プロフィール

ひよこ剣士

木本真夜

Lv   :9

ジョブ :ひよこ剣士

称号  :ノベルアップスターター

アバター:ひよこ剣士

レビュアーポイント:0pt

サッカー大好き、駆け出しの執筆者。 書籍化を目指してマイペースに物語を紡いでいます。 twitter→@mayanarou 気軽に絡んでくださいな^^

作品

一覧

  • なろうにてブクマ3000件突破の純愛物語

    ♡15,000

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話 木本真夜

    2019年11月10日更新

    火神朝陽が住むマンションの隣の部屋に"氷の令嬢"――氷室冬華が引っ越して来たのは高校一年の夏休みが終わる頃の話。 誰に対しても塩対応ならぬ氷対応で接する冬華は隣人の朝陽にも当然冷たい……はずだった。 「腹減ってるのか?」 「……いただきます」 風邪を引いた冬華を朝陽が看病したことから変わり始める二人の関係。 夜ご飯を共にするようになり、休日にお出かけするようになり、やがて愛の言葉を囁くようになり……。 ぶっきらぼうながら世話焼きな朝陽の傍に居るうちに、他人を拒絶し心を閉ざした冬華が纏う氷は少しずつ溶けていく――そんな遅効性の純愛物語です。

  • 近くて遠い、幼馴染二人の純愛ストーリー

    ♡31,693

    〇5

    恋愛/ラブコメ・連載中・8話 木本真夜

    2019年11月8日更新

    天ケ瀬朝陽と姫宮美咲は幼馴染で腐れ縁の同級生だ。 それ以上でもそれ以下の関係でもないはずだった。 「あっくん、好きだよ」 高校の入学式を控えた朝、微睡の中で聞こえた「好き」をきっかけに朝陽と美咲の関係は少しずつ変わっていく。 肌と肌が触れ合っても、下着姿を見ても、同じ布団で寝ても。 今までは何も感じなかったはずなのに。 美咲の些細な一面にいつしか胸の高鳴りを覚えるようになった朝陽は、徐々にその感情の正体に気づき始め……? 距離は限りなく近いのに、恋愛となるとどこまでも遠い。 そんな幼馴染二人の尊い関係を描く純愛ストーリーです。 ※純愛もの、幼馴染ものが大好きな読者様集まれっ!

  • 小説家になろうにてブクマ1000件突破!

    ♡149,850

    〇4,100

    恋愛/ラブコメ・連載中・51話 木本真夜

    2019年11月8日更新

    今まで色恋沙汰とは無縁だった上に高校から男子校に進学することになった樋山秀次は電車に乗って入学式に向かう途中、同じ車両に乗り合せた女の子に一目惚れをする。 一瞬で恋に落ちた秀次曰く、ダークブロンドの髪を風に揺らし、端正な顔つきに碧眼の瞳を備えた彼女は1億年に1人の超絶美少女。 それから4か月、初恋をした高嶺の花と何故か毎日電車で5分間だけ顔を合わせるようになったのだが、初心でヘタレな秀次は何のアプローチも出来ないままにただひたすら片想いを募らせていく……しかし夏休みを前にしたある日、そんな切ないたった5分の関係に転機が訪れ……? お互い名前すら知らなかった男女が長い時を重ねて徐々に想いを深めていく……そんな甘酸っぱく、じれったい等身大の高校生たちの恋模様を綴った作品です。

  • 身に覚えが無いハーレムに大混乱!

    ♡1,800

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・20話 木本真夜

    2019年8月27日更新

    不慮の事故で記憶喪失になってしまった高凪優真は、自分に彼女がいることを担当の医者から教えられる。 家の前でまだ見ぬ彼女と待ち合わせをしたはずなのだが……? 「優真くん……! おかえりなさい!」「おかえり優真。心配かけやがって」 高凪を待っていたのは黒髪ロングとボーイッシュ系、2人の超絶美少女だった。 どちらも高凪の彼女だと言い張る状況に、何も覚えていない本人は大混乱。 更にはドジっ娘後輩にも惚れられていて……? 主人公が超絶美少女たちに好かれまくる理由は記憶喪失前に。 過去の自分を背負い、最初から好感度マックスの美少女たちに囲まれながら、記憶を失った主人公は唯一断片的に思い出した"約束"を追い求めていく。

ブックマーク

一覧