プロフィール

ノベルアッププラス、ノベリズム、AmazonKindleを主戦場としております。 まだ大した実績はありませんが、これからガンガン頑張ります🎵 ツイッターもやってますのでよろしければフォローお願いします‼️

ブックマーク

一覧

  • 泣き虫魔法少年アーサーと白猫ノーラの奇妙で憂鬱な冒険

    ひとりぼっちの少年の成長の物語です!

    238,700

    478


    2021年10月24日更新

    第二次世界大戦直前のイギリスを舞台に、相続問題に揺れる名門貴族ウォルズリー家を、遥か日本からひとりの日英ハーフの少年が次期当主候補として訪れた事から物語は始まる。 実は少年は現当主の孫で、偉大な魔法使いと呼ばれた初代当主の血を色濃く受け継ぐ魔力の持ち主であり、彼が訪れた本当の理由は闇の勢力から一族を守るため。 彼らを狙うのは魔女狩りで虐殺された一族の復讐のためにナチス・ドイツを操り世界を滅ぼそうと企む『黒い森の魔女』ニナと、その力を借り、次期当主の座を狙う大叔父ルーパス。 彼をサポートするのはかつて『はじまりの魔女』と呼ばれ、猫に姿を変え七百年以上生きている白猫ノーラ。 イギリス政府の諜報部MI6も加わって事態は大きく動いていく。泣き虫少年の大冒険がいま始まる。

    読了目安時間:7時間49分

    この作品を読む

  • 相反する白と黒

    平和を謳う政府に、たった二人で抗え。

    102,550

    1,680


    2021年10月23日更新

    日本という呼称がされなくなった時代、過去の過ちを繰り返すように政府の独裁体制が敷かれていた。 四咲 詩音《よつさき しおん》、十八歳。 反政府思想を掲げる一人の少女。五年前に政府に勤めていた両親が殺められ、それ以降、事件の真相を追い政府へのアンチテーゼを示し続ける。 ある日、詩音が一人の女性からの依頼遂行へと向かう最中、黒瀬 來奈《くろせ らな》と名乗る十八歳の少女に声を掛けられた。 彼女もまた政府に対する強い憎しみを抱いており、その目的は政府の息が掛かった者を皆殺しにすることだった。來奈には十三歳から十四歳に至るまでの記憶が無く、自身の中から抜け落ちた空白の一年に苦しんでいた。 政府に牙を剥く二人に立ち塞がるのは、政府直属掃討部隊レイスと呼ばれる武闘派集団。国の平和を謳う政府と反政府を掲げる二人。相反する思想を抱く双方が幾度と無く衝突する。 五年前の真相を知る為に政府と戦う詩音。 政府の連中を皆殺しにする為に戦う來奈。 たった二人で抗う彼女達は、先ず、政府が秘密裏に開発を進める違法麻薬『促進剤』についての情報を追う。皮肉にも、違法麻薬の真実が二人の過去へと繋がるとも知らずに。 大切だった存在は今、憎むべき存在へと変わる。 此れは──相反する白と黒。決して交じり合って灰色にはなれない物語。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:46分

    この作品を読む

  • ダークスレイヤーの帰還

    美女とロマン多めのファンタジー大河小説!

    1,068,250

    5,600


    2021年10月21日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、最終選考!】 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 【各章の紹介】 序章・主人公の目覚めと『眠り女』たち、そして魔の都。 第一章・工人の女アゼリアと、銃を使えるようになるまでの物語。 第二章・大国バルドスタの王女アーシェラが、古い困難を取り除くまでの物語。 第三章・ゴブリンの姫ゴシュの一族の敵討ちで、帰らずの地へ。【現在執筆中】 第四章・狼の魔女ファリスと魔女協会、そして黒い森の物語。 第五章・北のアンスリノラを出る、最後の眠り女カルラの物語。 以降順次発表・執筆していきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:31時間17分

    この作品を読む

  • とある師弟の帰り道

    ゆっくり、穏やかに流れる二人の間の時間

    51,700

    0


    2021年10月17日更新

    放課後。将棋部の活動が終わると、僕は学校の東門へと向かう。そこにいるのは一人の女性。真っ黒な長い黒髪。整った顔立ち。大人びた、穏やかな表情。高校の制服を着ていなければ、大学生か社会人であると勘違いされてしまうだろう。そんな彼女は僕の師匠。僕が中学校一年生の時からの付き合いだ。 高校からの帰り道。僕は、師匠と駅までの道のりを歩く。ゆっくり、穏やかに流れる二人の間の時間。二人は、どんな会話を交わし、どんな思いを抱えていくのか。そして、僕の知らなかった師匠の秘密とは。 日常系作品第二弾です。ほんわかした気持ちになっていただけるよう、精一杯努力していきます。 10話のイラストは、天野蒼空さん(@sora_senden_777)からいただきました。

    読了目安時間:3時間23分

    この作品を読む

  • (仮)この手で、あなたを安心させられますか?

    療養のため、しばらく更新ストップします。

    86,300

    15


    2021年10月14日更新

    まずは、こちらの作品は、縦読みしてもらえるとありがたいです。 次の書籍化のための練習です。 ここが読みにくいなど意見をくださると助かります ジャンルとしては、恋愛でハートフルストーリーです。 テーマは、救うこと、思うこと、過去です。 主人公である佐藤 祐希が、恋人の山瀬 華菜といつものようにデートをしてたときのことだ。 突然彼女が涙を流し、「こんな人生もう嫌だ」という言葉を口にする。 主人公は驚きながらも、その言葉に隠された彼女の思いを知って彼女を救いたいと思うが……

    読了目安時間:53分

    この作品を読む