プロフィール

かぼのべら

こおり ほのお

Lv   :20

作品数 :5

ジョブ :男盗賊

称号  :ノベラ司教

アバター:かぼのべら

レビュアーポイント:32pt

スタンプや感想を頂けると泣いて喜びます

ブックマーク

一覧

  • 「セリフだけ?」「しかも140字」

    ♡383,690

    〇725

    その他・連載中・270話 中村尚裕

    2020年2月29日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

  • 第一回みんなで勝手にランキング結果発表!

    ♡110,010

    〇560

    エッセイ/コラム/評論・連載中・4話 ありしうす

    2020年2月28日更新

    みんなで投票して勝手にノベプラの作品のランキングを発表する企画です。 詳しい内容は『エピソード001皆で勝手にランキングについて』をご確認ください。 「参加条件はノベプラを利用している」ことだけなので、どなたさまも気軽にご参加ください。 DMでの投票用ツイッター:https://twitter.com/arisiusu3 【このランキング企画にポイントは必要ありません】

  • 作品数、限定しません。沢山来い!

    ♡474,081

    〇3,040

    エッセイ/コラム/評論・連載中・91話 魚住真琴

    2020年2月28日更新

    基本は書き手の私ですが、自分に足りないものを補うため、色んな思いやその中に隠されたものを理解しくみ取る能力を身に着けたくて隠れた名作を読んで学んでいきたいと思っています。正直者ゆえ、酷評になってしまいがちな可能性はありますが、それでもいいですよ!という心優しい方の作品をお待ちしています。もしかすると、勝手に読んで勝手に感想の時もあるかもですが、そのへんは許してくだされ…… 皆さまの素敵な作品をお待ちしています。よろしくお願いいたします。 (12/8からジャンル「その他」から「エッセイ」へ変更)

  • 2020年2月29日更新

    絵を描くのが趣味の神代冬人が、ブックマークしている小説投稿サイトの作品にファンアートを描いたのがキッカケで、学園一と名高い美少女、秋月友火と二人だけの秘密を共有する事に。 ある日、相談があると秋月から連絡が有り、放課後に学校の外で相談を受ける事になった。 その後も友火は冬人に色々と相談を持ち掛けていった。 中にはデートに関する相談まであり、叙々に二人は信頼し合うようになる。 イラストレーターの少年と物書き少女が織り成すラブコメディ。 イラストと小説でお楽しみください。

  • 少年は、少女を護るために最強を欲した!

    ♡232,750

    〇380

    異世界ファンタジー・連載中・208話 駿河防人

    2020年2月27日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。