日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

    読了目安時間:3時間0分

    この作品を読む

  • 3日戻したその先で、私の知らない12月がくる

    大事なのは、今を──大切に生きること。

    52,800

    320


    2021年7月25日更新

    【完結保証】 ※既に最終話まで完成しています。絶対にエタりません。 三日間だけ時間を巻き戻すことができる超能力、「リワインド」を行使できる女子高生、煮雪侑(にゆきゆう)。 苦い初恋の思い出。いまだ未完成である水彩画等々。彼女には幾つか抱えている未練があった。 ある日、事故に巻き込まれた親友を救うため能力を行使した侑は、三日前の電車の中で、イレギュラーな動きを見せる女性、優子(ゆうこ)と出会う。世界は前回と同じ流れを繰り返すはずなのに、彼女は”今回初めて”侑の前に現れたのだ。 翌日、侑の前に現れたのは、長谷川拓実(はせがわたくみ)という名の転校生。彼は、どことなく初恋の彼と似ているようで? だがしかし、名前も性格もまったく違うのだった。 馴れ馴れしい彼の言動に翻弄されつつも、自身が抱えていた未練を解消するため。また、塞ぎ込んでしまった親友のために、何度か能力を用いて歴史の修正を試みる侑。 しかし最後に彼女が行った「リワインド」が、取り返しのつかない最悪の事態を呼んでしまう。 その時世界は、侑も知りえなかったもうひとつの姿を現した──。 ※終盤やってくるどんでん返しに繋がるヒントを、冒頭から様々仕込んでいます。どういうことか? 考えながら読んでいただけると嬉しいです。 ※表紙絵は、ryoma様に描いて頂きました。

    読了目安時間:1時間34分

    この作品を読む

  • 弱小文芸部員がノベプラを利用してプロになるまでの道!!

    現実世界でプロ小説家になる過程を全公開!

    36,500

    100


    2021年7月25日更新

    V-Novelist 文芸部の活動記録。 ノベプラでの活動を通じて各部員がプロ作家になることを目指す現代青春Vドキュメンタリー。 V-NovelistのVはVictoryのV!!! 現実世界のプロ小説家になる過程を全公開予定! 小説を書く/小説家を目指す方に有益な情報になるよう頑張ります! =文芸部 活動予定= *2021年07月 夏の5題小説マラソン(ノベプラ) *2021年08月~ 公募用作品の制作開始! - 受賞の為の戦略会議 - 制作過程公開(企画、プロットなど) - 完成作品公開(第一稿) *2022年04月 電撃大賞公募 *2022年11月 電撃大賞受賞!? ■キャラ紹介 【日常ちゃん(田中のどか)】 文芸部部長。もともと部員がホラーちゃん一人だった文芸部が不憫だったため力を貸す(乗っ取る)ことに。 絵を書いたり、HPを作れたりと多才。のほほんとした見た目とは裏腹に、策略家でもある。 【ホラーちゃん(墓守玲)】 文芸部ホラー担当。たった一人で文芸部を守っていた少女。文集を作るための必死な部員集めが功を奏す。 人に話しかけるのが苦手でクラスではうまく溶け込めないが、文芸部という居場所ができて学園生活が楽しくなる。 【ミステリちゃん(江戸川翠璃)】 文芸部ミステリ担当。もともと文芸部に興味はあったが、入るタイミングを逃していた。しかし、お菓子がきっかけで入部を決意。 目立ちたがり屋で自分は賢いと思っているが、学校の成績が低空飛行なことを不思議に思っている。 【SFちゃん(時枝彼方)】 文芸部SF担当。お菓子パーティを開く文芸部を、風紀委員として注意しにきたところ、文芸部に興味を持ち加入。 生徒会では規律を重んじる優等生だが、文芸部では感情的になることが多々あり、それを面白いと感じている。

    読了目安時間:1時間37分

    この作品を読む