作品

前へ

  • 帰還した召喚勇者の憂鬱

    異世界で会得したスキルを使って、召喚勇者

    3,500

    0


    2021年4月13日更新

    世界各国から、孤児ばかり300名が消えた。異世界に召喚されたのだ。 異世界召喚。 無事、魔物の王を討伐したのは、29名の召喚された勇者たちだった。 そして、召喚された勇者たちは、それぞれの思い、目的を持って地球に帰還した。 帰還した勇者たちを待っていたのは、29名の勇者たちが想像していたよりもひどい現実だった。 そんな現実を受け止めて、7年の月日を戦い抜いた召喚勇者たちは、自分たちの目的を果たすために動き出すのだった。 異世界で得た仲間たちと、異世界で学んだ戦い方と、異世界で会得したスキルを使って、召喚勇者たちは、復讐を開始する。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:46分

    この作品を読む

  • バーテンダーは夜を隠す

    繁華街は、今日も噂話に花が咲いている。

    2,000

    0


    2021年4月9日更新

    繁華街の外れにある。雑居ビルの地下に、そのバーはある。 繁華街は、今日も噂話に花が咲いている。都市伝説から、街で発生した事故や事件の話。 たくさんの噂が存在している。 「知っている?」 「何?」 「雑居ビルの地下にあるバーの話」 「え?何?知らない」 「昼間しか営業していないバーらしいのだけど、夜にバーに訪れると・・・」 「え?ホラー的な話?都市伝説?あのバーなら知っているけど、昼間しか空いてないよ?夜に行っても暗いだけだよ」 「うん。だから、強い。夜を焦がすくらいの”願い”が無いとダメ。”願い”の手助けをしてくれるみたい」 「手助け?」 「そう、”手助け”。それ以上でも、それ以下でもないって話だよ」 「へぇ・・・。でも、でも、あのマスターって・・・」 「うん。不思議だよね。いろいろ知っているけど、流行の話とかには疎いよね」 「うんうん。なんか、子供から急に大人になったみたいな人だよね」 「そうそう。それに、カウンターの奥の席には誰も座らせないみたいだよ」 「えぇ・・・。意味深」 「なんかね。私の友達が、聞いた話だよ。マスターの死んだ奥様の予約席だって・・・」 「えぇ嘘・・・。私は、あの席は、マスターの親友の予約席で、あのドライフラワーの送り主だって聞いたよ」 変わったマスターが営む。バーシオン。 昼間だけの営業時間だ。営業時間外に訪れる場合には、強い願いが必要になる。雑居ビルの地下で、本日も営業している。

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 異世界でもプログラム

    プログラマーが異世界でもプログラム?

    23,880

    0


    2021年3月26日更新

    俺は、元プログラマ・・・違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。 とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。 火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。 転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。 魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる! --- こんな生涯をプログラマとして過ごした男が転生した世界が、魔法を”プログラム”する世界。 彼は、プログラムの知識を利用して、魔法を編み上げていく。 注)作者が楽しむ為に書いています。 誤字脱字が多いです。誤字脱字は、見つけ次第直していきますが、更新はまとめて行います。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間38分

    この作品を読む

  • チート能力を持った高校生の生き残りをかけた長く短い七日間

    異世界で始まるのは復讐それとも・・・??

    3,400

    5


    2021年3月25日更新

    バスの事故で異世界に転生する事になってしまった高校生21名。 神から告げられたのは「異世界で一番有名になった人が死ぬ人を決めていいよ」と・・・・。 徐々に明らかになっていく神々の思惑、そして明かされる悲しい現実。 それら巻き込まれながら、必死(??)に贖い、仲間たちと手を取り合って、勇敢(??)に立ち向かっていく物語。 転生先でチート能力を授かった高校生達が地球時間7日間を過ごす。 異世界バトルロイヤル。のはずが、チート能力を武器に、好き放題やり始める。 全部は、安心して過ごせる場所を作る。もう何も奪われない。殺させはしない。 日本で紡がれた因果の終着点は、復讐なのかそれとも、..... 7日間×1440の中で生き残るのは誰なのか?そして、最後に笑える状態になっているのか? 注)作者が楽しむ為に書いています。 誤字脱字が多いです。誤字脱字は、見つけ次第直していきますが、更新はまとめて行います。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間32分

    この作品を読む

  • 勇者召喚に巻き込まれた”おっさん”は、すぐにステータスを偽装した。 ろくでもない目的で、勇者召喚をしたのだと考えたからだ。 一緒に召喚された、女子高校生と城を抜け出して、王都を脱出する方法を考える。 ダメだ大人と、理不尽ないじめを受けていた女子高校生は、巻き込まれた勇者召喚で知り合った。二人と名字と名前を持つ猫(聖獣)とのスローライフは、いろいろな人を巻き込んでにぎやかになっていく。 おっさんは、日本に居た時と同じ仕事を行い始める。 女子高校生は、隠したスキルを使って、おっさんの仕事を手伝う(手伝っているつもり)。 注)作者が楽しむ為に書いています。 誤字脱字が多いです。誤字脱字は、見つけ次第直していきますが、更新はまとめて行います。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間59分

    この作品を読む

  • スキルイータ

    スキルが通貨?売買にはスキルが消費される

    8,410

    0


    2021年3月22日更新

    俺は、どうやら死んでしまうようだ。 ”ようだ”と言ったのは、状況がよくわからないからだ、時間が止まっている? 電車を待つ間、仲間と他愛もない話をする。 異世界に転生したら、どんなスキルをもらうか?そんな話をしながら、電車が来るのを待っていた。 ”ドン!” この音を最後に、俺の生活は一変する。 そして、途方にくれている。 ”神!見て笑っているのだろう?ここはどこだ!” 異世界の、草原に放り出されている。かろうじて服は着ているが、現地に合わせた服なのだろう。スキルも約束通りになっている。だが、それだけだ。世界の説明は簡単に受けた。 いきなりハードプレイか?いい度胸しているよな? 俺の異世界生活がスタートした。 強い?従魔に囲まれた生活? チート能力を使っての無双? 美女を侍らかしてのハーレム? そんな事とは無縁の洞窟生活。いつの間にか増える仲間たち。 注)作者が楽しむ為に書いています。 誤字脱字が多いです。誤字脱字は、見つけ次第直していきますが、更新はまとめて行います。 スキルが通貨?売買にはスキルを使う事になる。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:48時間47分

    この作品を読む

  • 異世界の物流は俺に任せろ

    トラックで異世界を爆走!それだけの物語

    42,000

    5


    2021年3月22日更新

    俺は、大木靖(おおきやすし)。 趣味は、”ドライブ!”だと、言っている。 隠れた趣味として、ラノベを読むが好きだ。アニメやコミカライズされるような有名な物ではなく、書籍化未満の作品を読むのが好きだ。 職業は、トラックの運転手をしてる。この業界では珍しい”フリー”でやっている。電話一本で全国を飛び回っている。愛車のトラクタと、道路さえ繋がっていれば、どんな所にも出向いた。魔改造したトラクタで、トレーラを引っ張って、いろんな物を運んだ。ラッピングトレーラで、都内を走った事もある。 道?と思われる場所も走った事がある。 今後ろに積んでいる荷物は、よく見かける”グリフォン”だ。今日は生きたまま運んで欲しいという依頼だ。 え?”グリフォン”なんて、どこに居るのかって? そんな事、知るわけがない。依頼された荷物を、依頼された場所に、依頼された日時までに運ぶのが仕事だ。 日本に居た時には、つまらない法令があったが、今ではなんでも運べる。 え?”日本”じゃないのかって? 拠点にしているのは、バッケスホーフ王国にある。ユーラットという港町だ。そこから、10キロ山に向かえば、拠点がある。拠点に行けば、トラックの整備ができるからな。整備だけじゃなくて、改造もできる。 え?バッケスホーフ王国なんて知らない? そう言われてもな。そういう物だと受け入れているだけだからな。 え?地球じゃないのかって? 言っていなかったか?今居るのは、異世界だぞ。 俺は、異世界のトラック運転手だ! トレーラやクルマが製造できる万能工房。 ガソリンが無くならない謎の状況。使えるナビシステム。 なぜか読める異世界の文字。 故障したりしても、止めて休ませれば、新品同然に直る親切設計。 望んだ装備や設備が実装される不思議な工房。 ご都合主義てんこ盛りの世界だ。 相棒とともに、制限速度がなく、俺以外トラックなんて持っていない。 異世界を気ままに爆走する。 レールテの物流は俺に任せろ! --- 注)誤字脱字が多いです。見つけ次第、直していきますが、更新はまとめてになると思います。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:26時間15分

    この作品を読む

  • 我が家の守り神

    我が家の守り神は、滝登りが得意な青い鯉だ

    1,500

    0


    2021年3月6日更新

    我が家にある池には、作られた当初から生きている青い鯉がいる。 我が家の守り神だ。 守り神である青い鯉が、滝登りをする時に、当主の悩み事が解決する。 戦争に赴いて片腕を無くしながらも生きて戻ってきた者も居る。事業に失敗して、池で自害しよう思いつけた者も救われた。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • ちょっとだけ切ない短編集

    ちょっとだけ切ないショートストーリー

    1,150

    0


    2021年3月6日更新

    ちょっとだけ切ないショートストーリー。 少しだけ、ホラーテイストが入った小説が多くなると思います。夜に読んでも怖さはないと思います。 現在をベースにしています。地域的なことは、職業的なこともありますので、業界が違う人にはわからないところがあると思いますが、あえて説明はしておりません。 そういうものだと思って楽しんでいただけると嬉しいです。 注) 1話完結(5000~10,000文字程度)になっています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間49分

    この作品を読む

  • 雪上の愛情

    あぁ私・・・。父さんに・・・。

    200

    0


    2021年1月17日更新

    あぁ私・・・。父さんに・・・。 父さんの気持ちに気がついたのは・・・。十三回忌を明日に控えた夜の出来事だった。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 歴戦の勇者

    実は実話?な話です。信じるか信じないかは

    100

    0


    2020年8月3日更新

    ラノベ史上一番転移/転生者が多い職業が、IT業界では無いでしょうか? そんな異世界転生が多い業界ですが、歴史はそれほど古くありません。 そんな浅い歴史でも楽しい人や愚かな人や残念な人そして、哀しい出来事は多く発生しています。 IT業界で働くことを夢見てその門を叩く人は多いだろう。しかし、現実を知った時には抜けられなくなっています。 現実の一部を、プログラムを生業にしている人物が”経験”した事をベースに書いていきます。 実は実話?な話です。信じるか信じないかは読者しだいです。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間33分

    この作品を読む

  • 奴隷市場

    奴隷市場で男は少女に惹かれる。

    3,430

    0


    2020年7月31日更新

    国が少子高齢化対策の目玉として打ち出した政策が奴隷制度の導入だ。 狂った制度である事は間違いないのだが、高齢者が自分を介護させる為に、奴隷を購入する。奴隷も、介護が終われば開放される事になる。そして、住む場所やうまくすれば財産も手に入る。制度としては間違っているが、すがる人がいるのも事実だった。 男は、奴隷市場で1人の少女と出会った。家族を無くし、親戚からは疎まれた少女。 男は、少女に惹かれる。入札するなと言われていた、少女に男は入札した。 徐々に明らかになっていく、二人の因果。そして、その先に待ち受けていた事とは・・・。 二人が得た物は、そして失った物は? 奴隷市場で男は少女に惹かれる。二人の出会いは必然だったのか?

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:6時間29分

    この作品を読む

  • 俺は、電脳世界が好きなだけの一般人です

    電脳世界が好きな”一般人”なのです。

    1,400

    0


    2020年7月31日更新

    簡単に自己紹介をしておこう。 俺は、高校生だ。確かに、親父に騙されて、会社の取締役社長をやっているが、俺だけしか・・・いや、幼馴染のユウキも社員になっていた・・・と思う。 俺の親父は、プログラマとしては一流なのだろうが、面倒なことはやらないとという変わり者だ。 そんな親父に小学生の頃から、プログラムやネットワークやハードウェアの事を叩き込まれてきた。俺が望んだと言っているが、覚えているわけがない。 俺が、パソコンやネットワークに詳しいと知った者からお願いという名の”命令”が届くことが多い。 プログラムを作ってくれとかなら、まだ話ができる。パソコンがほしいけど、何がいいくらいなら可愛く感じてしまう。パソコンが壊れた、辺りの話だと、正直何もできないことの方が多い。 嫌いな奴が居るからハッキングしてくれや、元カノのスマホに侵入してくれ・・・犯罪な依頼も多い。これは、”ふざけるな”断ることができるので気持ちが楽だ。それでも引き下がらない者も多い。その時には、金銭の要求をすると・・・次から話にも来なくなる。 でも、一番困るのは、”なんだだかわからないけど動かない”だ。俺は、プロでもなんでもない。 ただただ、パソコンが好きで、電脳世界が好きな”一般人”なのです。 そんな”一般人”の俺に、今日も依頼が入ってくる。

    読了目安時間:12時間3分

    この作品を読む

  • 仏舎利塔と青い手毬花

    手紙が全ての真実をさらけ出す

    1,000

    0


    2020年4月30日更新

    田舎ではないが、発展から取り残された地方の街。 誰しもが口にしないキャンプ場での出来事。 同級生たちは忘れていなかった。 忘れてしまった者たちに、忘れられた者が現実に向って牙をむく。 不可解な同窓会。会場で語られる事実。そして、大量の不可解な死。 同級生だけではない。因果を紡いだ者たちが全員が思い出すまで、野に放たれた牙は止まらない。 ただ、自分を見つけてくれることを願っている。自分は”ここ”に居るのだと叫んでいる。誰に届くでもない叫び声。 そして、ただ1人の友人の娘に手紙を託すのだった。 手紙が全ての真実をさらけ出す時、本当の復讐が始まる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間48分

    この作品を読む

  • プレゼン10分前

    プレゼン10分前で気がついてしまった罠。

    0

    0


    2020年3月23日更新

    俺は、システム屋のプログラマをしている。 社長にはしっかりと説明して、俺の肩書はプログラマになっている。人が少ない零細企業なので、プログラマでも仕様書も書けば、客先に提案を持っていく、それだけではなくメンテナンスからハードウェアの修理まで何でもこなす。 今日は、以前から話が社長の所に話が来ていた、大規模システムのプレゼンを行う日だ。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 情報の虜囚

    僕が撒いた種が増えている。拡散されている

    0

    0


    2020年3月22日更新

    僕が撒いた種が増えている。拡散されている。こんなにも嬉しいのか? 僕たちの世界は情報にあふれている。 皆が善意をもって情報を拡散してくれる。 知りたい情報よりも知る必要がない情報があふれている。 僕が欲したことを奪った奴らがいる。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 都会へのUターン

    地獄だったブラック企業を抜け出した先はブ

    300

    0


    2020年3月21日更新

    都会での仕事に疲れた身体と心を癒やすために田舎に移り住んだ。 そこは理想郷ではなかった。 地獄になりつつある田舎暮らしから慣れ親しんだ新宿に戻ってきた。 いわゆるUターンだ。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 私が作る最高のお祭り

    娘からの最後の連絡

    0

    0


    2020年3月18日更新

    ”プロポーズされた!最高のお祭り!” 娘からの最後の連絡。 だから、私も最高のお祭りを開催することにした。 祭りに招待するのは49名。 皆楽しんでくれると嬉しいのだけど・・・。 私と彼は裏方に回る。彼らがしていた祭りを自分たちで楽しんでもらうための仕組みも考えた。 もっともっと楽しんでもらえるようにしっかりと準備を行う。裏方は忙しい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 4で割り切れて

    うるう年は4年に一回ではありません。

    900

    0


    2020年3月17日更新

    私は、飯塚真紀。しがないIT屋でプログラムを書いているOLだ。 今は、仕様書を渡されて、クラスのファンクションを担当している。日付と時間を受け取って、システムで利用する日時のクラスを生成して返すのだ。 今日は、2月29日。 旧友と待ち合わせをして食事をしている。思い出すのは、先日行われたコードレビューでの一幕だ。 2杯目のモスコミュールを飲み干してから旧友に愚痴をぶつける。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 手紙と約束

    届いた手紙

    0

    0


    2019年10月16日更新

    おじいちゃんから送られた一通の手紙。 おばあちゃんが生きている理由だった。 そして届けられた一通の手紙。 おばあちゃんが欲しかった手紙なのかは知る事はできない。 でも、おばあちゃんはすごく幸せそうだった。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

前へ