プロフィール

メイ(えんどろ~!)

このページを報告

葵ソラ

Lv   :5

ジョブ :ひよこ剣士

称号  :応援者

アバター:メイ(えんどろ~!)

なろうで主に書いている人 @NAROU_aoiosora←Twitter

作品

一覧

ブックマーク

一覧

  • 魔本少女のダークで鬱い物語

    ★1,100

    現代ファンタジー
    連載中 2話 / 2019年7月16日更新

    お菓子作りが趣味の何処にでもいる女子高生、小鳥遊翼はある時、声を聞く。 ”この声が聞こえる誰か” 聞こえないフリ、見えないフリをしようかと思ったけど、そこには愛らしい妖精。甘いお菓子の大好きな『セシャトさん』。彼女が言うには、魔本という物が現れ世界の危機が迫っていると話す。魔法少女もとい魔本少女になって世界を救おうと言われるが翼は断る事にした。 だがしかし……目の前で世界の異変を垣間見た翼は一度だけという約束で『セシャトさん』とユニゾンし魔本少女スイートセシャトに変身するのである。 『セシャトさん』とユニゾンした事で、屈託のない笑顔の『セシャトさん』が過去に魔本少女であった事、そして彼女がどんな物を自分の世界で見てきて、今ここにいるのかを知った翼。 『セシャトさん』は笑ってこう言った。 「翼さん、貴女の世界と貴女は私が守ります」 翼は頷き、『セシャトさん』と魔本少女になる事を決意する。 ”魔本少女は世界を守る事が出来ない存在であるというのに”

  • ジト目が多い美少女と銀髪美青年

    ★11,230

    異世界ファンタジー
    連載中 24話 / 2019年7月15日更新

    いつもの日常を過ごし、眠りについた。けれど、目を開けるとそこはもう異世界でした。 超絶美形の青年から告げられたのは神の娘だということ。 「あんまり実感わかないなぁ」 チート能力どころか魔法も使えない。 主人公:神の娘。猪口ありさ 女子高生 『いつの間にか地球では死んでた。』 「ありさ様かわいいです!」超絶美形だけど、どこか残念な護衛役の青年。 カクヨムでも連載中(若干更新早め)

  • 異世界ファンタジー
    連載中 51話 / 2019年7月15日更新

    15万字ほどの書き溜めがありますので、一日に一話のペースで順次公開していきます。 僕こと、斉藤タミヤはアマチュアではあるが、ラノベ作家だ。 作品を面白くするためなら、どんな高価な資料だって買うし、取材にだって行くし、労力だって惜しまない。 そんな創作に意欲を燃やす僕は今、魂を込めて執筆していた長編異世界ファンタジー「滅びゆく世界のキャタズノアール」を完結させ、新作の構想を練っていたのだが……。 そんな中、今朝から日本中で話題騒然となっている、原因不明の皆既日食現象が起きていた。 当然ながら、僕もまた創作者の端くれとして興味を惹かれ、新作のネタになるかもしれないと、天体望遠鏡を片手に車で飛び出していった。しかし……。 自宅から最も近い二上山に向かっている途中で体調に支障をきたしてしまった僕は、車を停車させる羽目になってしまう。 そして、異変はそんな時に起きた。 突如、黒く染まった太陽から振ってきた巨大な槍に愛車が貫かれてしまい、重傷を負った僕の意識は次第に薄れていくのだった。 目が覚めると、僕はどう見渡しても日本ではない、赤黒く大きな満月が夜空に輝く異世界にいた。 しかも肉体は自分のものではなく、自作小説のヒロインの一人であり、満月を見ると長い白髪になって人の生き血を求める女殺人鬼に姿を変えていたのだ。 湧き起こる悍ましい殺戮衝動を抑えようと必死に戦いながら、僕は異世界の地に一歩を踏み出していく。 果たして僕が日本から異世界に召喚された意味、理由とは何なのか? これは僕が作家としての好奇心に胸を高鳴らせながら、謎に満ちたこの異世界を生き抜いていく冒険譚。 そしてこの異世界に暮らす人々を脅かす魔種との戦いを繰り広げる、戦闘浪漫なのだ。 *カクヨムでも同時掲載してます。

  • 【毎話・必ず・少しエッチ】がコンセプト

    ★13,800

    恋愛/ラブコメ
    連載中 20話 / 2019年7月14日更新

    【毎話・必ず・少しエッチ】が作品のコンセプト――弟のことが好き過ぎて暴走する高校生の姉と、姉のことが大好きだけれどそろそろ独立しようと思っている中学生の弟が紡ぐ純愛《姉弟愛》の物語――なのだけれど、二人の間に家政婦(伊賀忍者の末裔)が加わって、ドロドロの愛憎劇に…発展するとかしないとか。 ※小説家になろう等でも掲載中です。

  • 変女ハーレム、にゅるっと爆誕!

    ★16,820

    恋愛/ラブコメ
    連載中 35話 / 2019年7月16日更新

    桜の雨が降る渡り廊下で香名先輩は言った。 「我が部に入りましょう――JK部に!」 えっ……? それって、男の僕でも入部できるんですか? この出会いがきっかけで、僕は美少女三人(ただし、全員女子力2のクズ)に囲まれながら自己研鑽に励むのだった。いつの日か、特上のモテ男になるために! 予測不能の奇行と戯言のスペシャリスト、香名先輩。 海よりも深いネガティブに溺れる被害妄想炸裂ガール、ヒロ先輩。 頭の中をピンク色で染め上げた脳内エロテロリスト、ひーな先輩。 そしてクラスに話し相手がいないこの僕、ロンリー玉木。 もれなく部員全員変わり者部活列伝、ここに開幕!