プロフィール

ブックマーク

一覧

  • 週末電脳戦記ルーリスタ-最強戦姫と裏最強な引退少年の77週間-

    ロボ装備美少女多めなVReスポーツ!

    6,983,344

    120,921


    2021年7月29日更新

    【ノベプランキング総合で日間週間1位は多数獲得済み。最高順位はSFジャンル累計1位、総合累計6位!】 【ロボ装備好きやバトルゲーム好き集まれー!】 プロもいる世界的大人気興行である大型筐体のアーケードゲーム『週末電脳戦記ルーリスタ』。 人のアバターが機械武装を纏ってVR空間を行動するこのゲームは、一対一とは限らない対戦に、複数勢力が同時に争うシミュレーションゲーム的な陣取り、そしてプレイヤーの行動力を算出するパズルゲームの早解き要素を併せ持つ、最大10対10×5で毎週末の度に6団体で行われる、通年シーズンを争うリアルタイム団体対戦ゲームだった。 これはそんな『ルーリスタ』業界を席巻するふたりの物語。 かつて名門家で英才教育を受け、未来最強と目されながら、家族関係の拗れから道を外れ、今や地方の田舎で貧乏家計を支えるためにバイト三昧な高校生の引退少年・峰崎明日真。 名門家の最高峰ギルドで一度は頂点の栄華を極めるも、とある事情からギルドを抜け、幼馴染の明日真と再起するべくやって来た、最年少凄腕プロの転校生少女・天鵬院百鬼(なきり)。 卓越した才能を持つふたりは、たったふたりから『ルーリスタ』に挑み、埋もれた才能と言うべき仲間たちを集めながら、S1~D4ランクまである世界リーグを最底辺から世間が驚く速度で駆け上がり、頂点を目指していく。 2021/6/11:最終第五部はじまりました! (上下巻的に各部が二冊分ほどあります) 『IS』や『武装神姫』、『メガミデバイス』とかロボ装備少女がお好きな方や、対戦ゲームの駆け引きがお好きな方は是非ぜひ! ***プレオープン時からの最古参組です。 ***日間週間月間だのはノベラポイントをくれる神が現れると時々浮上します。 ***2021/5/28時点で、総合累計ランキング6位、SFジャンル累計1位。 ***690万応援ポイント&18万PV突破感謝! 皆様の応援のおかげです! ありがとうございます! ***時々例外はありますが、基本挙動として、コメントにはコメント、スタンプにはスタンプが返ります。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:38時間20分

    この作品を読む

  • 創世のアルケミスト~前世の記憶を持つ私は崩壊した日本で成り上がる~

    がんばり物語です

    28,718,639

    109,450


    2020年4月7日更新

    ポストアポカリプス 成り上がり スキル付与 ダンジョン 転生 チート このあたりを詰め込んでみました ※小説家になろう様とカクヨム様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:31時間42分

    この作品を読む

  • 鬼さんあちら指差す方へ

    アニメ記念

    8,169


    2020年3月1日更新

    レジェンダリアのジョークのような罪状に混じる凶悪指名手配犯。その罪は大量殺人、なはずなのだが……マスターは皆「お気の毒に」と彼女を笑う。何故だろうか。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 天にも届け愚か者

    コンテストに大遅刻の作品です。暫定的完結

    66,300


    2020年2月29日更新

    『バカと煙は高い所が好き』の言葉通り、《Infinite Dendrogram》にて愚か者は天を目指す。 そしてこれは、その男を中心に起きる騒動の物語

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間54分

    この作品を読む

  • 無限の世界の備忘録

    デンドロコンテスト用短編連作です

    146,700


    2020年2月29日更新

    これは、<Infinite Dendrogram>を遊ぶ様々な者達によって記される何気ない一頁である―― ※この小説は小説家になろう、で掲載中の<Infinite Dendrogram>を原作とした二次創作小説です。 ※この小説には少なからずの捏造設定と原作改変要素が含まれる予定です。ご了承ください。 ※誤字脱字、ミスなどを発見した場合、指摘してくださると幸いです。 ※それでは、どうぞよろしくお願いします。 ※この作品はハーメルンでも同様に掲載、あるいは掲載予定です。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5時間34分

    この作品を読む