プロフィール

ひよこ剣士

七時雨

Lv   :9

作品数 :3

ジョブ :ひよこ剣士

称号  :ノベルアッパー

アバター:ひよこ剣士

レビュアーポイント:0pt

SF、ファンタジー好きの小説家志望のひよこです。今はひよこですが、その内鳳凰レベルまでなってやろうと思いますのでよろしくお願いします。

ブックマーク

一覧

  • 地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

    ♡1,682,555

    〇12,135

    異世界ファンタジー・連載中・272話 白玖

    2020年1月22日更新

    愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。 弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。 しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。 立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。 毎日0時頃最新。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 感想等お待ちしております。

  • ぬこ好き集まれ〜!ぬっこぬこの時間だよ!

    ♡432,874

    〇8,560

    現代ファンタジー・連載中・52話 むもむも

    2020年1月19日更新

    執筆に疲れたらひと休み! 一緒にぬこぬこしましょう! ただし! ぬこぬこし過ぎるとぬこぬこの呪いにかかるので注意! ∧ ,, ∧ ∧ ,, ∧ ∧ ,, ∧ ∧ ,, ∧ (=・ω・)(・ω・=)(=・ω・)(・ω・=) 魔王さまが転生して猫になったようです。 魔王さまは、叡智を授かりし王として魔界に君臨していたようですが、 何の因果か、私たちのいる世界に猫として転生されてしまいました。 でも、そこは魔王さま。 じっくり焦らず魔界に戻るチャンスをうかがうことにします。 また、ついでだからと私たちのいる世界も征服しようと計画しているようです。 そんな、魔王さまのほのぼのとした日常を本編にてお楽しみください。 ※いただいたノベラポイントは換金し、全て動物保護団体へ寄付いたします。 1話ずつ完結するように書いて行こうかと思います! 小説家になろうにも掲載しています。 ∧ ,, ∧ ∧ ,, ∧ ∧ ,, ∧ ∧ ,, ∧ (=・ω・)(・ω・=)(=・ω・)(・ω・=) ■むもむもがオススメする他作者様の猫作品 ▼お喋りしよう 作者:津嶋朋靖様 https://novelup.plus/story/186461752 ∧ ,, ∧ ∧ ,, ∧ ∧ ,, ∧ ∧ ,, ∧ (=・ω・)(・ω・=)(=・ω・)(・ω・=)

  • 突然、冥界の女王に召喚された高校生の物語

    ♡128,250

    〇565

    歴史/時代・連載中・95話 kisaragi

    2020年1月13日更新

    突然、冥界の女王に召喚された高校生、獅道愁一は記憶喪失だった。 しかし、愁一は現代世界の悪霊を魂送する冥界の役人と契約をし悪霊退治をすることに。 記憶もない、訳の分からぬまま、愁一の新たな現世世界が始まる。 何故、記憶がないのか。何故、冥界に召喚されたのか。その謎を解明することが出来るのか。 現代で起こる、悪霊、怨霊怪異、魑魅魍魎と戦う和風アクション!

  • 生まれる時代を間違えたサムライ、異世界へ

    ♡1,010,827

    〇21,780

    異世界ファンタジー・連載中・64話 shiba

    2019年11月27日更新

    【剣術 × 恋愛 With 巨大騎士】でお送りする架空戦記物です。 (※小説家になろう様でも掲載しております) 斑目蔵人(まだらめ くろうど)は武人である。ただし、平成から令和に代わる時代に剣客として飯が喰える筈も無く…… 気付けば何処にでもいるサラリーマンとなっていた。 化物染みた祖父に叩き込まれた絶技の数々は役立たずとも、それなりに独り暮らしを満喫していた蔵人は首都高をバイクで飛ばしていた仕事帰り、光る風に包まれて戦場に迷い込んでしまう。 図らずも剣技を活かせる状況となった蔵人の運命や如何に!?

  • 宇宙の果てで《繋がる》意識とすれ違う心

    ♡186,833

    〇785

    SF・完結済・219話 武石雄由

    2019年10月24日更新

    《星の彼方》から現れた《原始の民》が、未開の惑星の開拓植民を果たしたとき。やがて数多の星々を切り拓き、その生活圏を銀河系中に広げたとき。複数の勢力に分かれて相食みながら、人知の結実である銀河連邦を樹立したとき。連邦内の格差拡大による大乱が生じたとき。そして銀河系人類悲願の恒星間通信が、ついに実現しようというときーー その陰には常に、精神感応的に《繋がる》異能者たち《スタージアン》の存在があった。 果たして《スタージアン》とは何者か? 彼らの目的は? そして《スタージアン》に対して、ヒトはどう臨むのか? 銀河系人類千年の歴史を紐解く物語が、今ここに紡がれる。 ※小説家になろう、カクヨムと重複投稿。 ※部ごとの時代も登場人物も異なります。 ※理不尽な死があります。ご注意ください。 ※縦組推奨 ※表紙挿絵は堂道形人さんからご提供頂きました。