プロフィール

 葉霜雁景(はしも かりかげ)と申します。または深海(ふかうみ)。どの名前でお呼びいただいても大丈夫です。小説家になろう、カクヨムでも作品を連載しております。手直しをチマチマ重ねる遅筆な者です。  作品を読んでくださっている方々に感謝を。いつもありがとうございます。  書くのもそうですが読むのも遅いです。一気読みすることもありますが、腰が重いのでそうなるまで時間がかかるかと思います。  評価や感想は最新話に追いついてからすることが多いです。

ブックマーク

一覧

  • 炎剣戦記

    これは、色褪せることなき物語

    469,488

    8,902


    2022年8月15日更新

    精霊使いと人間のニ種族が存在する世界。 かつては共存していた二種族の間に徐々に軋轢が生まれ、やがて互いに互いを迫害し合うようになりそれは大きな争いへと発展した。 張り詰める空気の中。精霊使いに対抗するべく生み出された剣士達の集団、騎士団に所属するシラは、精霊使いの王の婚礼から逃亡した美しき魔女・グラーニャの監視を命じられてしまう。 本来は敵同士である2人は、監視という役目を通じて、共に過ごし、共に戦い。様々な強敵と相対し、そして少しずつ2人の関係に変化が現れていく。けれど歪みきった世界は、やがて2人に残酷な選択を突きつける。 これは、悲哀と絶望で満ちた世界で、生きた剣士と魔女の物語 表紙絵:スナギモ様作

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間45分

    この作品を読む

  • -Crazy- 殺しあいの約束

    渇望と淫欲のアイロニカルファンタジー

    13,400

    0


    2022年8月9日更新

    ――俺たちの関係は、殺しあいの約束だけで結わえられている。 眉目秀麗で人当たりの良い好青年、ソウは魔物討伐のエキスパートである魔狩として生計を立て、引きこもりの弟と暮らしている。 ある日、魔狩協会本部の緊急要請を受けて、沙国の大規模討伐へ向かったソウは、上位魔獣との戦いで幻の魔狩〈黒影〉と出会う。 魔物を討伐した瞬間、古代遺物の魔法陣が起動し、ソウは黒影と共に見知らぬ大陸に転移してしまった。 どうしても生きて帰りたいソウは、最強の魔狩である黒影の協力を得るため、ある約束を交わすことに――。 「いいだろう。故郷に戻った折に、キサマはワタシと殺し合う。約束だ」 命のやり取りに狂った孤高の魔狩〈黒影〉と善良であることにこだわる青年ソウの、 生きて帰るための物語。 ―――――――――――――――――――― ※過激描写(性的、暴力、暴言など)がございますので、 そちらも含めフィクションとしてお楽しみください。 暴力行為や暴言、性的暴行を示唆するものではございません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間30分

    この作品を読む

  • 鏡鑑の夏と、曼珠沙華

    ──あの夏の眩しさだけは、覚えていた。

    3,100

    0


    2022年8月3日更新

    文芸部員の雨宮彩織は、夏休みの終わり際、"夏"を探しに田舎へと帰省する。その先で再会したのは、かつての幼馴染であり、彼の初恋の相手──椎奈あやめだった。そこで彩織は、彼女に『自分の色を分ける』ことを決意する。昔とは少し違う夏休みのなかで、ただ夏だけを描き続けた幻想綺譚。どこか懐かしくて物悲しい、狂おしくも儚い夏物語。 『縁なしの紺青の空、ただ立ち昇るだけの入道雲、アスファルトに霞む夏陽炎、降り注ぐような蝉時雨──僕は存在しない虚像の夏に、焦がれている。』

    読了目安時間:2時間34分

    この作品を読む

  • 相反する白と黒

    平和を謳う政府に、たった二人で抗え。

    381,250

    5,850


    2022年7月27日更新

    日本という呼称がされなくなった時代、過去の過ちを繰り返すように政府の独裁体制が敷かれていた。 四咲 詩音《よつさき しおん》、十八歳。 反政府思想を掲げる一人の少女。五年前に政府に勤めていた両親が殺められ、それ以降、事件の真相を追い政府へのアンチテーゼを示し続ける。 ある日、詩音が一人の女性からの依頼遂行へと向かう最中、黒瀬 來奈《くろせ らな》と名乗る十八歳の少女に声を掛けられた。 彼女もまた政府に対する強い憎しみを抱いており、その目的は政府の息が掛かった者を皆殺しにすることだった。來奈には十三歳から十四歳に至るまでの記憶が無く、自身の中から抜け落ちた空白の一年に苦しんでいた。 政府に牙を剥く二人に立ち塞がるのは、政府直属掃討部隊レイスと呼ばれる武闘派集団。国の平和を謳う政府と反政府を掲げる二人。相反する思想を抱く双方が幾度と無く衝突する。 五年前の真相を知る為に政府と戦う詩音。 政府の連中を皆殺しにする為に戦う來奈。 たった二人で抗う彼女達は、先ず、政府が秘密裏に開発を進める違法麻薬『促進剤』についての情報を追う。皮肉にも、違法麻薬の真実が二人の過去へと繋がるとも知らずに。 大切だった存在は今、憎むべき存在へと変わる。 此れは──相反する白と黒。決して交じり合って灰色にはなれない物語。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間22分

    この作品を読む

  • 道士 龍先生

    中華ファンタジーっぽいやつ

    15,600

    370


    2022年7月16日更新

    神仙や妖怪の存在。それらが、人間の歴史や生活にかかわっていた昔の話……。 とある国の都では、原因不明の怪異が頻発していた。 都の片隅。さびれた道観に住む道士の名は龍。 龍は妖怪退治をしたり、道観で作った薬や魔除けの紙符を配って怪異に苦しむ人々を助けていた。 それを快く思わぬ宮廷道士と弟子の林魁、学問の生徒秦璃がいさかいを起こしてしまう。 林魁たちを助け、宮廷道士を追い払った龍だが、後日宮廷道士の長である来福真人が報復に訪れる。 この時の戦いがきっかけで、都で起こる怪異の原因に近付くことになる龍。 煉丹術を研究している道士左臥や、風水に長ける道姑欧陽緋の協力を得て都、そして国を覆わんとする怪異に立ち向かっていく龍。 その戦いの中、弟子の林魁にかけられている呪いや龍がいつも背負っている木箱の秘密が明らかになっていく。 道術や妖怪が出てくるバトル多めの中華ファンタジーです!

    読了目安時間:2時間54分

    この作品を読む