プロフィール

小説を書き始めて早一年半……。 読んでもらうのが何よりも幸せなので、感想叱咤激励なんでもいいのでよろしくお願いします! アルファポリス様で連載中の『パーティを追い出されましたがむしろ好都合です!』が書籍になり、好評発売中です!

ブックマーク

一覧

  • 地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

    ♡3,922,071

    〇17,144

    異世界ファンタジー・連載中・525話・1,404,236字 白玖

    2020年10月1日更新

    愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。 弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。 しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。 立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。 毎日0時頃最新。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 感想等お待ちしております。

  • 「1日1個の林檎は医者いらず」と申します

    ♡3,802,973

    〇55,755

    異世界ファンタジー・連載中・139話・456,326字 ガトー

    2020年9月21日更新

    トラックの横転に巻き込まれ、死んでしまった〝古津大輔(ふるつだいすけ)〟は、 神さまに五つ能力をもらって転生することになった。 ランダムにカードを選んで得るその能力は、 役に立つ物もあれば、そうでないものもあり、 一度選んでしまったら、キャンセルはできない。 彼は、五枚目に引いたカード〝呪縛〟のせいで、 〝自分を殺したもの〟の姿で転生することになってしまった。

  • 中身が凡人な決戦兵器が奮闘するお話です

    ♡310,920

    〇2,335

    SF・連載中・189話・701,780字 ヨシコ

    2020年7月30日更新

    _ 人 人 人 人 人 人 _ > お待たせしました、すごい奴 <  ̄ Y ^Y ^Y ^Y ^Y ^Y  ̄ 彼の名は小林拓郎。平凡で目立たないルックスと、中の下の成績で甘んじている何処にでも居るようなフツーの高校生。 「うーん、今日もフッッツーで平和な一日だった!!」 平凡を愛し、日常を謳歌し、ある種のテンプレに彩られた男子高校生《モブ》の生活は、とある夢を境に崩壊した。 不思議な夢を見て目を覚ました彼は、別世界の日本に住む コバヤシ・タクロー の身体と入れ替わっていたのだ! しかし、彼の苦悩は終わらない。何故なら、小林少年の意識が宿ったコバヤシ・タクローとは…… 迫りくる世界の《終末》を防ぐ役目を担う人類最後の希望。終末対抗兵器《オーバー・ピース》だったのだから!! 突き抜けて最強! 何処までも無敵! そして最強無敵の秘訣は……ヒロインの白ビキニ!? 「これが、コバヤシさんだぁぁぁ────ッ!!」 いきなり最終兵器にされた少年とパートナーである謎の美少女、そして愉快な仲間達が織りなす《ハイテンションSF終末楽園系\KOBAYASHI/青春バトルコメディー》……ここに開幕ッッ!! ナレーション:千葉繁 ※更新再開に伴い、現在改稿作業中です。更新が遅れがちになりますがどうか宜しくおねがいします。

  • わちゃわちゃ異世界冒険譚!

    ♡108,180

    〇405

    異世界ファンタジー・連載中・41話・113,706字 まるぽろ(ヤキトリ)

    2020年6月15日更新

    高校二年の夏休み、優太、大空、徹の仲良し三人組は、山で黒い靄を発見した。 靄を抜けるとそこは異世界だった!? 帰れなくなった三人が呆然とする中、神が現れ、彼らはこの世界で生きていくための身体と、この世界の人類が持って生まれてくる『天稟』を与えられる。 彼らは覚悟を決める、『どうせ帰れないなら三人でこの世界を楽しもう!』と。 これは後世に、勇者、賢者、聖女として語り継がれることになる英雄譚──の脚色前。 魔石を対価に衣類や食料を購入でき、色々と様子がおかしいテントを出現させる、特殊すぎるスキル『衣食住』により、歴史家からその存在を疑われ、従者としてしか語られない『巫師』の優太、『武辺者』の大空、『魔法家』の徹──男子高校生三人組の、わちゃわちゃ異世界冒険譚! ※本作は小説家になろう、アルファポリスでも公開しております。 ※3/16タイトルを変更しました。

  • 突然異世界サバイバル!私生き残れるの!?

    ♡1,344,937

    〇26,990

    異世界ファンタジー・完結済・55話・182,141字 -kaori-

    2020年3月16日更新

    【第一部あらすじ】※ネタバレあり コンビニアルバイトのサオリはその日、夜勤のシフトに入っていた。 二十時を過ぎても、同じ時間に来るはずの同僚はまだ来ない。 客も途切れ、店内でたった一人になった時、それは起きた。 突然の眩暈に立つ事もままならなくなったサオリは、床に横になってしまう。 回る世界と自分。目を開けた時、店の外はまったく知らない景色へと変貌していた。 コンビニごと、どこかへ移動してしまっていたのだ。 ゴブリンと遭遇した事で、異世界だと認識したサオリは店内に立て籠もるが、なすすべがない。 店内に侵入したゴブリンが暴れだしても、カウンターの下に隠れて泣く事しか出来ないサオリ。 好き放題に暴れていたゴブリン達は、やがて去っていった。 カウンターの内側には入って来なかったのだ。 サオリを守ったのは、店内とカウンターとの間に展開されていた結界だった。 電気や水道が通った店内に、何者かに弄ばれていると感じるサオリ。 それはこの世界の支配者なのか、神なのか。 トレジャー・ハンターがやって来た。 息も絶え絶えに店内でくずおれた彼は、『守護者』に追われていると言う。 外は追っ手と思われる、恐怖の魔物が取り囲んでいた。 トレジャー・ハンターの追われる理由は、あるダンジョン内で盗んだ羽根ペンだった。 やがて魔物との死闘も決着し、羽根ペンを手に入れたサオリはそれによって天使を召喚してしまう。 天使の可愛さに有頂天のサオリだったが、その天使によって結界が消された事を知り、愕然とする。 結界の消えたコンビニに一人で残れるわけもなく、帰ると言う天使に同行するサオリ。 辿り着いた洞窟では、更なる天使に出会い、神の存在を知る。 不在の神の伝言によって、少しだけ謎を解明したサオリは、元の世界に戻れる日までこの世界で生き抜こうと決意する。 羽根ペンを持つ事と、天使の貸し出しを神に許されたサオリ。 サオリは羽根ペンを使用する事で、大魔法が使えるようになった。魔力無しでも使える大魔法の数々だ。 そして森の妖精や聖剣を持つ勇者、転生者でもある魔法の使えない魔王と何故か魔王に同行する二人の天使、魔王になりかけた事もある大魔法使いの女の子とも運命の邂逅を遂げ、この世界の魔王が誕生してから一年以内に倒さなければ世界が滅ぶ、『魔王一年ルール』に巻き込まれて行くのだった。