プロフィール

なんか色々と趣味の多い梨。

ブックマーク

一覧

  • 半笑いの幸福

    幸福の掴み方は、人それぞれで構わない。

    61,800

    110


    2022年6月26日更新

    池原悦弥は、寂しい社会人生活を送っていた。 人付き合いは不得意、仕事へのモチベーションも低く、パッとしない見た目で、将来の夢も展望もなし。もちろん、恋人などできたことはない。 有名大学卒業という学歴だけをただひとつの誇りとして漫然と日々を流してゆく彼の生き方は、たいそう哀れなものに違いない。 それでも、毎日、懸命に生きている。 傍からみればくだらないことを気に病み、くだらないことに全力を注ぎながら。自分なりの幸福を掴むために。 穏やかな日常のなかに潜む多様な感情を事細かに、かつ赤裸々に掘り起こした意欲作。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間42分

    この作品を読む

  • 炎剣戦記

    これは、色褪せることなき物語

    294,788

    7,022


    2022年6月25日更新

    精霊使いと人間のニ種族が存在する世界。 かつては共存していた二種族の間に徐々に軋轢が生まれ、やがて互いに互いを迫害し合うようになりそれは大きな争いへと発展した。 張り詰める空気の中。精霊使いに対抗するべく生み出された剣士達の集団、騎士団に所属するシラは、精霊使いの王の婚礼から逃亡した美しき魔女・グラーニャの監視を命じられてしまう。 本来は敵同士である2人は、監視という役目を通じて、共に過ごし、共に戦い。様々な強敵と相対し、そして少しずつ2人の関係に変化が現れていく。けれど歪みきった世界は、やがて2人に残酷な選択を突きつける。 これは、悲哀と絶望で満ちた世界で、生きた剣士と魔女の物語 表紙絵:スナギモ様作

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間20分

    この作品を読む

  • トゥーリとヌーッティ<短編集>

    トントゥの女の子と小熊の妖精の物語

    209,003

    25


    2022年6月25日更新

    トントゥの女の子トゥーリと小熊の妖精ヌーッティの日常を描いた短編集(第1巻)です。 北欧フィンランドを舞台に繰り広げられる二人の活躍(?)をお楽しみください。 お好きな章からお読みいただけます。 おすすめの話は「ヌーッティ危機一髪」です。 *フィンランド語はフィンランド語を母語とする友人に添削してもらっています。

    読了目安時間:7時間6分

    この作品を読む

  • 召喚士が陰キャで何が悪い【Web版】

    【二巻7/1発売】最底辺からの成長物語

    9,457,408

    44,859


    2022年6月24日更新

    こちらはWeb版になります(*´ω`*) 📕書籍版第一巻大好評発売中! 第二巻は7月1日に全国の書店さまより発売予定! 予約も始まってます!(*´ω`*) ▼あらすじ​─────── 異世界が身近な存在となって久しい。 高校生になると同時に与えられる携帯端末『ギア』のスイッチをONにすることで、その日見る夢の代わりにファンタジーRPGのような異世界で一日を過ごせる時代になった。 主人公であるひねくれ陰キャの藤間透(ふじまとおる)は召喚魔法に対する適性を得るが、肝心の召喚モンスターがいない。 やむなく採取で生計をたてるなか、クラスのパリピ軍団に接触し、また自分と同じように冷遇されている女子と遭遇する。これがすべてのはじまりであることを、透はまだ知らなかった。 ​───────​───── 現実とゲームのような異世界を行き来するファンタジーです。 成り上がりファンタジーものですが、主人公の成長をじっくりと書きたいので、しばらくは採取ばかりです。……が、手前味噌ではありますが、決して序盤も地味ではありません。ヒロイン達とのボケツッコミや、少しずつ認められてゆく藤間くんをいっしょに応援していただけるとうれしいです。 RPG要素強め、ラブコメ要素多め、そしてうだうだした陰キャ主人公の成長がテーマの欲張りな作品になっております! 無断転載はかたくお断り致します。 カクヨムでも投稿はじめました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:32時間11分

    この作品を読む

  • 微笑う死神の追憶

    それは、果てのない無限の旅路

    91,400

    570


    2022年6月22日更新

    およそ20万年。途方もない年月を歩き続けた不老不死の女性、エドナがいた。 エドナは幾多の出会いと別れを繰り返していくうちに、いつしか人々から『死神』と呼ばれるようになるが、それでもエドナは微笑いつづける。彼女は、この世界の全てを愛していたからだ。 そんな彼女が旅の途中、ふとした拍子に頭の中に浮かんだ声が誰のものか、記憶を辿ってみることにした。彼女は思い出す。愛しい人が生きていたこの世界を。愛しい人が生きていくこの世界を。 家族を失った者、家族を置いていく者。 夢を叶えた者、夢に殺された者。 欲望のままに生きた者、夢のために生きた者。 何もかも失った者、何かを手に入れた者。 あらゆる『人』が、彼女の記憶の中で生きていた。

    読了目安時間:3時間17分

    この作品を読む