プロフィール

歴史とロボットとミリタリー好きです。 読んでくださる皆様に、楽しい時間を提供できるよう頑張ります( ´ ▽ ` )

ブックマーク

一覧

  • ツチノコが押しかけてくるなんて聞いてない

    ♡62,700

    〇344

    恋愛/ラブコメ・連載中・26話 金城幸介

    2020年7月13日更新

    一人暮らしの高校生、宮野隆継の下に突然現れたのは自分をツチノコだと言い張る少女だった。 彼女は「のこ」と名乗り、一人で山から降りてきたらしく、ドアを破壊したり愛猫を呑み込みかけたりと散々な邂逅となった。 すぐに放り出そうとした隆継は、けれど少女が身寄りも行く場所も無いというので仕方なく住まわせることになってしまう。 うら寂しかった生活から一転、賑やかな物語が幕を開けたのだった。

  • 用心棒の一振りは誰のために

    ♡162,350

    〇1,130

    異世界ファンタジー・連載中・39話 美夕乃由美

    2020年7月12日更新

    その昔、『ひのもとのくに』では人間と物怪(もののけ)が雌雄を決する戦いがあった 勝者は人間。彼らは『ひのもとのくに』全土を統治し、平和と繁栄を築くことに成功した。 それから三百年。 永遠と思われた平和にもやがて終わりが訪れる。 権謀術数に明け暮れる権力者、民から際限なく税を搾り取る圧政、そして何年も続いた飢饉 弱まった国力は荒廃を呼び、天下太平の世の中は乱れつつあった。 和風ファンタジーとなります! 世界観は幕末をベースにはしておりますが、他の時代とミックスしている部分もありますので、厳密なる時代考証はご勘弁を(汗 (ジャンルは異世界ファンタジーにしております) GWまでは週3回、それ以降は週1~2回更新を考えております。 拙い文章と物語ではありますが、みなさまがお楽しみになられれば幸いでございます。 ※ セルフレイティングを入れておりますが、極端な描写は極力抑えるようにして参ります

  • 機械の化け物と異能のケダモノが殺しあう

    ♡116,300

    〇1,150

    SF・連載中・63話 南蛮蜥蜴

    2020年7月7日更新

    引き裂かれた世界で人々は生きていた。 あらゆる物理法則が通用しない樹木に蹂躙され“害獣”と呼ばれる生ける災厄に脅かされながらも、再び黄金期が訪れると夢想し、果て無き闘争を続ける黄昏の時代。 世界がドス黒い絶望に覆われる中、それを晴らすかの様に奔る一筋の眩い閃光があった。 これは異形の機械竜を駆り、抗い続けた一人の若者の物語。 ※小説になろう、カクヨムでも掲載中です。 ※挿絵は雨川真優(アメカワマユ)様@zgmf_x11dより頂きました。利用許可済です。

  • 和服っ娘が好きすぎて書いてしまった・・・

    ♡14,100

    〇10

    異世界ファンタジー・連載中・12話 獅子王

    2020年7月4日更新

    ここはとある世界。戦乱によって荒れた国々を旅して修行をしている和服っ娘がいた。 その者はとても美しく、とても可愛い。 それと同時に瞳の奥にある決意もあった・・・ 荒んだ世界を旅して己を鍛える美少女の物語!刮目して見よ!

  • 挿絵マシマシ!ファンタジーロボット短編集

    ♡739,650

    〇1,725

    SF・連載中・35話 操兵ワールド制作委員会

    2020年7月2日更新

    ------------ 「科学が魔法に成り代わったところで、人はちっとも変わらない。グズで愚かで煩わしくて、どこまでいっても人は人。 読めば分かるさ、世界の全てを記録した僕の魔導書【クロノファンタズマ】を、その指先で摘まんで開けば。」 科学は魔法へ、旧人類は新人類へ── 遥か未来の地球、人が作り出した魔力を駆使する異能の生命体「新人類」の反乱により、高い科学技術を極めた人類はその技術もろとも駆逐された。 その後も新人類同士の争乱が続く世界で生きる、人、亜人、魔族…そんな彼らを微睡みの合間に見下ろすのは、世界を司る三女神が一神【刻限の女神クロノス】。 その御手に収まる、世界の全てが記録された魔導書【クロノファンタズマ】には、遥かな時を重ねて尚「人」として生きる者々の物語が紡がれ続けていた。 魔導仕掛けの人型機械兵器・操兵を中心に広がるシェアワールド【操兵ワールド】による、記録者達のファンタジーオムニバス。 世界観wiki: https://w.atwiki.jp/souhei_world/ ※備考 ・こちらの作品は多人数参加形式の短編集になります。 ・作品ごとに作者が違います。 ・コメントへのリプライは企画代表者が行います。 ・基本的にどの作品から読んでも楽しめるようにできています。気になったタイトルをお手に取って頂ければと思います。 ・ご好評頂いていた『リサシリーズ』は単独作品として独立いたしました。 ------------