プロフィール

村のゾンビを倒したくて、ランチャーを担いだ桃色のひよこになりました。不定期更新です。 唐突に現れてポイントを置いて去っていくことがありますが、あやしい者ではありません。

ブックマーク

一覧

  • 斬壺(きりつぼ)

    剣の凡人と天才。その戦いが始まり、終わる

    3,700

    未参加


    2021年12月4日更新

    秘太刀“斬壺(きりつぼ)”。 その技を以て、老剣客はかつて岩を斬り、壺を斬った――割ることも砕くこともなく、真二つに――。 ただしそれができたのは、若き日のたった二度だけ。 そして今。辛苦の末に流派を継いだ彼が対峙するのは、剣才そのもののような少年。それはまるで、老剣客の積み上げたもの全てを嘲笑うかのような存在。 もし、奴を斬ることができる技があるなら――それは一つ、“斬壺”。 凡人対天才。 今、その戦いが始まり、そして終わる――。

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 忘却のアイオーン

    今度は現代物。後主人公強い。

    80,950

    130


    2021年11月28日更新

    母と二人暮らしの女子高生、藍沢絵里奈。 彼女は動画配信で稼いだお金で家計を僅かだが助ける日々を送っていた。 ある日、動画配信の企画として廃病院の探索へ赴く。 廃病院の雰囲気に圧されて早々に帰ろうとした際、 不思議な霧に包まれて白い怪物に襲われるが黒い甲冑を纏ったような姿をした人物に助けられる。 絵里奈はこの時から自分が関わっていた過去の出来事と過去未来に渡る物語に関わっていく。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間40分

    この作品を読む

  • 武公の刀

    古の刀を廻り、過去と現在が交差する。

    2,047,361

    4,556


    2021年11月26日更新

    数百年も昔に歴史に埋もれ、失われたはずの魔刀。 それが蘇る時、悲劇が繰り返される。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間3分

    この作品を読む

  • リアル乗馬クラブスタッフが書く、創作に役立つかもしれない『馬』知識

    乗馬クラブスタッフやってる作家のエッセイ

    51,300

    220


    2021年11月23日更新

    Twitterでたまにつぶやいている「創作に役立つかもしれない馬知識」をもっとちゃんとした解説つきでまとめてみたもの。 書いてほしい内容、ここが知りたい! などの内容がございましたらTwitterDMなどで書き込んでください。 乗馬で働いている作家ってやつは結構珍しいようなので、リアルで体験した馬エピソードを交えつつ、自分が学んだ知識などに軽く触れていきます。 自分ならこの辺のことを知れたら創作に役立てるかもしれないな〜という話が中心です。 本当に馬に携わる人としての証明として、自分の撮った馬の写真を多用します。 実体験と自分で聞いた話に加え、できるだけ出典を明らかにしつつ、乗馬教本などからの知識も要点を押さえて書き出していきたいと思います。 Twitter募集で知りたいことなどの質問なども受け付けていたので、そちらの解答もこちらで行います。 少しでも私の馬知識が皆様の創作のお役に立てたら嬉しいなと思います。

    読了目安時間:1時間17分

    この作品を読む

  • その手を引くのは

    少し訳ありな時代物和風恋愛です。

    127,000

    230


    2021年11月12日更新

    時は江戸時代、関東の小藩・峰澤藩の領内で織りなされる男女の物語。 料理屋や蕎麦屋で下働きをしながら長屋で子供たちに学問を教えている町娘・紘子は、蕎麦屋の常連・清瀬重之介と知り合う。封建的で閉鎖的な世にありながら、重之介の前衛的で開放的な思想や言動に興味を持ち始めた矢先、紘子は料理屋で藩主の弟・清平従重と出会う。 傍若無人な振る舞いの陰に憂いと優しさを覗かせる従重、器用に距離を詰め紘子の心に踏み込んでくる重之介……彼らが関わり始めた事で、紘子の「過去」も動き出す―― ※この物語の中には、精神的または肉体的に苦痛を与えるといった暴力的表現や残酷な描写、または身体的接触を伴う性的描写が入るエピソードもたまにございます。目安としてはR15指定程度を想定しています。閲覧される方は何とぞご承知おき下さい。 ※表紙はイラストレーターのyuki様にご制作頂きました。無断使用・無断転載などはご遠慮下さい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間29分

    この作品を読む