プロフィール

木々井(ききい)やや と申します。 自分が好きなものを作品に詰め込んでいます。 投稿した作品は『木々井 やや の小説まとめ』にまとめています。 お気軽に交流いただけますと嬉しいです!

ブックマーク

一覧

  • まばたき怪談

    まばたきをする前に読み終えられるかも。

    3,040,499

    16,162


    2022年10月1日更新

    まばたきをしないうちに読み終えられるかも。そんな短すぎるホラー小説をまとめました。どうぞ、お気軽に御覧ください。 ラスト一行の恐怖。ラスト一行の地獄。ラスト一行で明かされる凄惨な事実。 一話140字以内なので、別名「ツイッター・ホラー」。ショートショートよりも短い『まばたき怪談』を公開します。

    読了目安時間:5時間4分

    この作品を読む

  • ブログのようななにか。

    需要在るのか。

    155,864

    922


    2022年10月1日更新

    日々の駄文。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 少し偉そうな感想文

    気になった作品を紹介しています。

    4,304,763

    10,276


    2022年10月1日更新

    ノベルアップ+で読んだ、自分視点で気になった作品の感想を書き連ねます。 基本的に完結した作品のみを紹介していきたいと思いますので、それはご了承願います。 更新は不定期で、三か月ごとに長期休載しますので。

    読了目安時間:16時間49分

    この作品を読む

  • 公園パスポート

    少年たちの秘密のファンタジー

    147,884

    2,620


    2022年10月1日更新

    ぼくの名前は大崎悠太。朝峰第二小学校の4年生。 ぼくの住む町には6つの公園がある。 親友の健太とは、1歳5か月の時に近くの公園で出会った。 それから家族ぐるみで仲良くしている。 永遠に続くと思っていた。 けれど、夏休みが終わり、健太は遠くの町に引っ越していって……。 ぼくは他の友達とうまく遊ぶことができず、ひとり公園で過ごしていた。 そんなある日、健太があらわれた。 ぼくは感激した。会いにきてくれたのだ。一緒に公園で遊んだ。 健太が来たのは一度でなかった。毎日のように現れる。 どうして? 健太の住む町は遠くにあって、通うことなどできないはずなのに……。 秘密があった。 その秘密を解くことによって……。 少年たちの友情と秘密のファンタジー物語です。 ※時代設定は2010年頃です。携帯電話はありましたが小学生が全員持っておらず、LINEが登場する前の話になります。

    読了目安時間:1時間45分

    この作品を読む

  • 夏の風はいつも僕らを(長編連載)

    ずっと一緒にいた人に初めて恋をした日の事

    53,600

    350


    2022年10月1日更新

    イラスト:里葉亜 中学一年生で、幼馴染の陽翔(はると)と結愛(ゆあ)は、最近ギクシャクしていた。 明日から夏休みという今日も、ささいなことで口喧嘩をしてしまう。 そして、次の日、陽翔は…… 葉山の海岸を舞台に、ひと夏の間に成長していく二人の姿を描く、甘酸っぱい青春ストーリー。 森崎 陽翔(もりさき はると):自分の感情を持て余している中学一年生の男子。 長坂 結愛(ながさか ゆあ) :陽翔の幼馴染。中学一年生の女子。長い髪のポニーテールがトレードマーク。 吉崎 エマ(よしざき えま) :町内会長の吉崎のお婆さんの孫。高校一年生。戸塚に住んでいるが、時々帰省してくる。 若松 恵(わかまつ めぐみ) :陽翔と結愛の同級生。結愛と同じ女子グループのリーダー。クラスでも一番の美少女。 芦名 優斗(あしな ゆうと) :陽翔と結愛の同級生。一年からサッカー部のレギュラーで、女子にもモテる。 金谷 明人(かねや あきひと):陽翔と結愛の同級生。 ※里葉亜さんに描いてもらった、ポニーテール女子のイラストをもとに、短編として発表した『夏の風はいつも僕らを』ですが、エピソードが続いているので、長編としてまとめることにしました。こちらをブックマークお願いします。 ※エピソード「1. 夏の風はいつも僕らを」、「2. ん? から始まる落とし物の話」、「3. かりそめの彼女」は、これまでに短編として公開してきたものの再録です。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    読了目安時間:1時間50分

    この作品を読む

  • 境界線上の魔王

    戦い、抗い、少年少女は未来へ進む。

    6,027,613

    286,781


    2022年9月28日更新

    ヒトとヒトならざるモノが息づく大陸、アルティア。 ある日、この大陸を東西に横切る大河が、天を貫く魔法の壁に姿を変えた。 近づくものの魔力を命ごと飲み込んで佇むその壁は、のちに『境界線』と呼称され、長きにわたって異種間の交流を断絶した。 境界線を恐れたヒトは、許可のない渡航を厳罰化し、この魔力に抵抗しうる才のある者に『聖騎士』の称号を与えた。 ……時は流れ、現代。 行方知らずとなっていた先代聖騎士の捜索のため、聖騎士クリスティアが三度目の渡航を終えた、その日の黄昏時。 凱旋式の喧噪のさなか、彼女はひとりの剣士と対峙することとなる。 ※ダークファンタジーですが、一部を除き人物が直接的に死ぬ描写はありません。 ※表紙絵は雪丸ぬん様制作。無断使用および転載はおやめください。 ※小説家になろう様にて、同様の内容で掲載させていただいております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間12分

    この作品を読む