プロフィール

『ロボ子さんといっしょ。』を書いています。Twitterの「長曽禰ロボ子」の中の人です。 「MUNNIN」は「ムニン」と読みます。表記は「MUNNIN」でも「ムニン」でも「ム」でも「天才」でもお好きにどうぞ。 公式設定14歳の酔っ払いです。

ブックマーク

一覧

  • インパーフェクト・ワールズ

    世界の出口を探す近未来ファンタジー

    330,900

    2,507


    2022年5月21日更新

    閉じた世界、日本球 失う事を恐れるイザムは、右腕のない少女チサラと出会った。 差別がうずまく世界で懸命に生きる少女は、イザムの生きる意味を変えていく。 そして、少女は世界の秘密を知っていた――。 「あたし、もうすぐこの『世界』から……こんな『世界』から出ていくから」 イザムは大切なものを守るため、世界の出口を見つけられるのか。 ========================== 現在、 第1章(1~11話)完了。 第2章(12~19話)完了。 第3章(20~31話)完了。 第4章(32~51話)完了。 最終章を更新中(2週間に1話ほどが目安です) 長編になりますが、読んでいただけると大変嬉しいです。

    読了目安時間:6時間48分

    この作品を読む

  • アデリーン・ザ・アブソリュートゼロ ❄️2nd anniversary❄️

    ❄️✨皆様のおかげで祝・1周年❄️✨

    242,300

    3,957


    2022年5月21日更新

    十数年前、某国の研究機関に地球外の知的生命体から友好の証として細胞サンプルがもたらされた。 そのサンプルを用いたDNA改造実験によって1人の女の子が産声を上げた。 彼女は瞬く間に成長し、研究員の1人【浦和紅一郎】やその友人【クラリティアナ】夫婦のもとで【アデリーン】と名付けられ、彼らの娘として深い愛情を受け、すくすくと育っていた。 ――しかし、彼女が15歳ほどまで成長したある日、紅一郎は邪悪な野望に狂った秘密犯罪結社【ヘリックス】の総裁・【ギルモア】が送り込んだ刺客によって裏切り者として処刑されてしまう。 深い悲しみとともに紅一郎の遺志を受け継いだアデリーンは、クラリティアナ夫婦の協力を得てヒーローへと変身し、ヘリックスとの戦いに挑むのだった。 ※不定期更新です。小説家になろうとカクヨムでも連載中。 ※おわび※ 自分でも思うところがあったのでジャンルを現代ファンタジーからSFに変更しました。今まで応援してくださった皆様、大変申し訳ございませんでした。今後とも【アデリーン・ザ・アブソリュートゼロ】をよろしくお願いいたします。 (2020/4/21)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:23時間21分

    この作品を読む

  • 解放詠唱アマテラス

    ホラー×バトルな霊能ファンタジー!

    27,000

    120


    2022年5月21日更新

    妖怪や幽霊の目撃談が多く、住民のほぼ全員がその存在を信じている架空の地域、鷹宮県。そんな場所を舞台に、霊的な存在を支配する王、その力の一部である霊王眼を宿す少年、白神リクは戦いの日々を送っていた。邪悪な妖怪を殺し、さ迷う霊をあるべき場所に導くために。 そんな日々の中でも平穏な時間にはごく普通の日常がある。しかし、百鬼夜行を引き起こそうとする邪悪な陰陽師の一族、赫喰家との戦いに巻き込まれることになったことでリクの日常は一変。 彼らの野望が達成されれば、妖怪や悪霊の大群が日本中に溢れかえり、下手をすれば世界の危機となる。 それを止めようとするものと、協力する者達の争いより鷹宮県は混沌を極めて行く。妖怪、霊能者、神々、果ては西洋の魔術師までをも巻き込む、壮大な霊能戦争の舞台として――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:31分

    この作品を読む

  • ドブネズミの革命 ─虐げられる貧民たちは、自由を求めて下克上する─

    これは、貧民が国王に就くまでの物語

    91,150

    78


    2022年5月21日更新

    貧富の差が激しい国イズティハル。 貧民は人にあらず、ドブネズミと呼ばれている。 イズティハルの貧民ファジュルは、恋人ルゥルアと二人で暮らしていた。 貧民は差別され、仕事をまともにもらえない。 パン一つを得ることもままならない日々だったが、王女シャムスと出会ったことをきっかけに変わり始める。 シャムスの望みは『スラムにいる賢王の息子を探し、新たな王にすること』 そして現国王ガーニムもまた賢王の息子を探していた。 王の望みは『政敵である賢王の息子を殺すこと』 賢王の息子を殺すため、国王はスラムに火を放つ。 そしてファジュルは自分こそが賢王の息子なのだと知ることになる。 「戦うしかないのなら戦う。俺はルゥやみんなが幸せに暮らせる未来がほしい」 これはドブネズミと呼ばれた王子が、貧民たちの幸せのため玉座を勝ち取りにいく物語。 革命戦争編連載中。 統治編は革命戦争編が終わってからです この作品は小説家になろう、アルファポリスにも掲載しています。 *この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間54分

    この作品を読む

  • やぶ医者の女房 〜あたしの正体が妖狐だと知られたら、離縁されてしまうでしょうか〜

    妖狐とやぶ医者の純愛もの

    107,100

    2,124


    2022年5月21日更新

    お葉さんの亭主・良庵はやぶ医者である。 それはもう、やぶ医者の中のやぶ医者と呼ばれる程にひどい野巫《やぶ》医者。 野巫医者とは、呪《まじな》いなんかで怪我や病気を治そうという怪しい医者の事。 けれど、お葉さんがお嫁に来てからというもの、どうもその評判に変化が見え始め、町の人もちらほらと、良庵の描く呪符を欲しがり訪れてくれる様に。 それというのも、良庵の女房・お葉さんは、実は上位の妖魔である妖狐だったのです。 その尾は六本、なんと六尾の妖狐。 お葉さんは効かない呪符を今日も効く呪符へと、せっせせっせと不思議な力を使います。 いつか自分の正体が知られやしないかとドキドキしながら日々を送る、お葉さんこと六尾の妖狐のお話。 ◇◇◇◇ 水曜と土曜の朝、週二回更新でのんびりやっていこうと思います。 良かったらちょこちょこ覗いてやってくださいませ。

    読了目安時間:4時間12分

    この作品を読む