プロフィール

なろう/アルファ/エブリスタなどで連載。『追放された錬金術師、実はトップクラスのパン職人!〜日本のパンを作って、まったりスローライフ〜』 『 名古屋錦町のあやかし料亭~元あの世の獄卒猫の○○ごはん~』連載中♪pixivでも刀剣乱舞なんかの二次創作投稿してます

ブックマーク

一覧

  • 箱庭物語

    大切な誰かへ遺す、花束を綴じる物語。

    447,700

    550


    2022年7月4日更新

    ※本作は他の小説投稿サイト様でも公開しております。 ※毎週、月、金曜日、18時に投稿。 ※エンディングまでだいたいのストーリーは出来上がっておりますので、問題なく更新していけるはずです。予定では250〜300話、150万文字程度で完結となります。(参考までに) ※この物語には実在の地名や人名、建造物などが登場しますが、一部現実にそぐわない場合がございます。それらは作者の創作であり、実在のそれらとは関わりありません。 ※2020年3月21日、カクヨム様にて連載開始。 ※2020年5月7日、ノベルアップ+様にて連載開始。 あらすじ 2020年。世界には776冊の『異本』と呼ばれる特別な本があった。それは、読む者に作用し、在る場所に異変をもたらし、世界を揺るがすほどのものさえ存在した。 その『異本』を全て集めることを目的とする男がいた。男はその蒐集の途中、一人の少女と出会う。少女が『異本』の一冊を持っていたからだ。 だが、突然の襲撃で少女の持つ『異本』は焼失してしまう。 男は集めるべき『異本』の消失に落胆するが、失われた『異本』は少女の中に遺っていると知る。 こうして男と少女は出会い、ともに旅をすることになった。 これは、世界中を旅して、『異本』を集め、誰かへ捧げる物語だ。

    読了目安時間:35時間11分

    この作品を読む

  • 花園地獄

    花は美しく時に無粋でむしり取りたくなる。

    94,300

    1,220


    2021年11月13日更新

    美しい花園は時に地獄ともなる。禁断の愛を抱えた兄妹は昔、犯した過ちゆえに束の間、別荘の花園で逢うことしか許されない。触れることすらない彼らの想いの行方は。

    読了目安時間:31分

    この作品を読む

  • 僕らは数字に踊らされている

    前代未聞、数字を使った異能バトル!

    1,179,050

    16,885


    2021年11月13日更新

    近未来。数字が偏重され「番号持ち」と呼ばれるごく少数の特異な人間が優遇される社会。 高校に通う蓮森数美は文学を愛し「番外」と目されて軽んじられていたが。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5時間33分

    この作品を読む

  • 研究棟の真夜中ごはん

    コミックス第1巻 2月1日発売決定!

    2,112,340

    32,894


    2021年6月26日更新

    第一回ノベルアップ+大賞 最終選考作品→【コミカライズ決定】!!! 生活サイクルが夜型の大学院生、塔山うららは、ある真夜中の研究棟、刃物を持った女性と出くわします。 不審者と思われたその女性は、うららと同じく夜型生活の大学院生、鳥見川 氷彗でした。 彼女は研究棟の休憩室で、料理を作っていたのです。 流れで一緒にごはんを食べることになった2人は、それから少しずつ料理を通して仲良くなっていきます。 さて、今日の夜食は何でしょう? 以下のサイトでも連載しています。 カクヨム、小説家になろう

    読了目安時間:7時間12分

    この作品を読む

  • 左団扇奇譚

    妖怪と妖刀と陰陽師の異色和風ファンタジー

    779,215

    24,780


    2021年6月18日更新

    ここは黒い太陽が輝く世界。昼は薄暗く、夜は尚暗い。 そんな魑魅魍魎と隣り合わせの世界で、妖怪退治『左団扇(ひだりうちわ)』を経営する二人組。 洋装の陰陽師である亜緒(あお)と、「妖殺し」の異名を持つ妖刀使いの蘭丸(らんまる)。 しかし、いつも『左団扇』には閑古鳥が鳴くばかり。 そんな店の扉を久しぶりに叩いた客、藤野宮 宗一郎は「殺したはずの彼女に命を狙われている」という。 奇妙な依頼人の命と自分たちの生活費のために、二人の妖退治屋が軽い腰を上げる。 彼らを取り巻く個性溢れるキャラクター達が織りなす和風怪異ファンタジー。 『左団扇奇譚』のジャンルはファンタジーとなっておりますが、異世界というわけではありません。 この現実世界の裏側にある平行世界(パラレルワールド)に近く、すぐ隣にある似た世界という感覚です。 なので日本史に名を残す文豪の名前が出てきたりもします。 舞台設定は大正時代を意識しておりますが、あまり拘ってはおりません。 そういう認識で物語に接していただけると面白さも倍増するかと思いますが、基本読む人の自由で何の問題も無いです(笑) 和風テイストの妖怪退治物語を楽しんで頂ければ幸いです。 本作は歴史モノではなく和風ファンタジーなので、多少歴史に合致しなくてもウダウダ言ってねぇで取り合えず読め!ですよ。

    読了目安時間:13時間36分

    この作品を読む