プロフィール

村のゾンビを倒したくて、ランチャーを担いだ桃色のひよこになりました。不定期更新です。 唐突に現れてポイントを置いて去っていくことがありますが、あやしい者ではありません。

ブックマーク

一覧

  • その手を引くのは

    少し訳ありな時代物和風恋愛です。

    185,300

    1,090


    2023年2月7日更新

    時は江戸時代、関東の小藩・峰澤藩の領内で織りなされる男女の物語。 料理屋や蕎麦屋で下働きをしながら長屋で子供たちに学問を教えている町娘・紘子は、蕎麦屋の常連・清瀬重之介と知り合う。封建的で閉鎖的な世にありながら、重之介の前衛的で開放的な思想や言動に興味を持ち始めた矢先、紘子は料理屋で藩主の弟・清平従重と出会う。 傍若無人な振る舞いの陰に憂いと優しさを覗かせる従重、器用に距離を詰め紘子の心に踏み込んでくる重之介……彼らが関わり始めた事で、紘子の「過去」も動き出す―― ※この物語の中には、精神的または肉体的に苦痛を与えるといった暴力的表現や残酷な描写、または身体的接触を伴う性的描写が入るエピソードもたまにございます。目安としてはR15指定程度を想定しています。閲覧される方は何とぞご承知おき下さい。 ※表紙はイラストレーターのyuki様にご制作頂きました。無断使用・無断転載などはご遠慮下さい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間44分

    この作品を読む

  • Eighteen Years' War

    硬めのファンタジー戦記ものです

    603,362

    17,886


    2023年2月6日更新

    コルネー王国の新米指揮官レファールは、赴任早々隣国の大軍による攻囲を受けることになった。 小さな小村の占領から、二か国間の本格的な抗争が始まり、それが近隣国も巻き込んだ争いへとつながっていく。 だが、それすらも五つの王国と七つの勢力による長きに渡る戦乱の、ほんの序章に過ぎなかった。 ※チート系無しのファンタジー戦記系ものです。 ※タイトルは変わるかもしれません(汗

    読了目安時間:38時間52分

    この作品を読む

  • 残業マン

    残業するほど強くなるヒーローがいたら?

    246,132

    2,940


    2023年1月20日更新

    残業マン。それは残業すればするほど強くなるヒーローだ! ブラック企業で残業に苦しむ日々を過ごしている夜神シンヤ。 ふとしたきっかけでシンヤは謎のスマートウォッチを手にする。 その日からシンヤに驚異的なパワーが宿った! 新たなヒーロー誕生譚がここに。 おかげさまで完結いたしました! 表紙作成:超小兎さん 素材:Adobe Stock

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間43分

    この作品を読む

  • 武公の刀

    古の刀を廻り、過去と現在が交差する。

    2,936,505

    9,473


    2023年1月3日更新

    数百年も昔に歴史に埋もれ、失われたはずの魔刀。 それが蘇る時、悲劇が繰り返される。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:10時間25分

    この作品を読む

  • 「誰か好きって言ってよ」って言いながら走って行くJKが見たい!

    その一言から広がる物語

    22,500

    10


    2022年12月31日更新

    JK愛を叫ぶ。 「誰か好きって言ってよ!!」 彼女がどんな気持ちで、どんなシチュエーションで、誰に向かって言ったのか。 あなたの想像した物語を読ませてください。 主催の鳥がいただいた物語に感想と紹介文を添えます。(^^)

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 創作に使ってほしい科学の話

    ネタにどうぞ

    275,611

    563


    2022年12月4日更新

    ズヒューン、相手のライフルから発射されたビームが動力源の核融合炉を貫いた。ドカーンという轟音とともにその機体が爆発した。 「野郎!」と仲間の死に激高した彼はその機体を追った。「待て。退け。重力に捕らわれるぞ。」という上官の声は彼の耳には届かなかった。 しばらくすると彼の機体は大気との摩擦で真っ赤に染まった。「しまった。」と彼は思い、引き返そうとしたが強大な重力に逆らうほどの推力は出せない。 機体は崩壊をはじめ、恐怖におののいた彼は「助けてください、少佐!」と叫んだが、通信機能はすでに破壊されていた。 実はこの一文には科学的には正しくない表現が含まれています。 物語だから、フィクションだから、異世界だからで片づけてしまうのはもったいない。 科学的に正しい表現を使うことで、物語に厚みと説得力が出てくるはず。 それに、科学は創作のネタの宝庫と言っても過言ではありません。 「錬金術」など科学そのものです。 科学を知れば物語が生まれてくる。 そんな創作と科学のコラムです。

    読了目安時間:6時間6分

    この作品を読む