プロフィール

初めまして!アランです。 宜しくお願いします。 好きな作家さん 佐野徹夜先生、三秋縋先生、松村涼哉先生、朝井リョウ先生、村上凛先生、井上堅二先生など

ブックマーク

一覧

  • アオハル・レボリューション(最終推敲中。第三章 永遠と結菜まで整いました)

    脆くて儚い青春と、色褪せない日常の日々

    425,700

    5,030


    2022年6月16日更新

    中学一年の羽月瀬菜。幼なじみの水鳥川ねおと登校中、ある男子と出会う。瀬菜はその憧れの王子を想うあまりtwitterを開始。妄想の止まらない日々を送る。 中学校を卒業した瀬菜。王子こと天羽永遠(あまは とわ)が通う高校へ入学する。入学式が終わり、桜の木の下で幼なじみのねおを待った。突然同じ制服を着た男子が現れ瀬菜のスマホの内容を見る。担任の南部先生の紹介で転校生がやってきた。スマホを見た彼、新田詩音であった。 ある日。ねおと瀬菜は、ひょんなことから軽音部に行くようになる。しかし瀬菜のある言葉によって三年の朝日奈結月に初対面にもかかわらず、きつく言い返されてしまう。そこで結月は瀬菜に対して歌を歌ってほしいと突き付けた。 迷った瀬菜は詩音に相談し練習を開始。やがて音楽に夢中になっていく。次第に惹かれあう二人。そんな二人に、結月は新入生歓迎会で二人のライブを決めた。 軽音部に入部する、彼ら一人一人の日常は順風満帆ではなかった。夢を追いかけるも気持ちが焦り空回りしていく。 【登場人物】年齢は設定時 (女子) 羽月 瀬菜(はづき せな)1年15歳 水鳥川 ねお(みどりかわ ねお)1年15歳 天王寺 音(てんのうじ おと)1年15歳 綿瀬 歌音(わたせ かのん)1年15歳 羽月 結菜(はづき ゆな)3年17歳(瀬菜の姉) 天王寺 凛(てんのうじ りん)中学2年(ねおの妹) 藍野 椿(あいの つばき)2年16歳 (男子) 新田 詩音(あらた しおん)1年15歳 高大 澪央(こうだい れお)1年16歳 乙藤 律(おとふじ りつ)1年15歳 七海 奏汰(ななみ かなた)1年15歳 天羽 永遠(あまは とわ)3年17歳(瀬菜の憧れの先輩) 川澄 遥(かわすみ はるか)2年16歳(永遠の親友) 一色 陽向(いっしき ひなた)3年17歳(軽音部部長/エレキ担当) 鳴宮 響(なるみや きょう)3年17歳(軽音部副部長/ドラム担当) 朝日奈 結月(あさひな ゆづき)3年17歳(軽音部/ボーカル、作詞作曲) 南部 楽(なんぶ がく)教科担当/現代文、教師26歳

    読了目安時間:9時間52分

    この作品を読む

  • 毒舌少女はあまのじゃく 〜壁越しなら素直に好きって言えるもん!〜

    【コミカライズ1巻は10/1発売!!】

    1,788,550

    50,156


    2022年3月11日更新

    ※第1回ノベルアップ+小説大賞受賞作。 ※既刊3巻。コミックファイアでコミカライズ中! 雪菜先輩は俺と同じアパートに住んでいるお隣さんだ。 ドSで毒舌少女の雪菜先輩は、俺の部屋に来ては罵倒と寝技、ときどき足技で俺を攻撃してくる。 「お仕置きしてほしいの? 欲しがりな豚ね。踏んであげるわ」 「ふふっ。だらしないオス顔……ざまぁないわね」 このように、女子高生に踏まれるのが俺の日常になりつつある。 しかし俺は知っている。あのドSな態度は過剰な照れ隠しで、本当は俺と仲良くなりたいってことを。 だって……隣の部屋から雪菜先輩の『デレ』が聞こえてくるんだ!! 『えへへ。今日も大好きな啓太くんのお部屋でいっぱいお話しできたー! 明日こそ、好きって言えるといいなっ』 部屋の壁越しに毒舌少女のあまーい本音が聞こえる、恋人未満の甘々いちゃいちゃ日常ラブコメ開幕! 学園要素も少しあるよ!

    • 性的表現あり

    読了目安時間:10時間12分

    この作品を読む

  • 今まで保健室登校をしていましたが、今日から屋上登校を始めます。〜そこで出会った銀髪美少女が可愛すぎて〜

    屋上登校をしている生徒が居るらしい

    22,000

    30


    2022年1月15日更新

    高校生となった佐野湊だったが、目付きの悪さやツンツンとした髪質から周囲の生徒に恐れられてしまい、入学してからというものクラスのみんなに馴染めなかった。 ぼっちの生活は想像以上に辛く、入学から一ヶ月程で耐えられなくなり、保健室登校を始めることとなった。 保健室登校にも段々と慣れてきたある日。いつもお世話になっている保健室の先生から、今日から保健室ではなく屋上に登校することを勧められた。 言われた通りに屋上へと足を踏み入れてみると、そこには大きなテントが張ってあり、その横には延々と空を眺める銀髪美少女が座っていた。 同じ制服を着ているのに、風になびく銀髪やそこから覗く綺麗な横顔に目を奪われる。どうやって話し掛けようかと思いながらも、銀髪美少女に空を見ていた理由を問いかけてみると、無表情ながらも整った顔をこちらへと向けて口を開いた。 「空は同じ形を作らないから、ずっと見てても飽きない」 その瞬間から、俺の灰色だと思っていた高校生活に色がついた。

    読了目安時間:10時間48分

    この作品を読む

  • 家政婦は見てない

    このミステリーがすごい頭おかしい!

    45,000

    306


    2021年6月22日更新

    雪山の洋館で起きてしまった前代未聞の連続殺人事件。しかし、洋館に務める家政婦は犯人を見てないと証言した。家政婦なのに。 いったい犯人は誰なんだ……!?

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

  • さよなら私のドッペルゲンガー

    愛すべき馬鹿達の笑って泣ける青春復讐劇

    428,000

    19,625


    2021年3月19日更新

    「なんとかなるでしょ、だって夏だし」 京都市内で一人暮らし中の高校生、墨染郁人は『ノリと勢いだけで生きている』と評される馬鹿だ。そんな墨染の前に、白谷凛と名乗る少女の幽霊が現れる。 なんでも凛はドッペルゲンガーに存在を奪われ、死に至ったらしい。不幸な最期を遂げた凛が願うのは、自分と成り代わったドッペルゲンガーの殺害だった。 凛の境遇に感じるものがあった墨染は、復讐劇の協力を申し出る。友人である深谷宗平も巻き込んで、奇想天外かつ法律スレスレの馬鹿騒ぎを巻き起こしながらドッペルゲンガーと接触を重ねていく――――。 幽霊になった少女の、報われない恋心と復讐心。 人間として生きるドッペルゲンガーが抱える、衝撃の真実。 ノリと勢いだけで生きる馬鹿達の、眩い青春の日々。 これは、様々な要素が交錯する夏の京都で起きた、笑いあり涙ありの青春復讐劇。

    読了目安時間:4時間34分

    この作品を読む