プロフィール

note: https://note.com/schloss_628_das

ブックマーク

一覧

  • ピアノ × 冒険 × スチームパンク‼

    ♡455,050

    〇14,375

    SF・連載中・91話・332,847字 トモユキ

    2021年1月15日更新

    あらすじ: 時は20世紀初頭、イングレス連合王国首都、ロンドン。 産業革命による蒸気機関の急激な発達によって人々の暮らしは豊かなものとなり、 芸術文化の花開く土壌が、上流階級から労働者にまで幅広く広がっていた。 パトロン付きの十七歳のピアニスト、アンジェラは、一ヶ月後に迫るロンドンピアノコンペティションで優勝しないと家を追い出されてしまう。 しかし調子は絶不調。諦め気味のアンジェラは夜になると屋敷を抜け出し、街のバーでジャズピアノを弾く毎日。 そんなある日、ピアニストとしても一流の調律師、アドニスと出会う。 とある依頼でアンジェラは、超絶技巧の右手専用ピアノ曲『右手のためのピアノ独奏曲』を演奏しなければならなくなり、 アドニスのレッスンを受けて、その才能を開花させていくのだが……。 その裏では、大きな陰謀が渦巻いていた。 曲に隠された秘密。 謎多きピアノ調律師。 裏世界で暗躍する男達。 霧煙る街ロンドンで、人々の思惑は交錯し、複雑に絡み合う。 十七歳の少女が奏でるピアノが、それを解きほぐす鍵になるとも知らずに。 --------------------------------------------------------------------- コンセプトは、ピアノ × 冒険 × スチームパンク‼ 読んでてワクワクする! 続きが気になる! そんな気分になってもらいたくて書いてます。 第三部、ついに連載開始! (2020/11/1) --------------------------------------------------------------------- 【更新履歴】 2020/1/23 第一部完結しました。 2020/2/2 第二部 予告編を更新開始。 2020/2/14 第二部 予告編終了。 2020/5/15 第二部 プロローグ公開、予告編を第一章として改稿。 2020/5/28 第二部 連載開始。 2020/7/31 第二部 完結しました。 2020/10/26 幕間を更新。 2020/11/1 第三部 連載開始。 ※作者Twitter: https://twitter.com/tomoyuki2019 ※表紙写真: https://pixnio.com/ja by Tama66

  • ただ一行で紡ぐ怪談。

    ♡1,728,616

    〇8,295

    ホラー・連載中・555話・27,336字 水沢ながる

    2021年1月15日更新

    吉田悠軌・著『一行怪談』にインスパイアされて、自分なりに作ってみたワンセンテンスの怪談。 元になった本には「一行怪談凡例」というものかある。 ・題名は入らない。 ・文章に句点は一つ。 ・詩ではなく物語である。 ・物語の中でも怪談に近い。 ・以上を踏まえた一続きの文章。 なるべくこれに沿うようにしているつもり。 気が向いた時に更新します。 この作品は、他サイトでも公開しています。

  • 沈んでいく街でわたくしは手紙を書き続ける

    ♡969,300

    〇9,740

    文芸/純文学・連載中・37話・20,680字 紫乃

    2021年1月14日更新

    拝啓 親愛なる先生 カミサマからのお告げで、街が水没することになりました。 丘の上にあるこの家で、わたくしは最後の日まで貴方に手紙を書くことにしました。 表紙→椿木るり様(@ruri_tubaki )よりいただきました

  • 古の刀を廻り、過去と現在が交差する。

    ♡718,659

    〇1,850

    現代/その他ファンタジー・連載中・82話・208,659字 洋夏晴崇

    2021年1月14日更新

    数百年も昔に歴史に埋もれ、失われたはずの魔刀。 それが蘇る時、悲劇が繰り返される。

  • 俺がお前の力、引き出してやるよ

    ♡92,671

    〇560

    SF・連載中・22話・70,112字 あき

    2021年1月14日更新

    地球は鉄の惑星だ。その日も鉱山にて、アラサーの安藤ケイは大型機、25m級準人型採掘補助ロボット『グランド』に乗っていた。現代において宝となった『鉄』を採掘するためだ。しかし様子が一変する。18m級人型機動兵器を使って、過激派テロ組織が鉱山を占拠したのだ。悲鳴。混乱する現場。けれども、ケイにとっては残念ながら、今日も愚鈍なグランドは軽油が満タンだった。そしてその日を境に、安藤ケイの人生の歯車が噛み合い始めるのだった·····。