プロフィール

ファンタジー、フィギュアスケート、現代物が主。今のところ短編が主ですが、長編も載せるかもしれません。 感想やスタンプなどをいただけると泣いて喜びます。 よろしくおねがいいたします。

ブックマーク

一覧

  • メルレールの英雄-クオン編・前編-

    本格的ファンタジーです

    18,200

    110


    2022年3月28日更新

    月神を失って3000年ーー魂は巡り蘇る。 失われた月神の魂は再び戻り、世界の危機に覚醒するだろう。 バルスデ王国の最年少騎士団長クオン・メイ・シリウスはある日、不思議な夢を見るようになる。次第に夢は苦しめる存在となりーーーー。 ※サイト15周年の記念作として書き始めたものです。 3000年前の物語シオン編、リオン編、レイン・スレイ編もあります。クオン編を読んで気になったら、読んでみてください。 戦闘シーンがあるので、念のためセルフレイティングにチェック入れてます。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23時間3分

    この作品を読む

  • 『悪役』令嬢と星巡りの『魔女』は運命を変えたい

    性癖ぶち込んだ異世界バディ生活

    26,000

    100


    2021年5月25日更新

    この世界には七つの国があった。 【ガラスの国】、【鉱山の国】、【獣の国】、【商人の国】、【火竜の国】、【真珠の国】、そして【騎士の国】── 七つの国はそれぞれ独自の発展を遂げ、長い歴史の中で異なる文化をつくりあげてきた。 その国の一つ、【騎士の国】ムールアルマに、一人の女騎士がいた。 名をケイト・オルスロットという。 彼女は貴族に生まれたが、全てを妹に奪われた。 ドレスやアクセサリーでは飽き足らず、妹は彼女の婚約者までも奪い取ってしまった。 そんな妹に抵抗しても、彼女たちの両親は妹の味方をする。 ケイトは悔しい思いで日々を過ごしていた。 ある日のこと。とあるパーティーの最中、会場に『男』が現れた。 『男』は【十一月十日に生まれたオルスロット侯爵令嬢を『魔女の森』に連れて来い】と言い残して消える。 それはケイトの妹を指していたが、妹を手離したくない両親によって、ケイトが『魔女の森』へ行くことになる。 彼女は魔女を殺そうと策略するが、魔女はケイトに『星巡り』の話をした── 不運から始まる異世界生活! 笑いあり涙ありアクションありのよく分からんストーリー! ちょっと恋愛要素もあったりして!(多分) 乞うご期待!(なろうとカクヨムにも載せてます!)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16時間34分

    この作品を読む

  • ヴィシュタイン・コピーライト

    ピアノ × 冒険 × スチームパンク‼

    623,050

    18,050


    2021年2月1日更新

    あらすじ: 時は20世紀初頭、イングレス連合王国首都、ロンドン。 産業革命による蒸気機関の急激な発達によって人々の暮らしは豊かなものとなり、 芸術文化の花開く土壌が、上流階級から労働者にまで幅広く広がっていた。 パトロン付きの十七歳のピアニスト、アンジェラは、一ヶ月後に迫るロンドンピアノコンペティションで優勝しないと家を追い出されてしまう。 しかし調子は絶不調。諦め気味のアンジェラは夜になると屋敷を抜け出し、街のバーでジャズピアノを弾く毎日。 そんなある日、ピアニストとしても一流の調律師、アドニスと出会う。 とある依頼でアンジェラは、超絶技巧の右手専用ピアノ曲『右手のためのピアノ独奏曲』を演奏しなければならなくなり、 アドニスのレッスンを受けて、その才能を開花させていくのだが……。 その裏では、大きな陰謀が渦巻いていた。 曲に隠された秘密。 謎多きピアノ調律師。 裏世界で暗躍する男達。 霧煙る街ロンドンで、人々の思惑は交錯し、複雑に絡み合う。 十七歳の少女が奏でるピアノが、それを解きほぐす鍵になるとも知らずに。 --------------------------------------------------------------------- コンセプトは、ピアノ × 冒険 × スチームパンク‼ 読んでてワクワクする! 続きが気になる! そんな気分になってもらいたくて書いてます。 ついに全三部、完結! (2021/2/1) --------------------------------------------------------------------- 2022/2/22 第34回星海社FICTIONS新人賞 座談会に取り上げられました! 2021/11/1 メフィスト賞2021下期 印象に残った作品に選ばれました! ※作者Twitter: https://twitter.com/tomoyuki2019 ※表紙絵: 小石のような男 @koishiotoko 様

    読了目安時間:12時間42分

    この作品を読む

  • 咲夜。人の寿命が見える私と、来年までに死ぬ彼の話。

    第三回ライト文芸大賞奨励賞受賞作品

    426,380

    3,042


    2021年1月28日更新

    加護咲夜(かごさくや)、高校一年生。 彼女には、不思議な能力があった。それは、他人の寿命が〝年数〟で見えること。彼女には大きな未練があった。それは、寿命一年である事を知りつつ見過ごしたことで、とある女性を救えなかったことだ。 咲夜は高校の入学式の朝、屋上から空を見上げる男子生徒の姿を見かける。なんとなく視界の隅に入った彼、今泉京(いまいずみきょう)の寿命は──〝一年〟だった。 先輩が来年までに死んでしまう運命を変えられた時、私が背負った罪の十字架も下りるのかな? 次々現れる寿命一年の人物を救いながら辿り着いた世界で、ついに咲夜は彼の死の間際に直面する。 「先輩──!」 伸ばしたその手は届くのか──。 偽善か──それとも贖罪か。死神の目の使い方。 ※アルファポリス主催、第三回ライト文芸大賞奨励賞受賞作品。 ※HJ小説大賞2020後期最終選考作品。 ※表紙用のイラストは、『SKIMA』を利用してmu様に、タイトルロゴは草食動物様に作って頂きました。 ※Part1の挿絵として、騰成様から頂いたファンアート。Part51の挿絵として、イトノコ様のフリーイラストを使わせて頂きました。

    読了目安時間:7時間56分

    この作品を読む