プロフィール

獅子舞

朽木桜斎

Lv   :8

作品数 :8

ジョブ :男戦士

称号  :頭のべぷら

アバター:獅子舞

レビュアーポイント:0pt

謹啓 はじめまして。 わたしは朽木桜斎(くちき おうさい)という者でございます。 「小説家になろう」「カクヨム」「NOVEL DAYS」「pixiv」「Wattpad」でも活動しております。 なにとぞよろしくお願いいたします。 謹言 2019年11月23日 朽木桜斎 拝

ブックマーク

一覧

  • ノベルアップ+に思うこと

    ♡11,450

    〇0

    ブログ・連載中・21話 名野凪咲

    2020年1月8日更新

    小説投稿サイトに思うこと……つらつら適当に。 ポイント不要です。

  • 数学が好きなわけじゃない。人間が嫌いなの

    ♡22,700

    〇600

    純文学/文芸・完結済・9話 神岡鳥乃

    2019年12月30日更新

    数学が好きなんじゃない。人間が嫌いなの—— 中学時代、親友とのすれ違いを経験した悠木環(ゆうき たまき)は、それがトラウマになって他人を信じられなくなっていた。 高校入学初日、部活動の説明会を抜け出し誰もいない教室に隠れていた環は、そこで不思議な雰囲気の先輩に出会う。 彼女の名前は三日月圏(みかづき かこい)。 入学以来、校内外の模試で常に1位の座を誇る優等生だ。 数学同好会たった一人のメンバーである圏は、環と同じく他人と親密になることを極端に避けていた。圏に自分と同じ価値観を感じた環は、数学同好会に入会する。 入会の条件は「他人を好きにならないこと」だった。 手痛いトラウマを味わったのだから、もう絶対に誰も好きになることはない。 自分が信じられるのは、変わりようのない論理の言葉だけ。 そう思っていた環だったが、日々の活動で数学の面白さに触れる中で、徐々に圏への好意を自覚してしまう。 どうすればよいか迷っていると、ある日、圏は学校に来なくなってしまって…… これは私が、あなたの友愛数になるまでの話。 (第2回百合文芸小説コンテスト参加作です)