プロフィール

初めまして。何か思いついたものを書いていこうと思います。 宜しくお願い致します。 ファンタジー連載中です。 Twitter tm@30651848

ブックマーク

一覧

  • アンタとはもう戦闘ってられんわ!

    熱血!爆笑⁉ロボットものです

    172,050

    1,072


    2022年12月7日更新

    時は21世紀末……地球圏は未曾有の危機に瀕していた。人類は官民を問わず、ロボットの開発・研究に勤しみ、なんとかこの窮地を脱しようとしていた。 そんな中、九州の中小企業である二辺工業の敷地内に謎の脱出ポッドが不時着した……。 爆笑必至の新感覚ロボットバトルアクション、ここに開戦! ※ちなみに『戦闘って』と書いて『やって』と読みます。お願いします。 2021年4月22日、日間ランキング、総合・ジャンル別ともに1位! 皆様のおかげです! ありがとうございます!

    読了目安時間:10時間43分

    この作品を読む

  • 境界線上の魔王

    戦い、抗い、少年少女は未来へ進む。

    6,776,056

    329,142


    2022年12月7日更新

    ヒトとヒトならざるモノが息づく大陸、アルティア。 ある日、この大陸を東西に横切る大河が、天を貫く魔法の壁に姿を変えた。 近づくものの魔力を命ごと飲み込んで佇むその壁は、のちに『境界線』と呼称され、長きにわたって異種間の交流を断絶した。 境界線を恐れたヒトは、許可のない渡航を厳罰化し、この魔力に抵抗しうる才のある者に『聖騎士』の称号を与えた。 ……時は流れ、現代。 行方知らずとなっていた先代聖騎士の捜索のため、聖騎士クリスティアが三度目の渡航を終えた、その日の黄昏時。 凱旋式の喧噪のさなか、彼女はひとりの剣士と対峙することとなる。 ※ダークファンタジーですが、一部を除き人物が直接的に死ぬ描写はありません。 ※表紙絵は雪丸ぬん様制作。無断使用および転載はおやめください。 ※小説家になろう様にて、同様の内容で掲載させていただいております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23時間1分

    この作品を読む

  • 賢者が恋した賢者の恋

    コミカル+シリアス+恋愛?×群像劇‼️

    1,208,256

    5,672


    2022年12月7日更新

    【作品紹介】 これは、物語を考えないまま書き始めた物語。 最初は、ファンタジー世界を舞台にした短編のラブコメを書くつもりだった。しかし、そうはならなかった。 ラブコメが何たるかを知らず、そもそも、小説すら読んだことのない私が、小説など書けるはずもなかった。 しかし、書き進めるうちに、物語が浮かんできた。 このキャラクターは、どうしてこうなったのか? 彼らの過去には、何があったのか────? それらの疑問が積み重なり、繋がり合い、物語は構築されていった。 ラブコメを書くつもりだったので、当然恋が始まる。思いついたのは【絶大な力を秘めた女性が賢者に一目惚れをする】というものだった。 最初に思いついたヒロインはラシディアといった。 賢いが少し天然の可愛らしい魔女とした。 次に思いついたのが、ジュメイラという戦士だった。ラシディアとは対照的で、グラマラスで快活、しっかりした感じの女性だった。 あまり深く考える事もなく、ヒロインはラシディアとし、ジュメイラはその義理の姉とした。 次に、ラシディアが誰に、どういった経緯で恋に落ちるかを考えた。 今思えば、恋に落ちるまでも重要な物語であるはずなのだが、何しろ私は小説初心者。短絡的に【一目惚れ】という安直な方法を選んだ。 賢者との出会いはこうだ。 ヒロインたちが街へ来て、偶然出会って一目惚れ────。何とも捻りのない流れだ。よくこんな設定で話を続けようと思ったものだ。 しかし、当時の私にはそれ以上の発想は一切浮かばなかった。 ヒロインたちは街へとやって来た。なんの為に? そうだ。街へ行く理由が必要だった。 そこで咄嗟に考えた。それが、【めちゃ強い魔物を倒さないと手に入らない素材で作った特別な魔法薬を売りに行く】というものだった。 そして、その魔法薬の噂を聞きつけた賢者がやってきて出会う──。そうだ、それにしよう。 その程度の考えで物語は進められた。 しかし、私は思った。──ラシディアたちって、何故そんな力を持っているのだろう、と。 二章を書き終える頃、ようやくその答えが分かった。 太古の昔より続く忌しき宿業──。彼らには壮絶な過去があり、過酷な未来が待ち受けていた。 それを描く為、第三章から主人公たちの過去へと遡り、この物語は始まる────

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:19時間52分

    この作品を読む

  • 神託のディストピア

    死力尽きるまで舞い続けろ!

    187,688

    65


    2022年12月7日更新

    神託を得られない忌子のユウセイは僅かな理解者とともに、懸命に生きていた。しかし、魔王との戦闘で親友のカグラを殺されてしまう。 自身も魔王との戦いで死にかけ、女神ネメシスに命を助けられ、一命を取り留めたユウセイはその覚悟を問われる。 「俺はどんな結末になろうと後悔を尽くし、進むだけだ。約束を果たし、世界を救う」 持たざる者ユウセイは唯一無ニの神託を女神に与えられ、絶望の淵から立ち上がる。“演舞”を舞い、絆を繋ぎ、世界を救う為、隷属印に縛られる勇者や魔王と戦う決意をする。 闘気を練り上げ、死力尽きるまで舞い続けろ! 友の約束を胸に、女神の誓いを背負い、覚悟を刃に乗せる。王道ダークファンタジーここに開幕ーー。 サブタイトルを修正しました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:27時間15分

    この作品を読む

  • 偽りのドラゴンナイト

    第三章開始。魔力を司る少年を巡る物語。

    479,360

    10,358


    2022年12月8日更新

    魔法使いの名門アーティア家に生まれたトア・アーティアは、生まれつき魔法が使えなかった。 それを理由に奴隷として売られたトアは、働き先の奴隷農場で青髪の少女と出会う。 ミラと名乗った少女は、自分が竜の血を引く竜人であることを打ち明ける。故郷が襲撃され、一人逃げてきたのだという。 もう一度故郷へ帰りたいと望むミラに、トアは心を動かされ、力を貸すことにするのだが……。 魔法が使えない代わりに、魔力を司る力を持つトア。 特別な竜の血を引く竜人の末裔ミラ。 特別な二人が織りなす戦いの物語。 月曜日と木曜日に更新予定。 小説家になろうにて同時掲載中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間32分

    この作品を読む

  • ダンジョン攻略は海兵隊魂で!

    最強無敵の魔戦士と、ツンデレAIの冒険譚

    1,377,625

    52,173


    2022年12月4日更新

    【あらすじ】 魔法が一切使えない、無敵の魔戦士『独言のノエル』。 彼はアメリカ海兵隊の 装備と支援AIの 助けでその名を馳せている。 町のすべての悪党を、軒並み倒してしまった彼は、親の仇討ち、仲間の供養、物資探しの旅に出る。 ツンデレAIの相棒と、旅路で出会う新たな仲間。 金髪エルフに巨女剣士、ロリっ娘メイドを引き連れた、ダンジョン攻略の物語。 【主な登場人物】 ・ノエル・ルコッタ 主人公。元冒険者ギルド所属のポーター。亡き恩人から譲り受けたアメリカ海兵隊の装備を身に纏い、『独言のノエル』と呼ばれる魔戦士として名を馳せているが、魔法は一切使えない。盗賊・山賊・海賊などの悪事を働き弱者を踏みにじる存在を許せない。いまは相棒のソニアとともに、ある目的のために旅をしている。 ・ソニア・ビヨンド ノエルの相棒であり、良き理解者。ノエルはソニアのことを、別世界の見知らぬ国から来た精霊だと思っているが、その正体は、アメリカ海兵隊の装備品である「歩兵戦闘支援システム」に組み込まれた人工知能。国防総省のプレス発表によると、二等軍曹相当の階級であるらしい。 ・カリーニャ 17歳のエルフの少女。四体の精霊を友人に持つ。育ての父親のもとで楽しく暮らしていたが、とある事情で、伝説の地「エルフの隠れ里」に向けて、ノエルとともに旅に出る。旅の当初はノエルを信用してはいなかったが、今では心を開き、ノエルに対してふざけてばかりいる。 ・マーサ・ツンベルグス 巨人の戦闘部族イフィーの女剣士。22歳という若さでありながら、帝国軍では二等騎士(中佐相当)の階級である。鍛えられた全身、長い足、小さな頭と完璧なスタイルであるにもかかわらず、その大柄な容姿を醜いものと信じ込んでいる。博識ではあるが、一般常識の解釈に難がある。 ※この作品は、異世界生まれの現地主人公が、アメリカ海兵隊の装備を身につけて、軍用AIとともに冒険するという、異世界ファンタジーです。 ※週1回以上の更新を予定しております。 ※作中に残酷描写、暴力描写および性的表現があります。 ※この物語はフィクションであり、実在の国家・団体・人物・エルフとは一切関係ありません。 また、法律・法令、並びに道徳・倫理に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※小説家になろう様、アルファポリス様にも投稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:24時間19分

    この作品を読む