プロフィール

「少年・鉱石・箱庭」をテーマにした物語書き。 閉鎖的な世界でいきる少年たちの煌きを物語に込めています。

ブックマーク

一覧

  • 幻想小匣~140字ピッタリの世界~

    綺麗な世界に不穏の雫を一筋垂らす140字

    76,500

    610


    2022年6月25日更新

    綺麗だけれど不穏の雫を一筋垂らしたような物語を、140字ピッタリで紡ぎます。 残酷な童話風のダークファンタジーが多めです。 毎回ではないですが、BLやGL、人外、異形化、状態異常などの描写もあります。

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 【140字小説】夜が灯る五分前

    140字の小さな小さな物語達です。

    3,500

    0


    2022年6月25日更新

    毎日12時に5作品を更新します。 140字小説集①『夜が灯る五分前』(文庫版、160ページ、151作収録) https://booth.pm/ja/items/1698514 140字小説集②『永遠教室の延々』(文庫版、112ページ、103作収録) https://booth.pm/ja/items/2974566 『夜が灯る五分前』は、眠るか眠らないかまどろんでいる時間のことを指しています。 そのぼんやりとした時間には、「明日の仕事は早く終わるのかな」とか「今日は楽しかったな」とか色々なことを考えます。 眠りにつく五分前、そういった喜怒哀楽や未来のこと、過去のこと。 様々な感情が溢れて、どうしようもなく、どうしようもないときがきっとあると思います。 そんなどうしようもない五分前に、沢山の物語を読んでほしい。物語の中から一番近い感情を見つけてほしい。 夜が灯る五分前、あなたにとって生きたいと思えるような時間になってほしい。そんな思いを込めた作品です。

    読了目安時間:4時間17分

    この作品を読む

  • 触れない男と宝石少年

    これは「孤独」をやめる物語

    71,700

    300


    2022年6月24日更新

    舞台は未来、東京。 「生き物に触れられない男」が拾ったのは、宝石で動く美しきアンドロイド「ジュエリードール」。 世界の片隅で二人だけの幸せな日々が訪れるはずだった。 あなたがあなたで、君が君でなかったらーー 人間になりたい怪物である男「六男」の手を取ったドール「サンズ」。 一人と一台の抱えた謎が、次第に社会を揺るがす大事件につながっていく。 その果てで、六男の願いは叶うのか。そしてサンズの願いとは……? 「僕はあなたのそばにいられますか?」 「俺たち出会わなければよかったね」 人外蔓延る未来に描く、近未来ファンタジー。 よろしくお願いします。 ※注意! この話には、重度の知的障害者についての記述が含まれます。 けれども、私は障害についての専門家ではないため、事実や経験に基づく表現ではありません。 また、内容的にも、現在から見ても古い時代における知的障害者への対応というものを取り上げています。 知的障害者を「白痴」と呼んだり、座敷牢に閉じ込めたり、という内容です。 物語はフィクションであり、作者に知的障害者や関係者を誹謗中傷したり、差別を助長したりする意図がなく、物語上必要なためこの設定を用いた、ということが納得いただけない方は、閲覧を控えるようにしてください。 よろしくお願いします。 感想や評価、ブックマーク、レビュー、ありがとうございます。大変嬉しいです。力になります。 この作品は小説家になろうにも掲載しております。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間58分

    この作品を読む

  • ゼンマイ仕掛けの箱庭絵本

    箱庭の少女が綴る心映しの絵本。

    17,300

    0


    2022年6月24日更新

    ――「ようこそゼンマイの森、彼女の空想庭園へ」 ゼンマイ仕掛けの箱庭で 紡がれる絵本の本当の言葉は きっとあなたにしか届かない きっと意味なんて無いのでしょう ですが心に留めてくれたら その言葉は意味を持つのです 箱庭の戯言は空想を描いて 物語となるでしょう どうか暫しのご閑談を * 色杷がツイッターで書き溜めた詩のような(約)140SSまとめです。 不定期かつ気まぐれに更新します。 これは言ノ葉遊びのらくがき帳。 自サイトでも更新してます。

    読了目安時間:24分

    この作品を読む

  • 夜更けのアリア

    呪われた子と呼ばれた少女は、光を歌う。

    133,600

    0


    2022年6月19日更新

    白い髪を持って生まれたことを理由に親族から迫害を受けていた少女・アリアは、彼女を案じた実の母親に孤児院に入れられ、そこで育てられた。幼少の頃から歌の才能に秀でていた彼女は、やがて歌の道を志すようになる。しかし、髪色を理由に迫害された記憶は、彼女の心に重たい影を落としていて……。 架空の都市で展開する、少女の成長物語。 現在月一程度で更新していますが、都合により遅れることがあります。長期の連載になりますが、お付き合いいただけたら幸いです。カクヨムにも掲載しております。

    読了目安時間:3時間34分

    この作品を読む